人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

タグ:ジャズ ( 11 ) タグの人気記事

a0185081_12201389.jpg
a0185081_12202781.jpg

フォープレイはギタリストの在籍に合わせて3つの時代に分けられる。
  リー・リトナー    ( 1990 - 1997 )
  ラリー・カールトン ( 1998 - 2010 )
  チャック・ローブ   ( 2010 - 2017.7.31没 )

ギタリスト交代の理由は仕事が忙し過ぎて暇がないから、べつに喧嘩別れした訳ではない。
リズム隊の3人は変わらないので、どうしてもこのギタリストの話題になってしまうんです。
まあみんなジャズ畑のギタリストと言う点では、それほど大きな違いはないのですが、
それぞれの個性や嗜好を踏まえて聴いてみたいと思うんです。

前回のリー・リトナー期は、まだバンド全体が若く音楽的にも成長期であった。
スムーズジャズと言う呼び名すら定着する前で、様々な工夫を凝らしてフュージョンとの
違いを押し出しており、軽やかながらもジャジーで洗練されている。
ジャズ・ギターの貴公子と呼ばれたリトナーにふさわしい音楽であった。

続くラリー・カールトン期はバンド自体が安定して落ちついて来た感がある。
決してマンネリと言う訳ではないのだが、そんな中で頑張っているラリーの印象が強く、
時折彼好みのブルース色を押し出した熱いソロを展開してギターの冴えを見せた。

Fourplay - X (2006)



そして最後のチャック・ローブ期に入ります。
ラリーの後釜がチャック・ローブと知った時、正直意外な人選だと思った。
相当なギター好きでもない限り 「チャック・ローブって誰?」 みたいな
リー、ラリーに比べると明らかに小物感があるのは否めなかった。
チャックの音色フレーズはチョット聞きではリー・リトナーを思わせるものの、
ジャズフィーリングが薄いと言うか、あんまりジャズしてないんじゃないと感じる(笑)
でもこれがかえって自然にバンドに溶け込んじゃうんだから面白い。
強烈な印象を残す様なソロはないけど、バッキングに回った時にさりげない主張を
入れてくる、これが何とも粋で通好み、彼のセンスのなせる技だと思うのです。

Fourplay - Esprit De Four  (2012) から



それでは結成25周年を記念して ラリー&リー を迎えた歴代ギタリスト共演のアルバムをどうぞ。
それぞれの主張を繰り出すラリー&リー 、その後ろでさりげないフレーズを弾くチャック。
お互いの揺るぎない信頼が醸し出す何とも言えない独特の雰囲気!
まさにタイトル通リ いぶし銀 の演奏なんですよね。

Fourplay - Silver  (2015)



2013年の東京です。
まずネーサン・イーストがハーヴィー・メイソンを紹介、
でメイソンがボブ・ジェームス、ボブがチャック・ローブを紹介。
チャックがネーザンを紹介って、そういうことじゃなくて、ライブかっこいいです。
さすがのフォープレイ もう見入っちゃいますよ。
ハーヴィーのキレっキレのドラムス。
ネーザンのベースに鼓舞されるも、チャックのギターはどこまでもジェントルです。
ボブはYAMAHAの音色が好きなんだそうですよ。
後半のフルオーケストラとの共演の素敵なこと、まさに彼らの面目躍如ですね。
それにしてもDVD映像しかないのが残念! でもまあ音は良しなんで。

Fourplay Live in Tokyo 2013



ついでと言ったらなんですが、ラリーとリーの共演アルバムです。
良きライバルであり無二の親友でもある二人、それぞれのルーツが音色に現れていますね。

Larry and Lee  (1995)



これが チャック・ローブが参加した最後のアルバムかも。
1955年にニューヨーク州サフロンで生まれる。
11歳でギターを始め、16歳で本格的なジャズ演奏に目覚める。
バークリー音楽院に通い、パット・メセニーやジム・ホールからレッスンを受けるも
勉強に行き詰まり2年後には退学してニューヨークに戻る。
そんな生粋のニューヨーカーであるチャック、ジャズ、ファンク、ソウル、全然染まらないです。

Jeff Lorber、Chuck Loeb 、Everette Harp - Jazz Funk Soul  (2016)


by Bluenotejoy | 2018-11-06 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
オーディオって不思議なんですよ。
○○と秋の空って訳でもないんでしょうが(爆)
何もしていないのに生き生きと鳴り出す事もあれば
昨日のあの音はなんだったの!と言うくらい鳴らなくなるんです。
まあ電源環境が一番大きな原因である事はわかっているのですが、
温度や湿度、気圧でも変化する聴く側の体調もあったりするのかも知れません。
どうか今日もオーディオの神様が降臨しますように (*^^)v
a0185081_15194174.jpg

