ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

タグ:音楽 ( 137 ) タグの人気記事

原曲はロシアの作曲家、Ilya Alekseevich Shatrov が1906年に書いた円舞曲 (ワルツ)です。
シャトロフは日露戦争に軍楽隊員として従軍しており、戦死した友を偲んで作った曲とされ、
ロシアでは現在も吹奏楽団や民族楽器オーケストラの重要な演目となっている。
日本では 笹谷栄一郎 が日本語詞を書き 「満州の丘に立ちて」 などのタイトルでロシア民謡として、
当時の うたごえ喫茶 などで親しまれていたと言います。

ヒットの兆しは、1963年にフィンランドのバンド 「The Sounds」 がロックアレンジで発売した事です。
タイトルは 「Mandschurian Beat」、本国フィンランドではB面収録でしたが、
日本では邦題を 「さすらいのギター」 としてシングルA面でリリースしました。

ザ・サウンズ - Mandschurian Beat


早速歌入でも発売されましたが大きな話題にはならなかぅた様です。
梶原マチ子 - さすらいのギター 1963


時は流れて1971年、べンチャーズが取り上げると折からのバンドブームに乗って大ヒット!
当時の世相と相まってその哀愁を帯びたメロディが人々の心に響いた様でした。
オリコン総合では通算20週トップ20入りとなりました。

ベンチャーズ - さすらいのギター 1971


すかさず当時の人気アイドル 小山ルミ に 千家 和也 の日本語歌詞でカバーさせています。
こちらもオリコンで9週連続トップ20入りして最高11位を記録しています。

小山 ルミ - さすらいのギター 1971



それでは他のアーティストのカバーもどうぞ。

寺内タケシ - さすらいのギター 1971


欧陽菲菲 - さすらいのギター 1971


フラワー・メグ - さすらいのギター 1971


ザ・ピーナッツ - さすらいのギター 1972


守屋浩が監修した青春歌謡のカヴァーアルバム「Dance Dance Dance」から
日下優 - さすらいのギター 2008

by Bluenotejoy | 2018-08-15 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
あなたもポール・モーリアのアルバム・プロデュースに参加してみませんか?
1979年の来日時に行われたファン企画です。
集まったリクエストから全10曲が選ばれて録音されました。
a0185081_16094937.jpg

へえーこんな曲が・・・アレンジも時代を写しますね。
ジャケット・デザインは森英恵です。

 松山千春 (季節の中で)
 円広志 (夢想花)
 井上陽水 (心もよう)
 アリス (夢去りし街角)
 バンバン (いちご白書をもう一度 )
 ゴダイゴ (ビューティフルネーム)
 ゴダイゴ (モンキーマジック)
 渡辺貞夫 (カリフォルニアシャワー)
 五輪真弓 (夜汽車)
 人間の証明のテーマ



by Bluenotejoy | 2018-08-13 02:00 | 音楽
今夜はオーディオが冴え冴えと鳴っています。
こんな音がいつでも出たらもう何もいらない!(爆)
でもこれって・・・心当たりがあるのであーる。
台風の影響が残って只今の気圧は 998hPa。
このくらいの低気圧が自分の耳にはあっているのかも?

 ♪♪♪
 泣いてる君の顔が季節を変えてゆき
 冷たい潮風が熱い胸をぬけて
 思い出は涙にゆれる

1977年6月にリリースした3枚目のシングルです。



by Bluenotejoy | 2018-08-10 01:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
a0185081_11321824.png

彼の音楽はアレンジの素晴らしさに加えて録音の良さもその大きな特徴です。
ミキシングってこんな感じでやってたんですね。
音へのこだわりから決してミキサーまかせにはしないポールです。




出来上がりがこちら。
Paul Mauriat - I won't Last a Day without You (愛は夢の中に)



1968年の「恋はみずいろ」の大ヒット以降もヒット・ポップスや映画音楽を中心にレコーディングを
続けていましたが、その後ブラジル音楽に傾倒した時期がありました。
これが実に素晴らしくアイデアあふれるアレンジに加えて録音の良さも文句なし!
それぞれブラジルをテーマにした4枚のアルバムです。

Paul Mauriat - Brasil Exclusivamente (Brazil 1977)


Paul Mauriat - Brasilia Carnaval (Japan 1977)


Paul Mauriat - Brasil Exclusivamente Vol.2 (Brazil 1978)


Paul Mauriat - Brasil Exclusivamente Vol.3 (Brazil 1980)


by Bluenotejoy | 2018-08-06 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
1964年にリリースされたビートルズ 8枚目のシングル。
実質的にはジョンの作品でリードボーカルもジョンです。



なんと言ってもイントロのフィードバック(ハウリング)が印象的ですね。
リハーサルの時にアンプに立てかけてあったジョンの「ギブソン・J-160E」が偶然ハウリング
ポールが弾くベースの「ヘフナー・500-1」に共鳴したんですね。
実際の録音では、ジョンのギターを5弦開放した状態でポールがベースを3弦開放でピッキング、
ジョンがそのままヴォックス・アンプに近づく、という方法でこの音を出しているそうです。

