人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

芳野藤丸は1952年函館生まれ。
1970年から現在まで40年以上に渡るスタジオワークは数知れず、
数々のアーティストサポートで活躍中の日本を代表するギターリストである。
そんな芳野藤丸の記念すべきデビューアルバムがこちら。
1975年に藤丸バンドとしてリリースした「BGM」である。

a0185081_14251109.jpg

Fujimaru Band - High way (1975)


Fujimaru Band - I Know It’s Gonna Last (1975)


Fujimaru Band - Can't we start it all over again (1975)


1979年3月~80年4月に放送された松田優作の『探偵物語』で
藤丸率いる「SHOGUN」の人気は爆発的なものになった。
Shogun - Bad City (1979)


探偵物語の最終回ラストシーンです。


1978年、芳野藤丸を中心に腕利きスタジオ・ミュージシャンで編成された SHOGUN
テレビドラマ『俺たちは天使だ!』『探偵物語』の音楽担当などを経て人気を博しながら
波乱万丈な歩みを続けてきたSHOGUNが満を持して放つライヴ。
ゲストに藤野美由紀を迎え「男達のメロディ」「BAD CITY」などの名曲を披露する。
こちらの映像は『SHOGUN LIVE! 』のダイジェストです。


by Bluenotejoy | 2019-04-15 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
花粉飛散は杉に檜が加わり一向に収まりを見せません(泣)
桜も終わってしまったのでまたインドア生活に戻ります。

町田 義人(1946年9月21日 - )はグループ・サウンズ出身の歌手である。
成城大学在学中の1968年に「ズー・ニー・ヴー」を結成しボーカルを務める。
R&B路線の強いバンドであったが「白いサンゴ礁」のヒットで注目を集める。

ズー・ニー・ブー - 白い珊瑚礁



そんな町田 義人がソロになって1981年12月に発表したのが 「Wisper Blue」 だ。
彼の好むリズム&ブルース色の濃いアルバムに仕上がっている。
今では使われなくなったが AOR(Adult-Oriented Rock)風の心地よさがある。

町田義人 - 枯葉の街


町田義人 - リオの二人



角川映画 「野性の証明」(1978) より主題歌と挿入歌をどうぞ。
町田義人 - 戦士の休息


町田義人 - 銀河を泳げ

by Bluenotejoy | 2019-04-13 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
ザ・サベージは1965年秋、当時大学生だった4人で結成されたグループサウンズである。
英国のインストバンド 「シャドウズ」 のヒット曲 「サベージ」 から名付けられた。
他のグループとは違う IVYルック に身を固めたカレッジ・フォーク調のイメージが新鮮であり、
1965年10月にはテレビ番組の『勝ち抜きエレキ合戦』に出場し4週連続のチャンピオンとなる。

その後も様々なアマチュアエレキ合戦等のチャンピオンとなり脚光を浴びると、
1966年7月に 「いつまでもいつまでも」 でレコード・デビューを果たした。
10月には 「この手のひらに愛を」 をリリースし大ヒットに繋げ、
名実共にグループサウンズのトップグループにまで昇り詰めていったが、
学業優先を理由に寺尾聰など二人が脱退、人気は続かず1969年には自然消滅した。

ザ・サベージ/いつまでも いつまでも (1966年)


ザ・サベージ/この手のひらに愛を (1966年)



こちらがバンド名の由来となったザ・ジャドゥズの原曲です。
The Shadows - The savage



宇野重吉の息子である寺尾聰(1947年5月18日)、当時は親の七光りなどとも言われたが、
その後の活躍はご存知の通りである。
1966年に石原裕次郎製作主演の 映画 『黒部の太陽』 で俳優デビュー。
これを機に裕次郎門下となり、石原軍団の若手有望株として主にテレビドラマに出演
青春ものなどで二枚目半的な役柄を演じることが多かった。

音楽で再ブレークを果たしたのは34歳になった頃、サベージのデビューから16年後であった。
1981年にヨコハマタイヤのCM曲だった 「SHADOW CITY」に続き 「ルビーの指環」が大ヒット。
「ルビーの指環」は第23回日本レコード大賞とFNS歌謡祭'81グランプリを受賞した。
さらに、TBSテレビ 『ザ・ベストテン』では 「ルビーの指環」 「シャドー・シティ」 「出航 SASURAI」が
3曲同時にベストテンにランクインされるなど、本格的な音楽活動を再開するきっかけとなった。

寺尾聰/シャドー・シティ (1981年)


寺尾聰/ルビーの指環 (1981年)


寺尾聰/出航 SASURAI (1981年)


寺尾聰/FM LIVE 08/09/1981
昔エアチェックした旧いカセットテープの音源だそうです。
1981年8月9日のオンエア、寺尾聰は当時34歳。


 (1)  I Call Your Name
 (2)  HABANA EXPRESS
 (3)  予期せぬ出来事
 (4)  北ウィング
 (5)  SHADOW CITY
 (6)  ダイアルM
 (7)  喜望峰
 (8)  二季物語
 (9)  ルビーの指環
(10)  渚のカンパリソーダ
(11)  出航‐SASURAI‐
(12)  Only You

