人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

アマガエルには若草色が一番似合うと思いますが、
環境などに適応して色を変える事が出来るんですね。
緑色から茶色まで濃淡や模様を自在に変化させます。
a0185081_00053436.jpg

でも白っぽくなるのはストレスが加わった時らしいです。
精神的に不安定になると体色を維持できなくなるんですね。
うんうん
君も僕と同じでとってもデリケートなんだね (;^ω^)
a0185081_00062067.jpg
a0185081_00064594.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-07 17:00 | 爬虫類・両生類 | Trackback | Comments(0)
a0185081_2135045.jpg

木のうろに入っているのは ニホンアマガエル(日本雨蛙)です。
自分の意思でまわりの色に合わせる事が出来るそうですよ。
さすがー!
カエルだけに色をカエルってか(爆)
茶色になると雲形模様がくっきり!
緑の時とは別の種類かと思ってしまいます。
a0185081_214486.jpg
a0185081_2141541.jpg
a0185081_2143537.jpg
a0185081_2144659.jpg

恥ずかしがって引っ込んじゃいました。
a0185081_2145674.jpg

by Bluenotejoy | 2016-10-29 17:00 | 爬虫類・両生類 | Trackback | Comments(0)
どこか かわゆげな絵柄なんですけどね。
微妙な距離感がドラマを感じさせます。
a0185081_1010458.jpg
a0185081_10104688.jpg

ねえねえ!
この後どうなったの?
接写しようと近づいたら・・・
バッタがぴょーん
カエルもぴょーん


ヌーヴェルヴァーグの香り漂うフランス映画 「危険な関係」
1959年のロジェ・ヴァディム監督作品です。
ジャンヌ・モローのクールな悪女ぶりに魅了されます。
a0185081_22434848.png

メインテーマの 「危険な関係のブルース (No Problem)」
山本剛トリオの小粋なアレンジでどうぞ。


by Bluenotejoy | 2016-09-17 17:00 | 爬虫類・両生類 | Trackback | Comments(0)
秋ヶ瀬帰りの田んぼです。
あ~ のどかですね~。
a0185081_13112057.jpg

一面の緑に白い花が色を添えていますよ。
a0185081_13114954.jpg
a0185081_13115877.jpg

水田や沼地に生えて夏に白い3弁花を咲かせるという
そう水生植物の オモダカ(面高)ですね。
平安時代に渡来した中国原産種だそうですよ。
a0185081_1313397.jpg
a0185081_13131359.jpg

葉っぱが幅広で2片の先端はとがっています。
葉脈が高く隆起しているところから「面高」とか。
a0185081_13132333.jpg

なかなか清々しくさわやかな気分になりましたよ。
そう そりゃあよかったケロ
a0185081_13134759.jpg
a0185081_13135670.jpg

by Bluenotejoy | 2016-07-24 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
a0185081_12401261.jpg

こちらツリーフロッグの仲間 ニホンアマガエル(日本雨蛙)です。
7月の初めごろ池や田んぼで巣立ち、その後は木や草などの上で暮らします。
食性は肉食で主に小さな昆虫 クモやコオロギ、ショウジュバエ等を捕食します。
動いているものを捕えるので死んだものや動かないものは食べません。
a0185081_12402353.jpg

前足に四本後ろ足に五本の指があり指先に丸い吸盤があります。
垂直にも登れるので家の窓ガラスなどにもやってきますね。
a0185081_12403226.jpg
a0185081_12404256.jpg
a0185081_12405237.jpg

普段は緑色ですが周囲の環境にあわせて体色を変えます。
皮膚には有毒な粘液があるそうなので良い子は良く手を洗いましょう(爆)
a0185081_1241141.jpg

繁殖期を迎えると♂の大合唱が聞かれますが、
その名の通り雨が降りそうになると普通に鳴く事があるそうですよ。

kiokuimaさんの動画から

by Bluenotejoy | 2016-07-13 17:00 | 爬虫類・両生類 | Trackback | Comments(0)