人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

<   2019年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こちら昨日のカミさん撮りです。
訳あって同じ鴻沼川でも今回は別スケジュールです(笑)
a0185081_22511961.jpg
a0185081_22513543.jpg
a0185081_22515032.jpg

a0185081_22522712.jpg
a0185081_22524255.jpg
a0185081_22525843.jpg
a0185081_09361318.jpg

a0185081_22531894.jpg
a0185081_22534226.jpg
a0185081_22535850.jpg
a0185081_22541680.jpg
a0185081_22543326.jpg
a0185081_10403705.jpg

a0185081_23040470.jpg
a0185081_23042109.jpg
a0185081_23043706.jpg
a0185081_23045298.jpg
a0185081_23050891.jpg
a0185081_23052393.jpg


by Bluenotejoy | 2019-03-29 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
こちらさいたま市では桜はまだ咲き初めです。
しかし週間予報ではこの先あまりパッとしない。
そこで花粉をおして何はともあれ保険出動しました(笑)
a0185081_13164068.jpg
a0185081_13165765.jpg
a0185081_13171295.jpg
a0185081_13172823.jpg

まずは鴻沼川沿いの神社にて染次郎を狙います。
a0185081_13180725.jpg
a0185081_13434631.jpg
a0185081_13440411.jpg
a0185081_13442150.jpg
a0185081_13443606.jpg
a0185081_13445498.jpg

川にはまだ磯吉クンとヨッシーたちがいました。
a0185081_14264430.jpg
a0185081_14033366.jpg
a0185081_14040075.jpg

無理やり花にからめます(爆)
a0185081_14060126.jpg
a0185081_14064452.jpg
a0185081_14160179.jpg

a0185081_14171667.jpg
a0185081_14175733.jpg
a0185081_14183203.jpg
a0185081_14190114.jpg




by Bluenotejoy | 2019-03-28 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
今年の杉花粉はこれまでにない 悲惨な飛散 です。
まったく気力が出ませんが、取り急ぎ花見の前の我楽多箱から(爆)

ハンノキの花粉が飛び始めた頃、昔のベニ場に行って見ました。
その昔は大いに賑わった人気ポイントでしたが、今では人も見かけません。
いつもはスルーですが、今季は出会いが少なかったので暫し待って見ました。

a0185081_09405457.jpg

と、程なくして葦原の奥で鳴き声が聞こえました。
真似して 「フィッ、フィッ」 と口笛を吹いてみたところ・・・
何と! すぐそばにベニ男が躍り出たのです。

a0185081_20475318.jpg
a0185081_20481311.jpg
a0185081_20482930.jpg
a0185081_20484490.jpg

ゴチャ場すぎでピントが合わずすぐ動画に切り替えました。




こちら写真専念のカミさん撮りです。

a0185081_09533652.jpg
a0185081_09535519.jpg
a0185081_09541246.jpg
a0185081_09542964.jpg


by Bluenotejoy | 2019-03-26 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
花粉真っ盛りの中そろそろ花見のシーズンが来ちゃいます。
その前にと我楽多箱から引っ張り出しました(爆)

ギューイギュイ、ゲー、ギー
野太い警戒音で鳴きながら飛び交っているのは
カラスの親戚オナガです。
a0185081_00460729.jpg
a0185081_00462360.jpg
a0185081_00463849.jpg
a0185081_00465366.jpg
a0185081_00470821.jpg
a0185081_00472124.jpg

それぞれネズミモチやらピラカンサスなどお目当てがある様です。
a0185081_00480467.jpg
a0185081_00481987.jpg

このダミ声にはニャンコたちの血も騒いじゃうみたいですよ。
a0185081_00491233.jpg
a0185081_00492561.jpg

by Bluenotejoy | 2019-03-23 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
今回はビートルズがカヴァーしたオリジナル曲を聴いてみようという企画です。
ラリー・ウィリアムズ (Larry Williams、 1935年5月10日 - 1980年1月7日)は、
ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のR&Bのシンガーソングライターです。
1958年から1959年にかけて、後にビートルズがカバーする事になる楽曲を発表します。

a0185081_16165150.jpg

ジョンは相当ラリーに心酔していた様でビートルズ時代には自身の歌で3曲も録音しています。
「スロウ・ダウン」 「ディジー・ミス・リジー」 「バッド・ボーイ」 です。
ラリーがまだ20代前半の作品なんですね。
それではこの3曲をオリジナルとビートルズカヴァーで聴き比べて見ましょう。

Larry Williams - Slow Down (1958)


The Beatles - Slow Down (1964)




Larry Williams - Dizzy Miss Lizzy (1958)


The Beatles - Dizzy Miss Lizzy (1965)




Larry Williams - Bad Boy (1959)


The Beatles - Bad Boy (1965)



ビートルス版はオリジナルにあまり手を加えていませんね。
当時のビートルズは超多忙なスケジュールに追われながらも
レコード会社からの強い要請で新曲を出さざるを得ない状況でした。
シングルとアルバムの他に4曲入りのEP盤も出すという始末です。
そんな中でのやっつけ感はあるものの、でもそこはビートルズたる所以です。
ツボを抑えたアレンジでノリのよいロックンロールに仕立てています。
特にギターリフや間奏には彼らならではの工夫が凝らされていますよね。