こんな懐かしい映像もありました。
寺尾聰と47 Street Band - ニールセダカ メドレー


石原プロ脱退後の1980年代後半からは黒澤明作品の 『乱』、『夢』、『まあだだよ』 に続けて出演。
2001年には黒澤の遺稿を映画化した 『雨あがる』 で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。
日本アカデミー賞と日本レコード大賞の両方を獲得しているのは寺尾のみと言う。
2005年にも 『半落ち』 で2度目の日本アカデミー賞受賞を果たした。
最近では2017年のドラマ 『陸王』 で癖のある偏屈な役を演じて渋さを醸し出していた。

2005年には18年振りに歌手活動を再開し、アルバム 『Re-Cool Reflections』 をリリースした。
2007年12月31日の 『第58回NHK紅白歌合戦』 に出場、1981年から実に26年ぶりであった。
現在もステージに立ちベースをプレイしながらメロウな歌声を聴かせていると言う。

寺尾聰/Re - Cool Reflections
by Bluenotejoy | 2018-09-15 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
今夜はオーディオが冴え冴えと鳴っています。
こんな音がいつでも出たらもう何もいらない!(爆)
でもこれって・・・心当たりがあるのであーる。
台風の影響が残って只今の気圧は 998hPa。
このくらいの低気圧が自分の耳にはあっているのかも?

 ♪♪♪
 泣いてる君の顔が季節を変えてゆき
 冷たい潮風が熱い胸をぬけて
 思い出は涙にゆれる

1977年6月にリリースした3枚目のシングルです。



by Bluenotejoy | 2018-08-10 01:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
毎日暑いですね。
けだるい夜はこれでいきます。



佐藤 千亜妃(さとう ちあき、1988年9月20日 - )は、日本のミュージシャン、元女優。
きのこ帝国のボーカル、ギター、全ての楽曲を作詞作曲している。

2004年の第29回ホリプロタレントスカウトキャラバンで、応募4万2816人の中からグランプリを獲得。
フジテレビの深夜ドラマ『青空恋星』で女優デビュー。
2007年、大学の同級生と共にロックバンド・きのこ帝国を結成。
地道なライブ活動の末、2012年5月9日、UKプロジェクトより、きのこ帝国のメンバーとして、
1枚目のミニ・アルバム『渦になる』を発売。
2015年4月29日、『桜が咲く前に』でメジャーデビューした。

by Bluenotejoy | 2018-08-03 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
暑い! 暑すぎる! って、もうとんでもないですね。
連日連夜頑張っているエアコンたちを少しいたわってあげました。
室外機の冷却フィン周りを掃除し日除のヨシズを乗せて全身シャワーしました。
チョー気持ちイイ! って言ってくれたかな?

昔から歌のない歌謡曲って好きなんですよ (*^^)v
それが筒美京平だったらもう最高でしょう。

a0185081_12595287.jpg

筒美 京平(1940年5月28日 - )は、日本ポップス史に燦然と輝く大ヒット作曲家・編曲家である。
1967年の初ヒット「バラ色の雲」から50年以上、常に日本のポップス・シーンを担ってきた。

1960年代後半のグループ・サウンズ、その後は歌謡曲、アイドル歌謡曲、J-POP
サザエさんなどに代表されるアニメの主題歌など、多数のヒット曲を世に送り出している。
1968年12月の いしだあゆみ 「ブルー・ライト・ヨコハマ」 が自身初のオリコン週間1位を獲得。
1971年の尾崎紀世彦 「また逢う日まで」、1979年のジュディ・オング 「魅せられて」
で日本レコード大賞を受賞している。

自身の代表作の他、お気に入りの作品も自在にアレンジしています。
メロディラインをチェンバロに歌わせるとなかなか涼やかですね。

Kyohei Tsutsum and His Orchestra





















by Bluenotejoy | 2018-07-19 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)


気分転換で田んぼにやってきました。
a0185081_01300454.jpg

吹き渡る風は心地良しも日差しはもう真夏です。
a0185081_01294300.jpg

首の後ろがヒリヒリに焼けてしまいましたとさ。
色々と鳴き声は賑やかですがなかなか撮らせてもらえません。
a0185081_09024939.jpg
a0185081_09030141.jpg
a0185081_09031576.jpg
a0185081_09032779.jpg
a0185081_09565994.jpg

a0185081_09034357.jpg
a0185081_09035550.jpg
a0185081_09040714.jpg
a0185081_10022577.jpg
a0185081_09042045.jpg

ロケット風のこのタワーは テレビ埼玉も間借りしている NHKさいまたFM です。
今では死語となった FMエアチェック、東京タワーより感度が良くなって感激したものです。
a0185081_09043324.jpg
a0185081_09044582.jpg

ヒ工エエェェ もう47年も経ってるの Σr('Д'n)
今じゃあ アンテナいらずの らじる☆らじる で全国の放送が聴けますもんね。
a0185081_09045668.jpg

by Bluenotejoy | 2018-05-15 17:00 | 野鳥のいる情景 | Trackback | Comments(0)
a0185081_09552744.jpg
a0185081_09554136.jpg
a0185081_09555473.jpg
a0185081_09560707.jpg

うす紅の秋桜が秋の日の
 何気ない陽溜りに揺れている



作詞・作曲 さだまさし


by Bluenotejoy | 2017-11-14 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)