そしてジョンが弾く印象的なフレーズが全編にわたって曲をリードしていきますが、
これはコードを押さえたまま小指を動かして複弦を弾いています。
歌に入ると、ジョージが似たようなフレーズを単弦で続けていきます。
これらにからむリンゴの小気味いいドラミングも光ります。




Baby's good to me you know
 彼女は僕にぴったり
She's happy as can be you know
 僕は彼女にぴったり
She said so
 彼女がそう言っていた

I'm in love with her and I feel fine
 僕は彼女に恋をしていて、もうそれだけで嬉しいな
Baby says she's mine you know
 あたしはあなたのものよ
She tells me all the time you know
 いつでもどんなときでもあなたのものよ
She said so
 彼女がそう言ったんだ

I'm in love with her and I feel fine
 僕は彼女に恋をしていて、もうそれだけで嬉しいな
I'm so glad that she's my little girl
 彼女がそばにいてくれて、すごく嬉しいな
She's so glad, she's telling all the world
 彼女もすごく幸せだって、みんなにそう言いふらしてるみたい

That her baby buys her things you know
 彼ったら何でも買ってくれるの
He buys her diamond rings you know
 彼ったらダイヤの指輪をプレゼントしてくれたの
She said so
 彼女はそう言ってたんだって
She's in love with me and I feel fine
 でも彼女は僕に恋をしている。それだけで僕は嬉しいんだよ

by Bluenotejoy | 2018-08-05 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
火星は15年~17年の周期で地球に大接近するんですね。
南東の空にオレンジ色に輝く姿は肉眼でも十分楽しめます。
でも昔から火星が地球に近づくと戦争が起こると云われてきたんですよ。

グスターヴ・ホルスト Gustav Holst (1874年9月21日 - 1934年5月25日)
イギリスの作曲家であり最も知られた作品は管弦楽のための組曲 「惑星」 である。
占星術から着想を得た壮大なテーマを火星から海王星まで7つの楽章で構成した。

初演は1920年10月で当初はあまり評判にはならなかった様である。
しかし1961年頃にカラヤンがウィーン・フィルの演奏会で取り上げた事で一躍有名になった。

カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
火星 - 戦争をもたらすもの



不気味な序奏から勇ましい軍隊の行進へ。
人々は何かにとり憑かれたような形相で、一心不乱に歩調を合わせます。
そしていつ殺されるかわからない恐怖との闘いや張り詰めた緊張感が込められていきます。
しかし結末はあっけなくやって来ます。

そして木星は快楽をもたらすものなんですね。



by Bluenotejoy | 2018-08-04 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
毎日暑いですね。
けだるい夜はこれでいきます。



佐藤 千亜妃(さとう ちあき、1988年9月20日 - )は、日本のミュージシャン、元女優。
きのこ帝国のボーカル、ギター、全ての楽曲を作詞作曲している。

2004年の第29回ホリプロタレントスカウトキャラバンで、応募4万2816人の中からグランプリを獲得。
フジテレビの深夜ドラマ『青空恋星』で女優デビュー。
2007年、大学の同級生と共にロックバンド・きのこ帝国を結成。
地道なライブ活動の末、2012年5月9日、UKプロジェクトより、きのこ帝国のメンバーとして、
1枚目のミニ・アルバム『渦になる』を発売。
2015年4月29日、『桜が咲く前に』でメジャーデビューした。

by Bluenotejoy | 2018-08-03 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
フランス マルセイユ生まれのポール・モーリア
(1925年3月4日 - 2006年11月3日 行年81歳)
日本では 「ラブ・サウンドの王様」 と呼ばれイージーリスニング界の第一人者として
まさに一時代を築いた音楽家でした。
a0185081_14375479.jpg

色あせた曲も彼の手にかかるとまるで魔法にかかったかの様に蘇ります。
秀逸なアレンジに加え録音の素晴らしさも特筆モノです。
並みいるオーディオ・ファンの誰をも唸らせる高録音が多々あります。
左右に振り分けた楽器配置とスパイス的なブラスの鳴らし方が実にうまいですね。
音を視覚化したミキシング技法は常に新鮮な響きを生み出しています。

特にフランス盤に好録音が多いんですよ。
普段はあまり聴き慣れないポールモーリアをどうぞ。

若き36歳のポールが描くゴージャスで楽しいパリの夜です。
以前在籍していたフランク・プゥルセル楽団の影響を強く感じます。

Paul Mauriat - Paris by Night (France 1961)



ポールが愛してやまないそんな特別なパリです。
まだ自分なりのサウンドを模索中ですすね。

Paul Mauriat - Prestige de Paris (France 1966)



人生は雨と涙の物語! ってそれ演歌じゃん。
だいぶオリジナリティの感じられるサウンドです。

Paul Mauriat - Rain and Tears (France 1968)



