人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

タグ:カラス ( 18 ) タグの人気記事

カラスは人間の暮らしと密接につながった身近な野鳥です。
カラスを知るは人を知る! なかなか興味深いものがあります。
代表的なカラスはハシブト(嘴太烏)とハシボソ(嘴細烏)です。
a0185081_21015976.jpg

体が大きくクチバシが太いのが嘴太、やや小型でクチバシが細いのが嘴細です。
地声では、嘴太は 「カア、カア」と澄んだ声ですが、嘴細は 「ガア、ガア」としゃがれ声です。
とは言え、モノマネ上手なカラスの事、良く見ていると場面に応じて様々な鳴き分けをしています。
a0185081_21022550.jpg
a0185081_21025243.jpg

嘴太の英名は 「Jungle Crow」 密林のカラスと呼ばれています。
嘴太は森林性で、嘴細は草原など開けた環境を好むそうです。
つまり森にいるカラスは殆どが嘴太なんですね。
a0185081_21031574.jpg

世界的な分布は、嘴細がはるかに広く、ユーラシア大陸全般に広がり、
北は北極圏から中近東、アフリカ北部、西はスペイン、東は極東まで分布しています。
嘴太は、インドから日本までのアジア南部、東部にかけてと、比較的狭い分布です。
a0185081_21034013.jpg
a0185081_21035582.jpg
a0185081_21040921.jpg

日本国内では、繁殖期も越冬期もこの2種類の広さは、地域による大きな違いはありません。
また、東京都の繁殖では嘴太は都心から山地までくまなく記録がありますが、
対する嘴細は、都心と山地をのぞいた平地という違いがあります。
a0185081_21043282.jpg

こちら 環境省自然環境局 の カラス対策マニュアル(pdf) が面白いですよ。

by Bluenotejoy | 2019-07-10 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
by Bluenotejoy | 2019-06-17 17:00 | 野鳥のいる情景 | Trackback | Comments(0)
カラス仲間の追いかけっこをよく見ます。
ここではアンテナを巡る陣取りごっこです。
遊んでいるだけじゃなくて飛び技を磨いている感じです。
a0185081_10320453.jpg
a0185081_10330675.jpg
a0185081_10335141.jpg
a0185081_10340483.jpg
a0185081_10342650.jpg

けっこう高度な技が繰り出されていたりして(爆)
こんな自由に空を飛べたら楽しいだろうなー
a0185081_10352220.jpg
a0185081_10354149.jpg
a0185081_10355527.jpg
a0185081_10360817.jpg
a0185081_10362256.jpg

by Bluenotejoy | 2018-11-17 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
久しぶりに調整池の様子を見に行って来ました。
坂道やガレ場の往復で14,000歩、なまった体にはややキツかったです(笑)
a0185081_22171248.jpg

まずウェルカムはノスリカラスです。
どこでもやってますけど、カラスの本気度が大切ですね。
a0185081_22183775.jpg
a0185081_22185283.jpg
a0185081_22190620.jpg
a0185081_22192066.jpg

お互い腕を磨くのにはイイですね。 ....自分も(爆)
攻守所を変えてとても楽しそうですよ。
やっぱ空が飛べるっていいなあ (*^^)v
a0185081_22195507.jpg
a0185081_22200893.jpg
a0185081_22202228.jpg
a0185081_22204859.jpg
a0185081_22210112.jpg


by Bluenotejoy | 2018-01-16 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
真っ黒なイメージのカラスですが、
よく見ると青や紫、緑などの光沢を帯びています。
でも大ピーカンの中ではそんなグラデーションは全く見えませんでした。
a0185081_12250717.jpg
a0185081_12252335.jpg

ただただ輝く若さが美しい!(爆)
a0185081_12253516.jpg

そんな羽繕いをタップリとご覧ください。



今年もこんな調子でイキますよ(*^^)v

by Bluenotejoy | 2018-01-05 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
何よ! わたし女の子よ!
そうそう こちら ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)のお嬢様です。
♂の体長は50mm前後、♀は大型で80~90mmほどになります。
この娘はこれまで見た中でも最大級で実に存在感がありましたよ。
a0185081_22162025.jpg
a0185081_22163421.jpg
a0185081_22165262.jpg
a0185081_22170661.jpg

こちらは いつも仲良し オンブバッタ(負飛蝗)です。
小型のバッタで ♂は25mm前後、♀は42mm前後です。
a0185081_22174814.jpg

色々とバッタ天国ですね。
こちら いわゆるイナゴですね。
イナゴって呼び名はバッタの総称的な意味もあります。
a0185081_22182689.jpg

あれあれ こちらの可哀想な被害者もバッタかな?
a0185081_22191019.jpg
a0185081_22192976.jpg
a0185081_22273851.jpg


by Bluenotejoy | 2017-10-21 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
真っ黒なイメージのカラスもよく見ると青、紫、緑などの光沢を帯びています。
濡れ羽色(ぬればいろ)とは、烏の羽のような艶のある黒のことです。
黒く艷やかな女性の髪は万葉集の頃から「髪は烏の濡れ羽色」なんですね。



まだ若い子でしょうか。
濡れ羽色もかなりキレイですね。
うん 気持ち良さそうだ。
a0185081_146538.jpg
a0185081_1471844.jpg
a0185081_1473867.jpg
a0185081_1483673.jpg
a0185081_1485571.jpg

by Bluenotejoy | 2016-12-14 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
by Bluenotejoy | 2015-03-01 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
埼玉県は1月7日、年末年始に県内4カ所でカラスの死骸が計111羽見つかったと発表した。
いずれも外傷はなく、鳥インフルエンザの感染も確認されなかった。
大半の死骸の胃に食べ物がなく、県は餓死や細菌性腸炎の可能性があるとみて原因を調べている。

まさかあの悪食なカラスが餓死するとは...
想像もしなかっただけに大変驚きました。
a0185081_21585660.jpg
a0185081_2159879.jpg
a0185081_21592283.jpg

by Bluenotejoy | 2015-01-21 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
by Bluenotejoy | 2014-11-25 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)