解散後もジョンは1975年のアルバム「ROCK 'N ROLL」でラリーの曲を2曲カヴァーしています。
ビートルズ時代と合わせて5曲、本当にラリー・ウィリアムスが好きだったんだなあと思います。

Bony Moronie - Larry Williams (1957)


Bony Moronie - John Lennon (1975)




Just Because - Larry Williams (1967)


Just Because - John Lennon (1975)


by Bluenotejoy | 2019-03-19 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
こちらカミさん撮りのメジロご夫妻です。
毎年来てくれるのでおもてなししています。
今年で5シーズン目になりました。



部屋の中からガラス越しのお目もじです。
a0185081_13400347.jpg
a0185081_13402731.jpg
a0185081_13404445.jpg
a0185081_13405713.jpg

by Bluenotejoy | 2019-03-12 17:00 | 野鳥のいる情景 | Trackback | Comments(0)
花粉モニタリングしながら春を探すツアーです(爆)
自分は絶対に参加しません!
まずは河津桜から
a0185081_20121793.jpg
a0185081_20123409.jpg
花桃にメジロ
a0185081_20124833.jpg
コゲラに???....枯れ木
a0185081_20130111.jpg
a0185081_20131760.jpg
a0185081_20245742.jpg

そろそろ帰っちゃう皆さんです。
a0185081_20242676.jpg
a0185081_20143018.jpg
a0185081_20144599.jpg
a0185081_20150005.jpg

サンシュユとモクレン
a0185081_20170506.jpg
a0185081_20171977.jpg
a0185081_20173469.jpg

by Bluenotejoy | 2019-03-11 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
月日の経つのは早いもので東日本大震災から今日で8年です。
東北の復興が進むなか、昨年は日本全国で地震や水害が相次ぎました。
継続的な被災地支援と、いつどこで起こるかわからない災害に備えて、
いま、わたしができること、を一緒に考えてみませんか ・・・ by Yahoo!

 寄付、買う、知る、検索、は応援になる

Search for 3.11 検索は応援になる。
Yahoo! JAPANで 「3.11」 と検索してみてください。
Yahoo! JAPAN がひとりにつき10円を復興支援のために寄付します。



by Bluenotejoy | 2019-03-10 23:59 | 大震災 | Trackback | Comments(0)
花粉のせいでまったく更新モードにならない。
とは言え月初めなので頑張って見る(爆)

日曜喫茶室は、はかま満緒をマスターにして NHK-FMで放送されていたトーク番組である。
HakamaのHをNに変えた喫茶店 「なかま」 を舞台に各界を代表する著名人が来店する。
はかまとウェイトレスとご常連にふたりのゲストを迎えて5人で様々な話題を展開。
最近の流行や出来事などコーヒーを飲みながら楽しいトークを繰り広げる。

2007年4月26日 渋谷区神南のNHK放送センターにて 「日曜喫茶室」 2007年度 第7回の収録風景
a0185081_16414501.jpg

放送は毎月最終週の日曜日の12:15~14:00。
1977年4月から2017年3月まで丸40年間も続いた長寿番組であった。
しかし2016年2月放送回が録音された翌日に はかま満緒が急逝!
4月以降は翌年3月の終了まで過去放送分を編集して放送された。

オープニグ曲は「Save your kisses for me」(邦題:想い出のラスト・キッス)
先日、ポール・モーリアのアルバムを聴いていて懐かしく思い出したが、
番組ではこちら、レイモン・ルフェーブルの演奏であった。

Raymond Lefèvre - Save the kisses for me


この番組が多くの聴取者を引きつけたのは、ひとえにはかま満緒の人柄であった。
人間に対する尽きない興味や旺盛な好奇心、またそれを助ける常連客の発言が、
はかまマスターとの間でうまく噛み合って番組が進行して行く。

ご常連客は、画家の安野光雅、ジャーナリストの轡田隆史、
ドイツ文学者の池内紀、フランス文学者の荻野アンナ
はかまと安野のボケ ツッコミ、横町のご隠居的な一言居士の轡田、物静かな知識人の池内
ダジャレでその場を盛り上げる荻野アンナと、それぞれが個性を発揮していた。

はかま満緒さんは、2016年2月放送回の録音された翌日に急逝された。
2016年2月16日、東京都大田区内の自宅で倒れているところを家族が発見し急ぎ病院へ搬送したが、
同日15時55分に死亡が確認された。死因は心不全であった 78歳没。
前日は常連客が出演しない異例の放送回だったが、特に変わった様子はなかったという。
こちらが最終回となってしまった番組である。ノーカットでお聞きください。

日曜喫茶室 最終回 「没後10年 宮川泰の世界を旅する」


最後に別の演奏で番組テーマ曲をお楽しみください。
ポール・モーリア Paul Mauriat - Save the kisses for me


カラベリ Caravelli - Save Your Kisses For Me


a0185081_10372305.jpg

by Bluenotejoy | 2019-03-01 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)