ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

<   2018年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

花見帰りの社寺めぐり
まあ偶然帰り道に面していただけですけどね (*^^)v
以前にも来たことがある 「大久保神社」 です。
a0185081_09202764.jpg
a0185081_09204161.jpg

案内板の御由緒によると、
最古の資料には、承応二年(1653)本殿建立のもの思われる棟札があり、
また、天明四年(1784)の本殿再建の棟札があり、現在の本殿は
この時に造営されたものであろう、との事です。
a0185081_09212409.jpg

一間社流造 と言われる本殿はなかなかの趣がありますね。
a0185081_09325156.jpg
a0185081_09330867.jpg

流造(ながれづくり)とは、全国で最も多い神社建築様式である。
長辺側あるいは屋根の棟と平行な面に建物の出入口がある平入。
屋根が反り屋根が正面入口のほうに曲線形に長く伸びて側面から見ると前後が同じとなる。
伊勢神宮の神明造から発展したものだが、直線的な屋根ではなく優美な曲線がある。
横に並んだ柱が2本で間が1間だと「一間社流造」柱が4本あり3間だと「三間社流造」と称される。
ですと (;^ω^)

レンズを差し込んで内部を写しちゃいました m(_ _)mゴメンナサイ.
奥の方にお宝っぽい銅鏡みたいなのがありますね。
a0185081_09333585.jpg

本殿の左右には同時代造りと思われる 豊栄社本殿 と 稲荷社本殿 があります。
a0185081_09494140.jpg
a0185081_09495463.jpg

この地は古代荒川の沖積作用で形成された自然堤防だそうで、
境内は オオケヤキ を始めとする多様な植物の群落地になっているとの事。
a0185081_09503359.jpg
a0185081_09504701.jpg
a0185081_09510181.jpg

最後に境内のサクラをめでて大欅の神社をあとにしました。
a0185081_10013897.jpg
a0185081_10015447.jpg
a0185081_10020755.jpg
a0185081_10021929.jpg
a0185081_10023126.jpg
a0185081_10024353.jpg


by Bluenotejoy | 2018-03-30 17:00 | 社寺 | Trackback | Comments(0)
桜を満喫した帰り道は堰堤のデコボコ道は避けて戻る事にします。
案内板にお寺を見つけたのでまずはトイレ休憩です(笑)
a0185081_12362887.jpg
a0185081_12364327.jpg

こちらは真言宗智山派 金剛山華蔵院林光寺です。
a0185081_12371852.jpg

創建年代等は不詳ながら、鎌倉時代に本覺大師が開山、林台寺と号していたといい、
徳川家康が関東入国した天正19年(1591)には寺領10石の御朱印状を拝領、
近郷に数多くの末寺を擁していたといいます。
北足立八十八ヵ所霊場七番になっています。
a0185081_12543533.jpg

まずは仁王門の寺院を守護する金剛力士です。
a0185081_12553864.jpg
a0185081_12555214.jpg
a0185081_12560550.jpg
a0185081_12561763.jpg

とても大きくて立派な寺院です。
こちら寺のシンボルでもあったオオケヤキの跡地です。
a0185081_13452222.jpg
a0185081_13455235.jpg
a0185081_13483622.jpg
a0185081_13485507.jpg
a0185081_13490811.jpg
a0185081_13492262.jpg

境内にはさまざまな石仏が祀られています。
本堂右手に涅槃像。
a0185081_14152881.jpg
a0185081_13572925.jpg
a0185081_13574392.jpg
a0185081_13575928.jpg

こちらは千手観音像です。
a0185081_14013545.jpg
a0185081_14014978.jpg
a0185081_14020486.jpg

石仏を見ながら境内を巡ります。
a0185081_14154908.jpg
a0185081_14160262.jpg
a0185081_14161936.jpg
a0185081_14163328.jpg

a0185081_14164725.jpg
a0185081_14165968.jpg
a0185081_14171305.jpg
a0185081_14172781.jpg

ハイ! 無事に花咲く俗世に戻ってまいりました。
a0185081_14240680.jpg
a0185081_14242212.jpg
a0185081_14243636.jpg


by Bluenotejoy | 2018-03-29 17:00 | 社寺 | Trackback | Comments(0)
荒川水系の鴨川は、桶川市、さいたま市、朝霞市を流れる一級河川です。
今日はこの鴨川を北上して桜の名所 「関沼」 まで行って来ました。
a0185081_19273610.jpg
a0185081_19275017.jpg
a0185081_19280377.jpg
a0185081_19281661.jpg
a0185081_19282942.jpg
a0185081_19284239.jpg

ゆるやかなカーブが見事な景観を作り出しています。
近くでは自然を活かした灌漑事業 「関沼多自然型整備事業」 の工事が行われています。
川の水を引き込んだ灌漑池を大規模なビオトープとして整備するらしいです。
a0185081_19285546.jpg
a0185081_19292375.jpg
a0185081_19293760.jpg
a0185081_19295119.jpg

満開の桜の下で糸をたらす、何とものどかですね。
a0185081_19300503.jpg
a0185081_19302709.jpg
a0185081_19304457.jpg

