人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

タグ:オオセイボウ ( 16 ) タグの人気記事

何が起きても私たちは仲間だ。
君一人だけが関わっているわけじゃない。
皆に関わりのあることだ!
どんな結果になろうとも君は一人じゃない。

こちらは昨年の夏、むせ返る様な暑さが懐かしい世界です。
今年もこんな楽しい時間が過ごせるのでしょうか。
We are in this together_a0185081_00104759.jpg

緊急事態宣言発令から1週間を迎えますね。
自分は人と交わる様な外出は控えていますが、カミさんはそうも行きません。
必然的に最低限の食材をもとめてスーパーなどに行くことになります。
先日もすれ違いざまに咳をされてしまってしばらく心配していました。
We are in this together_a0185081_00114855.jpg

あらためて新型コロナウイルスの感染経路を考えて見ますと、
皆さんもご存知の通り 「飛沫感染」 と 「接触感染」があげられます。

飛沫感染とは、感染者のくしゃみや咳などと一緒にウイルスが放出され、
それを他の人が吸い込むことによっておこる感染です。
換気の悪い密閉空間、大勢が集まる密集場所、間近で会話や声を発する密接場所、
いわゆる「3密」の回避が大切ですよね。
他者との距離を確保する「ソーシャル・ディスタンス」(社会的距離)も
他者に感染させないための「咳エチケット」として重要です。
We are in this together_a0185081_00135172.jpg

接触感染とは、感染者が周りのモノにさわり、他者がそれに触れてウイルスが付着
その手で口や鼻をさわることによっておこる粘膜からの感染です。
新型コロナウイルスは、ステンレス上で48時間、プラスチック表面で72時間も
生存すると言われており、ドアノブや手すり、エレベーターのボタン、電車の吊り革などに
ウイルスが付着していれば、知らぬ間にさわっている可能性は十分にあります。
We are in this together_a0185081_00144496.jpg

人は無意識のうちに平均して1時間に23回も顔をさわっているといいます。
顎に手をやったり、鼻をいじったり、目をこするなどの何と多いことか。
意識すると余計に顔が痒くなってしまってもう我慢できません(爆)
花粉の季節でもあり何度も鼻をかんでいますしね。
顔を触らない様にするのは無理そうなので、ここはもう小マメに手を洗い
外から帰ったらアルコール消毒をしてウィルスを殺すしか手立てがないようです。

by Bluenotejoy | 2020-04-14 17:00 | 大災害 | Comments(2)
二十四節気では5月初旬の 「立夏」 から夏が始まりますが、
英語でいう 「サマー」 は 本日の 「夏至」 から始まります。
太陽の位置が最も高くなる夏至は、昼の長さが最大となる日であり、
太陽の勢いが最も盛んな日とされています。
お天道様とは仲良しです。_a0185081_00143412.jpg

この時節、炎天下のオオセイボウ待ちはけっこう大変なんですよ(爆)
ジリジリと太陽に照りつけられての緊張感はそんなに長続きしません。
そこで暇つぶしに目についたモノは何でも撮ります。
もう小っちゃな 天道虫 なんか格好のネタですね。
お天道様とは仲良しです。_a0185081_00043242.jpg
お天道様とは仲良しです。_a0185081_00044995.jpg

小枝などの先端に達して行き場がなくなると上に飛び立つ習性があり、
「お天道様に飛んで行ったよ」 と言うそうです。
でも今どきの子は飛ばずにそのまま反転して戻ってきちゃいます(爆)
お天道様とは仲良しです。_a0185081_00051809.jpg
お天道様とは仲良しです。_a0185081_00053108.jpg

オオセイボウが大好きなヤブジラミもそろそろ終わりです。
お天道様とは仲良しです。_a0185081_00055413.jpg
お天道様とは仲良しです。_a0185081_00061079.jpg

by Bluenotejoy | 2019-06-22 17:00 | 昆虫 | Comments(0)
朝方からの雨がやむのを待って青蜂広場に向かいました。
これまでは雨が降った後は青蜂の出が良かったのです。
さあ今日もこのジンクスは通用するのでしょうか(爆)

10時少し前に現着すると間もなくやって来ました。
幸いタッチ&ゴーという事はなくこれなら少しは撮れそうです。
雨がやんだら青蜂だ! 【 2019 6/21(金) 】_a0185081_16280234.jpg
雨がやんだら青蜂だ! 【 2019 6/21(金) 】_a0185081_15420431.jpg

その後も飽きない程度のインターバルでやってきてくれます。
どうやら2匹が交互に来るらしく目視の大きさに違いがあります。
一回だけ大きい方が近くにとまったのがこちらです。
雨がやんだら青蜂だ! 【 2019 6/21(金) 】_a0185081_15425762.jpg
雨がやんだら青蜂だ! 【 2019 6/21(金) 】_a0185081_15431547.jpg
雨がやんだら青蜂だ! 【 2019 6/21(金) 】_a0185081_15432848.jpg
雨がやんだら青蜂だ! 【 2019 6/21(金) 】_a0185081_15434210.jpg

