人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

タグ:秋ヶ瀬公園シリーズ ( 267 ) タグの人気記事

何て読むの?
はい 金蛇とも書きますよ。
有鱗目カナヘビ科のトカゲの仲間で日本の固有種なんです。
a0185081_20293419.jpg

体長20センチくらいで、尾がその3分の2を占めます。
背中は暗灰褐色で、胴から尾にかけて黒い二筋の帯があり、腹は白または淡黄色。
動きは素早く、草むらに住み蜘蛛などの昆虫を餌にしています。

a0185081_20300685.jpg

この子がまたカワイイんですよ。
その澄んだ眼差しでハイポーズ!
子供の頃はよく捕まえて頭や背中をナデナデ(爆)
ウロコのザラっとした手触りが心地いいんですよ。
a0185081_20304730.jpg
a0185081_20310387.jpg
a0185081_20311745.jpg
a0185081_20313130.jpg

by Bluenotejoy | 2019-06-18 17:00 | 爬虫類・両生類 | Trackback | Comments(0)
by Bluenotejoy | 2019-06-17 17:00 | 野鳥のいる情景 | Trackback | Comments(0)
こちらは成虫になると蛾になる クワコ(桑子)の幼虫です。
絹糸を取るための カイコ(蚕)はこの クワコを家畜化したものらしいです。
そのとまり姿がなかなかユーモラスなんですよ。
小枝に擬態しているつもりなんでしょうね。
a0185081_13145190.jpg
a0185081_13152181.jpg

こちらは2匹の合わせ技です(爆)
a0185081_13150799.jpg

頭を前に突き出すポーズをとっています。
でも明らかに小枝より太いのですぐに見つかっちゃいます。
葉っぱを食べつくしてしまうと目立ち過ぎですよね。
a0185081_13153897.jpg
a0185081_13155395.jpg
a0185081_13160875.jpg
a0185081_13162220.jpg

成虫になるとこんな姿になるそうです。
a0185081_12352140.jpg
出展元の 昆虫エクスプローラ をご覧下さい。

by Bluenotejoy | 2019-06-15 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
a0185081_10081809.jpg

とても不作です。
6/1の初確認はほぼ例年通リ、でもその後がいけません。
いつもなら梅雨入前には満足してしまうところですが、
今年はまだ眼を皿の様にして探しています(爆)
それでは数少ない成果をご覧ください。
a0185081_10083303.jpg
a0185081_10084866.jpg
a0185081_10090774.jpg
a0185081_10092169.jpg
a0185081_10093766.jpg
a0185081_10095373.jpg
a0185081_10100764.jpg
a0185081_10102189.jpg




by Bluenotejoy | 2019-06-12 17:00 | | Trackback | Comments(0)
a0185081_14002619.jpg
森の中で ノイバラ にくっついている白い泡を見たことはありませんか。
小さい頃はてっきりホタルが生まれるものと信じていました(爆)
a0185081_14005593.jpg
a0185081_14011060.jpg

実はこの泡の中にはこんな虫がいるんです。
上半身が黒く下半身は赤くてブヨブヨしています。
シロオビアワフキ(白帯泡吹)の幼虫なんです。
幼虫は木や草の汁を吸って、ねばっこいおしっこをします。
そこに息を吹きかけて泡を作り、泡にもぐって身を守っているのです。
大きな泡だと幼虫同士かたまっている事もありますよ。
a0185081_13470496.jpg

そして成虫になったのがこれ。
セミよりずっと小さいですが、形はセミに似ていいます。
翅の一部に白い帯がるので シロオビアワフキです。
泡吹虫は、ツノゼミ、ヨコバイ、ウンカ、ハゴロモなどの仲間なんですね。
a0185081_13491580.jpg
a0185081_13493684.jpg

こちらが泡吹虫のお仲間 ハゴロモ の記事です。

by Bluenotejoy | 2019-06-07 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
こちらは ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)です。
黒色地に白色の斑紋が散りばめられたタテハチョウで 「複眼は橙色」 で口吻は黄色。
前翅長35-45mmで翅はわずかに丸みを帯びた三角形で目立つ突起は無い。
a0185081_11053115.jpg
a0185081_11054642.jpg
a0185081_11055953.jpg
a0185081_11063253.jpg