永遠にいつまでも・・・ポール・モーリア 48歳
演奏・録音ともに文句なし!
切れ味の良いブラスの合いの手サウンドが確立されました。
チェンバロの効果にもご注目下さい。

Paul Mauriat - Forever and ever (France 1973)



手品やマジックで使われれることが多いこの曲もどうぞ。

Paul Mauriat - Le Premier Pas (France 1974)



2006年10月フランス南部ペルピニャンの別荘にて体調不良を訴え急性白血病であることが判明。
同年11月3日、急性白血病による心不全のためペルピニャンの病院で逝去 行年81歳。
故人の遺志により死とともにオーケストラは消滅した。



ポール・モーリア フォーエヴァー ・・・to be continue
a0185081_14390765.jpg


そんなポール・モーリア・サウンドを夢心地で聴かせてくれるのがこちら。
そのプレミアムサウンドが熱帯夜を真夏の夜の夢に変えてくれます。
a0185081_14104541.jpg

audio-technica ATH-A900Ti (限定生産1,000台)
53mmの大口径ドライバーを純チタンハウジングにマウント。
高純度7N-OFCボビン巻きボイスコイルが華やかで繊細な高域を実現。
空気バネを有効に使ったオリジナル構造が伸びやかで腰のある低音をもたらします。

一昔前の製品ですがまだ手元に残っている古株です。
整理対象にならなかったのは現行品では得られない魅力があるからなんです。
ターゲットが絞られたオーディオ業界、今作ったら多分2倍の値付になるでしょうね。
ただ最近の若い日本人エンジニアが創る音はどうにも好みにあいません(爆)

チタン素材の持つ特有な響きと余韻が他にはない独特な雰囲気を醸し出します。
ワイドに広がる音場と耳に近い適度な解像感、かなり下まで沈み込む押し出しの良い低域。
ジャンルを選ばず何でもノビノビと鳴らしてくれる聴いていて楽しい音です。

a0185081_14101704.jpg
a0185081_14102825.jpg

by Bluenotejoy | 2018-08-01 00:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
暑い! 暑すぎる! って、もうとんでもないですね。
連日連夜頑張っているエアコンたちを少しいたわってあげました。
室外機の冷却フィン周りを掃除し日除のヨシズを乗せて全身シャワーしました。
チョー気持ちイイ! って言ってくれたかな?

昔から歌のない歌謡曲って好きなんですよ (*^^)v
それが筒美京平だったらもう最高でしょう。

a0185081_12595287.jpg

筒美 京平(1940年5月28日 - )は、日本ポップス史に燦然と輝く大ヒット作曲家・編曲家である。
1967年の初ヒット「バラ色の雲」から50年以上、常に日本のポップス・シーンを担ってきた。

1960年代後半のグループ・サウンズ、その後は歌謡曲、アイドル歌謡曲、J-POP
サザエさんなどに代表されるアニメの主題歌など、多数のヒット曲を世に送り出している。
1968年12月の いしだあゆみ 「ブルー・ライト・ヨコハマ」 が自身初のオリコン週間1位を獲得。
1971年の尾崎紀世彦 「また逢う日まで」、1979年のジュディ・オング 「魅せられて」
で日本レコード大賞を受賞している。

自身の代表作の他、お気に入りの作品も自在にアレンジしています。
メロディラインをチェンバロに歌わせるとなかなか涼やかですね。

Kyohei Tsutsum and His Orchestra





















by Bluenotejoy | 2018-07-19 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
1968年の 『ザ・ビートルズ』 (通称ホワイト・アルバム) に収録されたジョージの作品(作詞作曲)です。
前にも紹介しましたけど、今度はビートルズの公式チャンネル Vevo に載りました。
オリジナルとはまた別の味わいがあり、ファンタスティックな映像も素敵ですよ。

The Beatles - While My Guitar Gently Weeps


愛はもう二度と目覚めない きみをみてようやく気づいたよ
ぼくのギターがすすり泣くあいだにすべてが終わっていたんだ

床はひどく汚れていて掃除しなくちゃいけない
そんなことはわかっているよ
でもギターはまだすすり泣いているんだ

きみはただその愛を打ち明ければよかったのに
だれもそれを教えてやれなかった
ぼくにはわからない きみを辱めた連中は
いったいどうやってきみを支配したんだろう

世界は無意味に回り続けているってようやく気ずいたよ
ぼくのギターがすすり泣くあいだにすべてが終わっていたんだ

どんな過ちにも何か意味を見いだせるはずだった
でもギターはまだすすり泣いているんだ

きみはどうして道を踏み外したんだろう ぼくにはわからない
どうして淫らな女に成り下がってしまったのか
何があったっていうんだい こんなに変わり果ててしまうなんて
きみを戒める者は誰一人いなかった

愛はもう二度と目覚めない きみをみてようやく気づいたよ
ぼくのギターがすすり泣くあいだに・・・
そしていまもずっと泣きづづけているんだ

ジョージをトリビュートする映像が泣かせます。
George Harrison - While My Guitar Gently Weeps (live recording)


by Bluenotejoy | 2018-07-17 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)