いつでも期待を裏切らないオーディオのリファレンスがこちらです。
フォープレイ(Fourplay)は、ピアニストの ボブ・ジェームス、ギタリストの リー・リトナー、
ベーシスト兼ヴォーカルの ネイザン・イースト、ドラマーの ハービー・メイソンの4人により
結成された、スムーズジャズ/フュージョンのグループである。

1990年、ボブ・ジェームスのリーダー作「グランド・ピアノ・キャニオン」にて、
4人揃ってセッションを行い意気投合してグループを結成した。
ギタリストは、ラリー・カールトンを経て、チャック・ローブにメンバーチェンジしたが、
2017年7月にギターのチャック・ローブが死去したため現在は活動休止中である。

 メンバー
 ボブ・ジェームス(ピアノ/キーボード, 1990 - )
 ネーサン・イースト(ベース、ヴォーカル, 1990 - )
 ハーヴィー・メイソン(ドラム, 1990 - )
 リー・リトナー(ギター, 1990 - 1997)
 ラリー・カールトン(ギター, 1998 - 2010)
 チャック・ローブ(ギター,2010 - 2017 )

そんな彼らのサウンドはまさに心地良い究極のスムーズジャズである。
録音の素晴らしさも特筆モノでシステム調整のリファレンスたり得る高音質だ。
それでは大好きなリー・リトナーが参加している第一期の3作品をどうぞ。
きっとあなたのシステムもイキイキと鳴り出すはず。

Fourplay - Fourplay (1991)


FourPlay - Between the Sheets (1993)


Fourplay - Elixir (1995)

by Bluenotejoy | 2018-11-05 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
オーディオの季節になりました。
冷房いらず暖房いらずで音楽に没頭できます。
そんな今夜のお供はこちら。
a0185081_01030298.jpg

SHUREのオープン型 プロフェッショナル・ヘッドホン SRH1440 です。
40mmネオジム磁石ドライバー採用のマスタリングやクリティカルリスニング用に開発された製品で
精緻な高域と豊かでコントロールの効いた低域を伴う極めてナチュラルなサウンドを再生します。

ダイアナ・クラールの「The Girl in the Other Room」を聴いてみる。



ダイアナのハスキー・ボイスが耳元で語りかけて来る様は圧巻である。
やや硬質で厚みのあるボーカルが浮かび上がる。
温もりあるギターと粒立つピアノ、タイトなベースラインは滑らかだ。
ほとばしるシンバルのシズル感と皮の張りが生々しい。
個々の音をくまなく鳴らし分けるというより現場の熱気を押し出してくるタイプだ。
シュアのマイクが捉えた音の裏側までもすべてをさらけ出してしまう様な鳴り方は
まさに本機の真骨頂であり替えがたい魅力と言える。


今では押しも押されぬ大スターの仲間入りをしたダイアナ・クラール。
彼女が敬愛するナット・キング・コールはピアノを捨て大スターになったが、
ダイアナは捨てるどころかピアノの腕前はどんどん上がってピアニストとしても超一流だ。
ここではギターやベース、ドラムスのアドリブもフィーチュア、ジャズとしての聴きごたえも十分。
スタジオ超えの録音の素晴らしさも特筆ものだ!

Diana Krall - All or Nothing at All


音も映像もイマイチですが彼女のジャージーなピアノとライブ・パフォーマンスが存分に楽しめます。
Diana Krall - Live Rio de Janeiro 2008

by Bluenotejoy | 2018-09-27 02:00 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
よし! イイ音だ!
もうこれでいじる所なしだ!
なんて思っても毎日の様に音が変わってしまい
翻弄され続けるのが オーディオ ってやつなのだ(爆)

1961年パシフィックから 「ジャズ・クルセイダーズ」 としてデビュー。
1971年にグループ名を 「ザ・クルセイダーズ」 とし、アルバム「パス・ザ・プレイト」を発表。
クロスオーバーという言葉もなかった時代から、ジャズという既成概念にとらわれず、
さまざまなジャンルの音楽を取り込んできた。