相棒のチャリオをパチリンコ お疲れさん!
a0185081_19305672.jpg


by Bluenotejoy | 2018-03-28 20:01 | 草花 | Trackback | Comments(0)
そこそこ賑わう日曜日のさくら草公園です。
思った程は咲いてないね...なんて声もちらほら。
全体的にはまだ物足りない感じです。
a0185081_01383605.jpg
a0185081_01385087.jpg

ちなみに、今のソメイヨシノは東京都豊島区の「染井」と云う地で
江戸時代後期にウバヒガンとオオシマザクラの交配種として誕生したそうです。
値段が安くて成長が早いので一気に日本全国に広がったらしいです。
a0185081_01390370.jpg

何はともあれサクラ絡みの鳥を探します。
ヒヨドリばかりの中やっと見つけたのはホオジロ。
a0185081_01393466.jpg

これはダメかな?
と諦めかけた時新芽をついばむ紅男を発見!
どうやら三羽いる様です。



a0185081_09505091.jpg
a0185081_09510641.jpg

降りてきてくれました。
a0185081_09521972.jpg
a0185081_09523269.jpg
a0185081_09524665.jpg

一瞬サクラに乗るも追い切れず チャンチャン
a0185081_09534840.jpg

あとは公園の景色などご覧ください。
a0185081_10115733.jpg
a0185081_10132742.jpg
a0185081_10143849.jpg

a0185081_10154246.jpg
a0185081_10161306.jpg
a0185081_10164389.jpg


by Bluenotejoy | 2018-03-26 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
花粉情報 真っ赤っ赤!
でも桜が咲いちゃあしかたない(爆)
ちょっとだけ見に行って来ましたよ。
まずは自宅前の桜並木から出発進行!
a0185081_15131673.jpg
a0185081_15133172.jpg
a0185081_15134288.jpg
a0185081_15135440.jpg
a0185081_15140616.jpg

こちらいつもの鴻沼川です。
a0185081_15295395.jpg
a0185081_15300944.jpg

上にも下にもオレオレが。
a0185081_15303624.jpg
a0185081_15304901.jpg

木にもよりますけどまだ3分から5分程度でしょうか。
a0185081_15310324.jpg
a0185081_15312113.jpg
a0185081_15313423.jpg

そのまま さくら草公園 へ行ってみました。
a0185081_15450620.jpg
a0185081_15451964.jpg

ノウルシの絨毯から可憐な花びらをのぞかせていました。
a0185081_15455701.jpg
a0185081_15460980.jpg
a0185081_15462285.jpg

可憐なアマナも咲いています。
a0185081_15465134.jpg

ボランティアの方々の手作りですね。
a0185081_15471462.jpg
a0185081_15473949.jpg

このあと名残のベニマシコたちに出会いました。
続きはまたあした。

by Bluenotejoy | 2018-03-25 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
ホテル・カリフォルニア
言わずと知れたイーグルスの名曲ですね。
まずはこの演奏を聴いて下さい。



これはもう カメラワークも録音もプロ級ですね。
このバンド こんなクオリティで色んなアーティストのカバーをしていますよ。

イーグルスをもう一曲 「ニューキッドタウン」
New Kid in Town - Lexington Lab Band


こんな難しい曲も
スティーリー・ダン 「ペグ」です。
Peg - Lexington Lab Band


ドゥービー・ブラザーズから 「チャイナ・グローブ」 と 「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」
China Grove - Lexington Lab Band


Listen To The Music - Lexington Lab Band



レキシントン・ラボ・バンドって何者!?
腕利きたちが集まって楽しんでるって感じですね。
きっと皆さん名の通ったミュージシャンなんでしょう。
本人たちが語るバンドのコンセプトがこちらです。
偉大なアーティストの偉大な曲を完璧な映像作品に仕上げるのがネライみたいですよ。
手作り感が伝わって来る素晴らしいチームワークです。

Lexington Lab Band - The Making of a Band


もっと聴きたい方はこちらからどうぞ。
LLBの Youtube はこちら
LLBの facebook はこちら
LLBの Twitter はこちら


最後はやっぱご本家の 「ホテル・カリフォルニア」でしょう。
オリジナル音源とライブ映像をどうぞ。

Eagles - Hotel California (1976)


Eagles Hotl California live at the Capital Centre in 1977 on March 21



ホテル・カリフォルニアの作曲者 ドン・フェルダー
1947年生まれカッコイイ66歳のライブです。
ギブソンのダブルネックギターが似合いますね。
トミー・ショウやスティクスと一緒に楽しそうにやってますよ。
名曲はいつまでたっても色あせません。

Don Felder Feat. Styx- Hotel California (Live from Las Vegas 2015)


by Bluenotejoy | 2018-03-21 17:00 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(0)
2018年3月12日 ザ・ベンチャーズのリード・ギタリストだったノーキー・エドワーズ氏が亡くなった。
行年82歳、昨年12月に腰の手術を受けて以来、感染症と闘い続けてきたという。

