ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

<   2013年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

大晦日の鴻沼川です。
相変わらずプリンス君がまったりしています。
a0185081_15434611.jpg

と、そこへ大モノを咥えたカワセミがやって来ました。
a0185081_1544648.jpg

やーい いいだろう v^^)
これ見よがしにタタキますが、プリンス君は関心なし (^-^)
a0185081_15443150.jpg
a0185081_15444633.jpg
a0185081_1545082.jpg
a0185081_15451769.jpg
a0185081_15453195.jpg

頭が千切れる程タタいて叩いて何度もトライ!
結局大きすぎて飲み込めなかった様です。


by Bluenotejoy | 2013-12-31 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
a0185081_1450358.jpg

師走の別所沼公園です。
今日は弁天様のすす払いだったので、運良く拝観する事が出来ました。
a0185081_14505197.jpg
a0185081_1451127.jpg
a0185081_14511171.jpg

a0185081_14512326.jpg

昭和二年この島を構築した小島長次郎氏によって東京深川の洲崎神社から分祀されたとの事。
弁財天は福徳財宝の神として親しまれている七福神の女神で「妙音天」とも云われ、
その起源を遡ればインドの河川神「サラスヴァティー」であり、水辺に多く祀られている。
a0185081_14513576.jpg

蓮池のカワちゃんも大サービス!
逆光ながらすぐそこです (^o^)/
最近良く見かけるそうですよ。
a0185081_14524891.jpg
a0185081_14525878.jpg
a0185081_1453936.jpg
a0185081_1453287.jpg
a0185081_14533971.jpg



a0185081_14562758.jpg
a0185081_14563839.jpg
a0185081_1553850.jpg
a0185081_14565052.jpg
a0185081_1504261.jpg

by Bluenotejoy | 2013-12-29 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
こちらはまた手間の掛かるド級システムです。
でもアナログ再生に手間暇を惜しんではダメですよね。
それにしても見るからにイイ音がしそうです。
落ち着いた映像からも機器への愛着が伝わってきますね。





どうやらユーザーは日本の方の様ですよ。
調べて見たところこちらの takajunさん でした。
「音はmp4に変換した際にかなり悪くなってしまいました。ちょっと残念です。」
との事ですが、うーん オリジナルはさぞかしでしょう!
by Bluenotejoy | 2013-12-25 17:00 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
An Oscar Peterson Christmas 1995
ジャズ・ピアノの巨匠オスカー・ピーターソンのクリスマス・アルバムです。
リズム・セクションに加え、ギター、ヴァイブ、フリューゲルホルン
そしてストリングス・アレンジをバックに、コロコロと転がるピアノが心地よい!
時にはキャンドルの明かりだけで聴くのもイイもんですよ。



 Personel:
  Oscar Peterson (Piano)
  David Young (Bass)
  Jerry Fuller (Drums)
  Lorne Lofsky (Guitar)
  Dave Samuels (Vibraphone)
  Jack Schantz (Flugelhorn)
by Bluenotejoy | 2013-12-24 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
The Carpenters - Christmas Portrait 1978
リチャードとカレン兄妹のカーペンターズ。
カレンの透き通る歌声とリチャードの編曲の素晴らしさで
1970年代に数々の大ヒットを送り出しました。
そのカレンも1983年2月に32歳で天に召されてしまいました。


by Bluenotejoy | 2013-12-23 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
The Living Strings The Spirit of Christmas
ジョニー・ダグラス率いる 「The Living Strings」
1957年のアナログ盤の再生音です。
やっぱレコード盤はイイですね。
ゆったりとした心暖まる音色を 「針の音」 と共にお楽しみ下さい。



同じく1970年のレコードから


by Bluenotejoy | 2013-12-22 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
Smooth Jazz Christmas
スムース・ジャズを代表するアーティストたちの
クリスマス・ソングを集めたコンピレーション・アルバムです。



 Various Artists、Track listings:
  01 Lee Ritenour Have Yourself A Merry Little Christmas 00:00
  02 Patti Austin Christmas Time Is Here 03:58
  03 Will Downing I'll Be Home For Christmas 07:26
  04 Laura Fygi Sleigh Ride 11:59
  05 Joe Williams Kissing By The Mistletoe 14:45
  06 Shirley Horn Winter Wonderland 18:04
  07 Mark Whitfield Those Soulful Jingle Bells 22:13
  08 Phil Perry The Christmas Song 26:44
  09 Voyceboxing Let There Be Peace On Earth 31:04
  10 Jeff Golub Here Comes Santa Claus 36:01
  11 Russ Freeman Hark The Herald Angels Sing 40:19
  12 Antonio Carlos Jobim Looks like December 43:19
  13 Gerald Albright This Christmas 47:06
  14 Carl Anderson O Holy Night 50:34
  15 George Howard The First Noel 54:43
  16 Laima Blue Christmas 59:40
  17 David Benoit After The Snow Falls 1:03:11

スムースジャズ (smooth jazz) とは、
1980年代 アメリカのラジオ局が使い始めたフュージョン・スタイルの一つで、
特に聞き心地が良いことから、テレビやラジオのBGMとして使用されることも多い。
by Bluenotejoy | 2013-12-21 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
Sheryl Crow - Home for Christmas 2008
シェリル・クロウは、1962年米国ミズーリ州生まれの
カントリー&ウェスタン系のシンガーソングライターです。
ブルース心あふれるハスキーボイスが魅力的!
たまりませんよ v^^)


by Bluenotejoy | 2013-12-20 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
a Jolly Christmas from Frank Sinatra
古き良きアメリカを想わせる
御大シナトラのクリスマスソング集です。
そのうまさにはあらためて脱帽!
ゴージャスなクリスマスの夜が楽しめますよ。



Frank Sinatra and Bing Crosby Christmas Special 1957
ビング・クロスビーとの息のあったショーピースもどうぞ。


by Bluenotejoy | 2013-12-19 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
クリスマス集は一服して今日はオーディオネタから。
マニアのオーディオ自慢です。
さすがに垂涎モノの機器を揃えていますが、
出てくる音もこれまた期待を裏切らないものです。

アナログをデジタル変換して聴く!? なんて
邪道と言われそうですが、デジタルは送受信側次第。
注意深く作られたデジタル音からはMP4変換してもオリジナルの
素晴らしさが十分伝わって来ます。
つまり、送り出しが良ければ、受け手側装置のクオリティに準じた
音色が聴ける訳です。

聞き慣れた自宅の装置から居ながらにして 「世界の銘器」 が鳴る!
何とも贅沢な話じゃありませんか。
PCオーディオこれまた良し! 無精者にはたまりません。

喉から手が出るハイエンド機器揃いですが
今回の使用カートリッジは、サンタさんお願い!の 「Zyx Omega-G」 です。
ラピスラズリの宝玉が印象的ですね。

Take 5 / Arne Domnerus Quintet

by Bluenotejoy | 2013-12-18 17:00 | オーディオ | Trackback | Comments(0)