The Crusaders - Put It Where You Want It
ラリー・カールトンのギターが印象的な作品です。



by Bluenotejoy | 2018-02-25 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
こんな寂しい雨の夜はこれです。
天才女性ジャズ・シンガー ビリー・ホリディ の最後の伴奏者となったのが マル・ウォルドロン です。
本作は 亡き歌姫ビリー・ホリディ を忍んだ追悼アルバムと言われています。
主役を失った深い悲しみが演奏を通してひしひしと伝わってくるのです。

a0185081_01410021.jpg

最初の レフト・アローン では ジャッキー・マクリーン が 「泣きのアルト」 を聴かせます。
ここでのアルト・サックスはボーカルも顔負けの表現力で聴き手の心を掴みます。
生前彼女が歌っていた代わりをマクリーンが務めているのですね。
まるでボーカルの伴奏をしているかの様な口数の少ないマルのピアノも
悲しみを湛えた鎮魂歌として心に染みいってきます。
この1曲こそ歴史的な名曲名演であることに疑う余地はありません。

マクリーンが参加しているのはこの1曲だけで以降はピアノ・トリオの作品ですが、
続く2曲目もベースのジュリアン・ユエルとの掛け合いに悲しみが滲みます。
アルバムの最後にはビリーの思い出を語るマルのインタビューが収録されています。



by Bluenotejoy | 2017-10-19 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
俗にいう ジプシー・ジャズ とはヨーロッパを移動しながら暮らしている人々の音楽です。
黒人発祥の一般的なジャズとはまったく毛色が違います。
開祖的な人物と言われているのがジプシーでギタリストだった ジャンゴ・ラインハルトです。
彼の演奏していた音楽そのものがまさに ジプシー・ジャズ なんですね。

こちらが開祖 ジャンゴ・ラインハルト(1910-1953) の演奏です。




今では 「ジプシー」と言う表現自体が差別用語になってしまいましたので、
それに代わり同じジプシーを意味するフランス語の 「マヌーシュ」が新しい呼び名となりました。

そこで今回のご紹介するのが新生マヌーシュを代表する ジミー・ローゼンバーグ です。
以前ご紹介した ストーケロ・ローゼンバーグ とはどうやら親戚関係にある様ですが、
ジミー・ローゼンバーグ もオランダの マヌーシュ・スイング系のギタリストです。
ジミーは1980年生まれなので ストーケロの丁度ひとまわり年下ですね。

幼少の頃から神童と呼ばれる程の超絶テクニックで ジャンゴの再来! なんて感じで
注目されたのが12歳の頃です。



それでは大人になったジミーのキレキレなギターをご堪能下さい。
ジプシー音楽を聴いているとそのメロディはどこか物悲しくどこか懐かしい・・・
どうやら日本人の心に訴えかけて来るものがある様です。







こちらも以前ご紹介した 鬼平犯科帳 で有名な ジプシー・キングス  です。
目指す方向は違うものの同じジプシーの血を引くグループとしてぜひお聴き下さい。
日本人の琴線に触れるメロディには根底に同じルーツが感じられます。

by Bluenotejoy | 2017-07-24 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
暑い!暑い!暑い夜! にはこんなサウンドを!
Andalusian Breeze
吹き渡るそよ風がときめく心をとかす。
ロマンティシズムの香りに充ちた、ファンタスティックなメロディは
一度聴いたら忘れられなくなるだろう。

今田勝が紡ぎ出す心に残るメロディの数々。
若き日の渡辺香津美のギタープレイが冴え渡ります。


by Bluenotejoy | 2017-07-18 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
ストーケロ・ローゼンバーグはオランダのジプシー・スイング系のギタリストです。
ジャンゴ・ラインハルトの流れを組む滑らかで切れ味鋭い速弾きギターが魅力です。
まずはお気に入りの一曲をお聴き下さい。
日本人好みのツボをおさえたメローディラインが素敵です。

ザ・ローゼンバーグ・トリオ
  Stochelo Rosenberg (Lead Guitar)
  Mozes Rosenberg (Rhythm & Lead Guitar)
  Joel Locher (Double Bass)

The Rosenberg Trio - For Sephora


1968年にオランダ南部ヘルモントで代々音楽を受継ぐ名門ジプシー一家に生まれる。
10歳からギターを始め、父親と叔父から手ほどきを受けジャンゴの曲を繰り返し聞き練習する。
12歳で従兄弟らと出演したオランダのTV番組のコンテストで優勝。
1989年にローゼンバーグ・トリオ「SERESTA」でデビュー。
以降、マヌーシュ・スウィングを代表するギタリストとして着々とキャリアを積んでいます。