ザ・ベンチャーズは追悼文の中で
「今朝、ノーキーが亡くなったと知り、大変なショックを受けている。
 彼は革新者で偉大なギタリストであり多くの若いプレイヤーに影響を与えた。
 彼の曲Ginza Lights(二人の銀座)はザ・ベンチャーズの日本での最初のヒット曲の1つで
 いまでも日本でスタンダードであり続けている」 と綴った。

ノーキー・エドワーズ - 二人の銀座 (2012)



1935年インディアン種族チェロキーの血を引く家系の大家族に生まれた。
幼少期からバンジョーやマンドリンなどさまざまな楽器を手にするが、
11歳の頃からギターに専念して独学で学んだと言う。
その後、ドン・ウィルソン、ボブ・ボーグルと出会いベース担当でベンチャーズに加入する。
ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)でベースを弾いているのがノーキーである。
その後ボブとパートを交代しベンチャーズの快進撃が始まるのである。

The Ventures - Walk Don't Run (1960)




The Ventures - 日本のメロディー




The Ventures - 45th Anniversary Live (2004)
久しぶりにオリジナルメンバー3人が勢揃いした素晴らしいライブです。
すでに腰を痛めているノーキーは座りながら安定した早弾きを披露してくれる。
その優れたテクニックから弾き出されるサウンドはカントリーやブルーグラスを色濃く感じさせ
若き頃に憧れたレス・ポールやチェット・アトキンスの影響が強かった事を伺がわせる。



by Bluenotejoy | 2018-03-15 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
a0185081_12565473.jpg

世の中こんな状況ではありますが・・・
ふと気がつけば庭ではキレイな花々が咲いていました(爆)

赤い椿の花言葉は、控えめな素晴らしさ、謙虚な美徳
a0185081_13123905.jpg
a0185081_13125338.jpg

白い椿の花言葉は、完全なる美しさ、至上の愛らしさ
a0185081_13130734.jpg
a0185081_13131912.jpg

クリスマスローズは、いたわり そして愛
a0185081_13181639.jpg
a0185081_13183136.jpg

沈丁花は1年中緑の葉をつけるので、不死、不滅、永遠、など
香りが長続きしたり開花期間が長いことも影響している様です。
a0185081_13232586.jpg
a0185081_13234236.jpg
a0185081_13235477.jpg
a0185081_13240889.jpg

こちら日本水仙の原種となったペーパーホワイトかも?
花言葉は、神秘
a0185081_13265890.jpg


春一番 - キャンディーズ + ハイファイセット
FMラジオ番組でのキャンディーズとハイファイセットのコラボです。
1番と2番は各々で、3番は全員で歌っています。
1977年12月18日放送「サウンドアプローチ」から。



by Bluenotejoy | 2018-03-13 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
記憶は常に時の流れと戦っています。
これは誰しも実感していることでしょう。
それでも、私たちは必ず 「3.11」 に帰る時がきます。
まだ助けを必要としている人たちはたくさんいます。

3月11日の今日、ヤフーで 「3.11」 と検索してみてください。
Yahoo! JAPANで 「3.11」 というキーワードで検索された方ひとりにつき10円が、
東北復興にたずさわる団体に寄付されます。




Yahoo!ジャパンネット募金
みちのく未来基金 ~震災遺児の進学を支援~

みちのく未来基金は、震災当時、手薄と言われていた震災遺児の高校卒業後の進学を支援するため、
2011年10月に設立された奨学基金です。
東日本大震災で両親もしくはいずれかの親を亡くした子どもを対象に、
年間一人300万円を上限として高校卒業後の学費を返済不要で給付しています。

 震災遺児に進学の夢を!

ヤフーidをお持ちならTポイントで1ptから寄付できます。
もちろん期間固定Tポイントも利用出来ますのでぜひ期限切れ前にどうぞ。

by Bluenotejoy | 2018-03-11 00:00 | 大震災 | Trackback | Comments(0)
ザ・ベンチャーズ結成50周年をテーマにした結構凝ったBGVです。
曲はベートーヴェンの交響曲第5番。

The Ventures - Beethoven Five-0h



こちらはクラッシック音楽だけで構成したベンチャーズの72年アルバム。
ギターだけでなくオーケストラを加えた異色作です。
かなりユルユルのサウンドですが当時の流行を考えると、まあこれもありかな?

The Ventures - Play the Classics JOY


  1. Beethoven's Sonata In C# Minor
  2. One Fine Day (Un Bel Di)
  3. In A Persian Market Place
  4. Swan Lake
  5. Bach's Prelude
  6. Peter and The Wolf
  7. Mozart Forty (From Mozart's 40th Symphony, 1st Movement)
  8. Joy (Jesu Joy Of Mun's Desiring)
  9. Elise (From Fur Elise)
  10. Ravel's Pavane
  11. Mozart's Minuet
  12. Melody Of Joy (From Beethoven' 9th Symphony)


最後のお耳直しに「Ventures in Space」より 心地よいスペース・サウンドをどうぞ。

The Ventures - One Step Beyond (Fear) / The Twilight Zone


by Bluenotejoy | 2018-03-05 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)