関東地方の一部では、外来種の アカボシゴマダラ との競合が懸念されていますが、
今シーズンの秋ヶ瀬周辺ではかなりの数の飛翔が見られその払拭を期待させます。
a0185081_11064620.jpg
a0185081_11065964.jpg
a0185081_11071334.jpg
a0185081_11072782.jpg

こちらは赤星のない 春型のアカボシゴマダラ(赤星胡麻斑蝶)です。
前翅長40~53mmになる大型のタテハチョウで黒地に白の斑紋があり白黒の縞模様に見える。
夏型は後翅後部に赤い斑紋を持つが、春型は赤い斑紋を持たずに全体が白っぽい。
放蝶ゲリラによる人為的な放蝶と考えられており「要注意外来生物」に指定されています。
両者の区別は「眼の色」を見ると判り易いです。
a0185081_11100019.jpg
a0185081_11101514.jpg

こちら6/1ですが早くも夏型が出ました。
春型と夏型が混在して盛んに飛んでいます。
すでにゴマダラチョウは見かけなくなりました。
やっぱ赤星くん強し!
a0185081_22142846.jpg

by Bluenotejoy | 2019-06-05 17:00 | | Trackback | Comments(0)
ホトトギス(杜鵑)の続編です。
水辺でトンボを撮っているとすぐ近くで鳴き始めました。
比較的見やすい場所で盛んに青虫を食べています。
a0185081_00303309.jpg
a0185081_00280735.jpg

まわりを気にする様子もなく終始リラックスモードです。
寛ぎタイムに突入すると羽繕い&ストレッチを見せてくれました。
a0185081_00291193.jpg
a0185081_00293166.jpg
a0185081_00294843.jpg

見失いそうになるとまた鳴いてくれて大助かり。
こちらは午後の部、狭い範囲であまり動き回りませんでした。
午前と午後でそれぞれ小一時間ほど楽しませてもらいました。
a0185081_00310254.jpg
a0185081_00311742.jpg
a0185081_00313249.jpg
a0185081_00343743.jpg
a0185081_00274222.jpg
a0185081_00465277.jpg
a0185081_00470813.jpg

後ろ向きですが真上で鳴いている所が撮れました。
近いので声も鮮明に録れましたよ。
聞きなしとして 「特許許可局」 や 「本尊掛けたか」 「テッペンカケタカ」など。
あなたには何て聞こえました?



by Bluenotejoy | 2019-05-31 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
鳴かぬなら・・・
 鳴かぬなら・・・?
  それなら見つけて撮ってやる!(爆)
a0185081_14233760.jpg

いっぱい鳴いてくれてありがとう (^o^)丿
a0185081_14244483.jpg
a0185081_14250045.jpg

by Bluenotejoy | 2019-05-30 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
コッコッコ、コッコッコ・・・
音の主を探しているとだんだん音が籠もって来ました。
もうこんな大きな穴をあけていたんですね。
a0185081_23045059.jpg

休憩で離れてもまたすぐに戻ってきます。
本気の家造りかも知れないですね。
ここで子育てしたらいいなー。
a0185081_23071939.jpg
a0185081_23073448.jpg
a0185081_23074820.jpg
a0185081_23080323.jpg
a0185081_23081838.jpg



by Bluenotejoy | 2019-05-28 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
もうあまりにも暑いので!
目にも優しく涼し気な森林浴セラピーをどうぞ。
a0185081_16100535.jpg
a0185081_16102128.jpg
a0185081_16103771.jpg
a0185081_16105207.jpg
a0185081_16110550.jpg

樹木に接して癒しを求める「森林浴」
フィトンチッドやマイナスイオンを体に取り込む事で、
交感神経の活動を静めて副交感神経の活動を高めるそうです。
a0185081_16111849.jpg
a0185081_16113492.jpg
a0185081_16115130.jpg
a0185081_16120640.jpg
a0185081_16122623.jpg

その効果は、血圧の安定、脈拍数低下、病気に対する免疫力アップ、ストレスホルモンの減少、などなど。
森林浴にはいくつもの健康的な効能が期待されているんですね。
a0185081_16124127.jpg
a0185081_16125778.jpg
a0185081_16131397.jpg
a0185081_16132830.jpg
a0185081_16134522.jpg

by Bluenotejoy | 2019-05-27 17:00 | 風景 | Trackback | Comments(0)