ギターはジャンゴが愛用したセルマー・マカフェリ型のDホールとオーバル・ホール。
現在ではセルマー・マカフェリ型のギターは入手困難だそうです。

それではジプシー・スイングの楽しさ心地良さをご堪能下さい。








by Bluenotejoy | 2017-06-23 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
折角世間が静かなのでたまった諸作業をまったりとこなしています (^_^;)
GW中は折々に素敵な音楽をどうぞ。

こちら イノック・ライト率いる 「軽音楽」オーケストラです。
グレン・ミラーやカウントベイシーとはまた違った
小洒落たアレンジが何とも素敵なんですよ。
名前がライトというくらいですからね。
軽妙というか軽いでしょう。

これがまた何とも心地イイ! サウンドなんですよね。
’60年代のマルチトラック録音のハシリとしては抜群の出来です。
左右の楽器配置と小気味良い味付けはまさにミキシングの妙ですね。
音に拘り当時はまだ珍しい45回転のLPも作っていましたよ。





バンドリーダーであり、ステレオと4チャンネル録音のパイオニアとしても知られるイノック・ライト。
1905年、アメリカのオハイオ州に生まれ、十代からクラシックのバイオリン奏者として活躍。
しかし35歳の時に自動車事故で負傷し指揮者に転向しました。
程なくビッグバンドを組織し、有名ホテルや劇場、ラジオなどで演奏活動を重ねました。
RCAやコロムビアでレコーディングも開始。

バンド解散後は50年代はスタジオ・ミュージシャン、プロデューサーとして活躍。
さらに自身のレーベルを立ち上げ電子楽器を取り入れたユニットのレコードを発表し成功を収めました。
自身のオーケストラによる「Persuasive Percussion」(1960)は13週間もビルボード誌のアルバム1位を保持。

60年代後半に「プロジェクト3レコーズ」のトップに就任
自身のレーベルの数々の作品を復刻すると共に、イージー・リスニングの新作アルバムを次々に発表。
70年後半まで活躍を続け、現役のまま亡くなりました。
生涯に400以上のレコードに関わったとされています。
                                    アーティスト解説は Easy Listening Navi より


彼がグレン・ミラーをやるとこんな感じです。




ガラッと変わってビートルズもやります。




面目躍如! ノリノリのチャチャチャです。




レッツ! ダンシング!




ダンシング・イン・ザ・ダーク 70年代のディスコ・サウンズです。




最後に、古き良き時代! 1950年代風アレンジの2時間スペシャル
これぞ軽音楽!ライトだぜ!



by Bluenotejoy | 2017-05-03 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
今年のクリスマス・イヴはナット・キング・コールの心温まる歌声でお過ごし下さい。

ナット・キング・コール(Nat King Cole) 1919年-1965年
本名は、ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)、「キング」は愛称。

1930年代から傑出したジャズ・ピアニストとして活躍していたナット・キング・コールは、
艶のある声を買われて歌手としても活動するに至った。
50年代以降はポピュラー界に軸足を移し白人からも支持されいて “キング” の愛称を得た。
テレビにも多く出演し広く大衆的な人気を得たコールは “白い黒人” とも呼ばれた。
そのふくよかな低音は世界中の音楽ファンを魅了していくが、そんな中、まだ絶頂時の
1965年2月15日、肺ガンにより45歳でその生涯を閉じてしまう。
前の年にリリースされた「L-O-V-E」が生前最後の大ヒット曲となった。
ラヴ、それは君に捧げるすべて。



 1. 00:00 Unforgettable
 2. 03:27 LOVE
 3. 05:59 Too young
 4. 09:23 Autumn leaves
 5. 12:03 Quizás, quizás, quizás
 6. 14:48 Tenderly
 7. 17:45 The Christmas Song
 8. 20:54 Fascination
 9. 23:22 Love is a many splendored thing
10. 26:02 People
11. 28:38 Arrividerci Roma
12. 31:23 In the good old summer time
13. 32:54 When you're smiling
14. 35:36 Fly me to the moon
15. 38:07 Nature boy
16. 42:01 Smile
17. 44:54 Pretend
18. 47:38 When I fall in love
19. 50:48 Those lazy hazy crazy days of summer
20. 53:12 Let's fall in love

アンフォゲッタブル Unforgettable
ナット・キング・コールの死後、娘のナタリーコールが、オーバーダビングによる
父の歌声とのデュエット版を1991年にリリース。


by Bluenotejoy | 2016-12-24 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)