人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

コスモスには様々な生物を引き寄せる魔力がありますね。
そんな力には人間だって吸い寄せられてしまいます。
a0185081_11361044.jpg
a0185081_11363049.jpg
a0185081_11365592.jpg

a0185081_11372885.jpg
a0185081_11374358.jpg
a0185081_11375642.jpg

a0185081_11381907.jpg
a0185081_11383304.jpg
a0185081_11384766.jpg

a0185081_11390547.jpg
a0185081_11392120.jpg
a0185081_11393547.jpg

a0185081_11395442.jpg
a0185081_11400888.jpg
a0185081_11402225.jpg

a0185081_11404138.jpg
a0185081_11405911.jpg
a0185081_11411457.jpg

a0185081_11413576.jpg
a0185081_11415015.jpg
a0185081_11420649.jpg

a0185081_11422792.jpg
a0185081_11424345.jpg
a0185081_11430372.jpg

by Bluenotejoy | 2018-11-02 17:00 | Trackback | Comments(0)
大好きな クマバチ(熊蜂)です。
そのコロコロした体のかわいい事!
親しみを込めて 「熊ん蜂」ですね。
a0185081_11125754.jpg

性格はいたって穏やか、近くでジックリ観察できますよ。
熊娘の場合は、顔に毛がないので額が広く複眼は縦長に感じます。
熊男の特徴は、顔のまんなかに 黄白色の毛が三角形に生えているそうです。
何故か蜜を吸っているのは♀ばかり、まだ♂の顔を見た事がありません。
a0185081_11134231.jpg
a0185081_11140275.jpg
a0185081_11141533.jpg
a0185081_11142906.jpg

クマバチは集団行動をしない一匹蜂です。
蜜を蓄えることもできずその場で食べています。
でも体が大きいので小さい花では中の蜜が吸えません。
そこで花の根元に穴を開ける 「盗蜜行動」を行う事もあるそうです。
なお、♀のお尻には針がありますので手で持つ時は注意して下さい(爆)
a0185081_11154083.jpg
a0185081_11155546.jpg
a0185081_11160997.jpg
a0185081_11162269.jpg
a0185081_11163529.jpg

クマバチのオスとメスの見分け方は NHK for Scool をご覧ください。

by Bluenotejoy | 2018-10-17 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
ちょっぴり涼しくなったので彩湖へ行って見ました。
このくらいが普通の夏って感じですが、久しぶりなのでクラクラしました。
脱水症状でしょうか 一時的ながら1.2Kgのダイエットです(爆)
a0185081_16034908.jpg

鳥は何もいないので花壇で昆虫アラカルトです。
a0185081_16052877.jpg
a0185081_17020266.jpg
a0185081_17021634.jpg
a0185081_17022997.jpg
a0185081_17024450.jpg

a0185081_17031450.jpg
a0185081_17033215.jpg
a0185081_17034597.jpg
a0185081_17040111.jpg

a0185081_17043085.jpg
a0185081_17044989.jpg
a0185081_17050286.jpg
a0185081_17051568.jpg

a0185081_17053786.jpg
a0185081_17055086.jpg
a0185081_17060453.jpg
a0185081_17061708.jpg

by Bluenotejoy | 2018-08-19 17:30 | | Trackback | Comments(0)
黒色で腹部に太いオレンジ色の帯があるベッコウバチの仲間。
こちらは オオモンクロベッコウバチ(大紋黒鼈甲蜂)です。
羽根の紋様が亀の甲羅のような菱紋が見られる所からベッコウバチです。
a0185081_10330153.jpg

体長20mmほどの大型狩り蜂で、クモに毒針を刺して引っ張って巣まで運びます。
クモは神経中枢を刺されて麻酔をかけられた状態に保たれます。
そしてクモに産卵、孵化した幼虫の生きエサとするのです。
a0185081_10335302.jpg
a0185081_10340923.jpg
a0185081_10375679.jpg

餌食になっているのは イオウイロハシリグモ(硫黄色走蜘蛛)です。
糸巣を張らない徘徊性の大型蜘蛛で、花や葉の上で待ち伏せて蝶や虻などを捕食しています。
a0185081_10382048.jpg
a0185081_10383222.jpg
a0185081_10384664.jpg

いやいやまさに昆虫界の弱肉強食の世界が垣間見えますね。
クモの足は10本に見えますが短い前2本は触覚なので、足はやっぱ 蛸の八ちゃん です(爆)
a0185081_10385909.jpg
a0185081_10391188.jpg
a0185081_10392928.jpg

by Bluenotejoy | 2018-06-21 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
  台風21号の被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。
当地は久しぶりの直撃コースでしたが何とか無事やり過ごす事が出来ました。
自室の気圧計によると最低時には 970hpa 近くまで下がったものの、
明けてみると風による庭木の被害も少なく金木犀の花を散らした程度ですみました。
中心付近の通過だったのがかえって幸いしたのかも知れません。

こちらは大きく見えるクマバチ(熊蜂)です。
発音のしやすさと親しみを込めて 『クマンバチ』 ですね。
丸っこくて もふもふな 太め体型なので大きく見えますけど
体長は2cm程度なんでそんなに大きい訳ではありません。
a0185081_10480596.jpg