ヤブジラミも花の勢いがなくなりかなり果実が増えてきました。
吸蜜していると思われる青蜂にとっては、この場所の終りが見えて来たかも知れません。
もう少し満足のいくものが撮りたいものだが・・・(苦笑)
雨がやんだら青蜂だ! 【 2019 6/21(金) 】_a0185081_16262904.jpg

by Bluenotejoy | 2019-06-21 17:00 | 昆虫 | Comments(0)
大雨の翌日には青蜂の出がイイらしい!
そんなジンクスを確かめるべく今日も青蜂広場です。
この季節には珍しく幸先よく富士山が見えています。
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15280618.jpg
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15283515.jpg

前回は大雨が降った翌日に13分間もの長逗留でした。
しかも近くに来てくれてまさに感謝感激!の大満足でした。
そんな話をしていると早速やって来ました!
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_14513706.jpg

時間にして7分間、申し分のないロングステイだったのですが、
贅沢ながらも残念なことにあまり近くにやってこない。
しかも前向きや後ろ向きが多く横になっても丸まっている。
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15302114.jpg
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_14582812.jpg
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15100047.jpg

こんな感じの横向きポーズじゃないと青蜂らしくないんですよね。
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_14524524.jpg
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15545533.jpg
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15552392.jpg
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15554341.jpg

幕間には隣の姫女菀に超小型の腹赤丸がやって来ました。
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_14393655.jpg
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_14395775.jpg

試しに動画も撮ってみました。
やっぱ遠方の小さな被写体への手持ちロングズームは全然解像しません(;^ω^)
次回はまた雨の翌日に4K動画でリベンジだ!
こちら動画からの切り出しです。
雨が降った翌日には・・・ 【 2019 6/16(日) 】_a0185081_15005875.jpg




by Bluenotejoy | 2019-06-16 17:10 | 昆虫 | Comments(1)
大雨に降り込められた昨日から、今日は少しだけ晴れ間がのぞきそう。
という事でいつもの青蜂広場にやって来ました。
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_13591730.jpg

現着9時でCマン不在、ラッキーなことに早くも9時5分に飛来!
何と何と! そのまま13分間も居座ってくれました。
ほとんど移動しないのでジックリ観察させてもらいましたよ。
青蜂も雨で外出できずフラストレーションがたまっていたのでしょう(爆)
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14431195.jpg
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14433171.jpg
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14434952.jpg
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14440477.jpg

その後も頻繁に飛来し、数分間の滞在が続きましたが、
気温の上昇とともにだんだん滞在時間が短くなって来ました。
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14442161.jpg
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14443652.jpg

変温動物の蜂は外界の温度変化で体温も変わります。
気温が上がるにつれて行動が活発になり動きも速くなる様です。
ピーカン状態になるともういつものタッチ&ゴーに戻ってしまいました。
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14445484.jpg
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_14450910.jpg

同じような画ばかりとはいえ今日はこれで大満足!
これまでにないパフォーマンスを体感させてもらいました。
これで真夏の灼熱地獄も無理をせずに乗り切れます(爆)
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_15045955.jpg
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_15051210.jpg
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_15052553.jpg

おまけは金属光沢がキレイなキンバエ(金蝿)です。
※6/21追記 このハエはキンバエではなくヤドリバエ科の ルリハリバエ(瑠璃針蝿)の様です。
感謝感激! 大青蜂の大サービス 【 2019 6/11(火) 】_a0185081_15062070.jpg

by Bluenotejoy | 2019-06-11 17:00 | 昆虫 | Comments(2)
セリ科の越年草 ヤブジラミ(藪虱)です。
白い鉤状の刺毛が衣服につく様をシラミにたとえたものとか。
名前に似合わず可憐な花です(爆)
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13132391.jpg

この花には オオセイボウ(大青蜂)がやって来ます。
まだ花が少ないせいでしょうか、今シーズンの飛来頻度は極めて悪いです。
今日は2回でやめましたが、1時間20分後にやっと再登場しました。
陽を避ける所がないので、薄曇りでもなければとても我慢できません(爆)
みなさん熱中症&紫外線対策には厳重注意でっせ!
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_16375113.jpg
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13032485.jpg
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13034652.jpg
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13040183.jpg
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13041824.jpg

花の配列は傘型で3mm前後の小さな白い5弁花を多数つけます。
花蜜が少ないのか様々な蝶を呼び寄せるほどの力はない様ですが、
まあ青蜂さえとまってくれれば何の文句もありません(爆)
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13135281.jpg
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13140755.jpg
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13170457.jpg
藪虱の花が咲いたよ! 【 2019 6/8(土) 】_a0185081_13171997.jpg

by Bluenotejoy | 2019-06-08 17:00 | 昆虫 | Comments(0)
月日の経つのは早いもので今日で6月も終り 1年の半分が経過しました。
各地の神社で半年分の穢れを祓い これからの息災を祈願する神事が行われています。
半年というのはこれまでの出来事を振り返るのにちょうど良い節目ですね。