群れを作らず単独生活している「一匹蜂」です。
意外かもしれませんがミツバチなんですよ。
藤やアカシヤなどマメ科の花が大好きで花粉や花蜜を食べているんです。
a0185081_10483005.jpg

ずんぐりむっくり、モコモコ、コロコロでかわいいです。
こちらは♀ですが雌雄の見分けは、♂は複眼下の鼻まわりに白い三角形があります。
a0185081_10485550.jpg

針があるのは♀だけです。
温厚な性格なので自ら襲ってくる事はありませんが、
針が太いので万一刺されるとかなり痛そうです。
繁殖期や巣作りしている♀は要注意ですね。
♂には針はありませんから安心ですよ。
a0185081_10500378.jpg


by Bluenotejoy | 2017-10-23 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
またセイボウ待ちで正体不明の子です。
セイボウ同様かなり小さな蜂なんですが、
特徴ある紋所にもかかわらずヒットしません。
a0185081_21440500.jpg
a0185081_21442049.jpg
a0185081_21443413.jpg
a0185081_21444884.jpg
a0185081_21450369.jpg

ツチバチ(土蜂)にしては産毛がないし・・・
アシナガバチ(脚長蜂)の仲間でしょうか?
背黒脚長蜂や二紋脚長蜂に似てはいるのですが・・・
a0185081_21451709.jpg
a0185081_21452952.jpg
a0185081_21454461.jpg
a0185081_21460173.jpg
a0185081_21461527.jpg

セイボウが来ないので激写!しちゃいました。
かなりカッコイイでしょう?
うんうん ハチ好きだからね (^o^)
a0185081_21463075.jpg
a0185081_21464532.jpg
a0185081_21465852.jpg
a0185081_21471267.jpg
a0185081_21472756.jpg


by Bluenotejoy | 2017-07-14 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
それにしても昨日今日の暑さは トンデモナイトですね。
不要不急の外出は控え命を守る行動をして下さい!
当分チャリオにはお休みしてもらいます (;^ω^)

さてこちらは先日までお世話になっていたヤブジラミ(藪虱)です。
セリ科の越年草で、名前に似合わず可憐な花を咲かせます。
a0185081_10534761.jpg
a0185081_10540553.jpg
a0185081_10541802.jpg

名前の由来は、鉤状のトゲが服につく様を「シラミ」に例えたもの。
今だったらそんな名前は付かなかったかも。
学名は「Torilis japonica」トライリス・ ジャポニカ
フィンランドではこれらの仲間を 「パパのニット」 と云う様ですよ。
a0185081_10550612.jpg

こちらは キバネオオベッコウ(黄翅大鼈甲)です。
やや大型で体長は15-27ミリ、りっぱな触覚が目を引きます。
頭と脚と触覚は黄褐色で胸部と腹部は黒色です。
艶のある翅は全体に茶褐色で縁が黒くなっています。
a0185081_10555541.jpg
a0185081_10560942.jpg
a0185081_10562530.jpg

クモ類を狩って産卵し幼虫のエサにしますが、
自分で巣は作らず石垣の隙間などを利用するそうです。
a0185081_10563866.jpg
a0185081_10565187.jpg

平成29年7月九州北部大雨災害緊急支援募金
皆様の温かいご支援をお願いします。

by Bluenotejoy | 2017-07-09 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
セイボウ待ちで時々やって来る子です。
ツチバチの仲間でしょうか?
カワイイ顔だなって。
ハハ 結構ハチ好きだね (^o^)
a0185081_10311978.jpg
a0185081_10313360.jpg
a0185081_10314613.jpg
a0185081_10315962.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-14 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
こんなカワイイ子も
a0185081_1205743.jpg
a0185081_121861.jpg
a0185081_1211974.jpg

こんなコワイ子も
a0185081_1214093.jpg
a0185081_1281159.jpg

人生いろいろ 蜂もいろいろ
a0185081_1215135.jpg
a0185081_122148.jpg
a0185081_1221170.jpg
a0185081_1214153.jpg
a0185081_12171632.jpg
a0185081_12321278.jpg
a0185081_12322356.jpg

by Bluenotejoy | 2016-11-11 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
穴蜂の仲間のクロアナバチ(黒穴蜂)です。
体長25~30mmで体は黒く光沢があります。
翅は半透明の暗褐色で頭部には白い毛があります。
a0185081_16481539.jpg

穴蜂は地中に坑道を掘って泥で作った巣を作る事からそう呼ばれます。
日当たりと水はけのよい砂地の地面に営巣することが多い様です。
a0185081_16485548.jpg
a0185081_1649477.jpg
a0185081_16491674.jpg

キリギリス科の昆虫に毒針で麻酔をかけて捕獲
巣に引き込んでこれに産卵
孵化後は獲物が幼虫の食料となるという珍しい生態を持っています。
a0185081_16493969.jpg
a0185081_16495455.jpg

穴は3本掘りますが中央の穴だけが本物の巣の入口。
両側の2本はダミーなんです。
出掛ける時には本物の穴だけは閉ざしていく習性があるそうですよ。
a0185081_16501478.jpg
a0185081_16502718.jpg

by Bluenotejoy | 2016-09-27 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)