さてさて
土地ごとに習慣や風俗、文化、言語は変わるといいます。
そう! オオセイボウだって土地が変わると大違いなんです。
所変われば品変わる_a0185081_12210418.jpg

こちらyoutube alwaysartzone さん の素晴らしい動画です。
こんなに長い時間とまっているなんて!
ヤブジラミ青蜂しか知らなかった身にはかなりの衝撃映像ですよ。



黄色い花はオミナエシ(女郎花)でしょうか。
蜜を吸っている様子がよくわかります。
やはりオオセイボウも普通の蜂だったんですね。
蜜の少ないヤブジラミでは長くとまらない訳です。

スゴイ! オオセイボウのラブシーンです。



by Bluenotejoy | 2018-06-30 17:00 | 動画の紹介 | Comments(2)
気象庁は本日6月29日、関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。
6月に関東甲信の梅雨明けを発表したのは初めて。
1951年の統計開始以降で最も早くて、平年より22日早く、昨年より7日早い。
関東地方は 梅雨明けを待たずに連日厳しい暑さが続いていました。
どうやら平成最後の夏は長い夏となりそうです。

そんな中、灼熱地獄ながら 長らくお世話になっていた 青蜂広場がなくなりました。
トワエモワ 永遠に (TOI ET MOI = フランス語であなたと私) とは行かなかった様で
ある日突然、誰もいない海、になってしまいましたとさ (;´ω`)
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11555617.jpg

ここは秋ヶ瀬公園の隣地ですが、どうやら民間に貸し出されてしまった模様で、
多分お隣り同様、某赤いサッカークラブの駐車場になってしまうのでしょう。
この暑さの中 おいそれと新たな飛来地を見つける事は難しいと思われ、
このまま本年の青蜂撮りは終りになってしまうのか?....ムム...さみしい..
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11223792.jpg
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11224807.jpg
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11230122.jpg
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11231339.jpg
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11232656.jpg
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11233825.jpg
夏草や 兵どもが 夢の跡_a0185081_11235119.jpg





by Bluenotejoy | 2018-06-29 17:00 | 昆虫 | Comments(0)
青蜂ファンじゃない方にはまったく代わり映えしませんが・・・
なにぶん灼熱下での汗とウレシ涙の結晶! ・・・モッタイないない (^_^;)
またまたオオセイボウ_a0185081_00085531.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00091078.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00092239.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00093441.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00094788.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00095992.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00101210.jpg

ホントいつ熱中症になってもおかしくない現場なんです(爆)
こちら姉さん被りのカミさん撮りです。
またまたオオセイボウ_a0185081_00191842.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00193104.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00194320.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00195563.jpg
またまたオオセイボウ_a0185081_00200786.jpg

by Bluenotejoy | 2018-06-24 17:00 | 昆虫 | Comments(0)
オオセイボウは寄生蜂です。
その寄生対象は、スズバチ(鈴蜂)やトックリバチ(徳利蜂)など、泥蜂の仲間です。
スズバチは竹筒やほかの虫が空けた木の穴を巣に利用するものが多いらしく、
またトックリバチは土を固めて壷のような巣を作ります。
オオセイボウはこれらの蜂の幼虫が育っている巣に穴を開けて入り込み、
その幼虫に自分の卵を産み付けるんです。

こちらがそのウワサのスズバチです。
大きさは 18-30mmで主な活動時期は 6-9月です。
オオセイボウと同じフィールドにやって来ましたよ。
大青蜂だより_a0185081_17415864.jpg
大青蜂だより_a0185081_17421198.jpg

巣穴には親蜂が用意した幼虫のエサ(麻酔をかけられたイモムシが多いらしい)
も入っており、孵化したオオセイボウの幼虫はそれらを食べて成長します。
つまり寄生されたススバチの巣からはオオセイボウだけが巣立つ訳です。

ドロバチの仲間にとって、オオセイボウは恐ろしい天敵なんですね。
スズバチ自身はそんなオオセイボウの事を知っているのでしょうか。

大青蜂だより_a0185081_21081884.jpg
大青蜂だより_a0185081_21083219.jpg
大青蜂だより_a0185081_21084888.jpg
大青蜂だより_a0185081_21090161.jpg
大青蜂だより_a0185081_21091403.jpg

つまりオオセイボウはどこにでも出没する訳ではなく
近くにススバチなど寄生対象の巣があるエリアに限られるんですね。

大青蜂だより_a0185081_21094337.jpg
大青蜂だより_a0185081_21095651.jpg
大青蜂だより_a0185081_21100743.jpg
大青蜂だより_a0185081_21102089.jpg

こちらはカミさん撮りです。
意図せずとも日の丸構図じゃないのが素晴らしい(爆)
大青蜂だより_a0185081_21132761.jpg
大青蜂だより_a0185081_21134170.jpg

by Bluenotejoy | 2018-06-18 17:00 | 昆虫 | Comments(0)