人気ブログランキング |
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

カテゴリ:蝶( 93 )

a0185081_09472023.jpg
a0185081_09473686.jpg
a0185081_09474890.jpg

馬に蹴られて死んじまえ!
a0185081_09480276.jpg
a0185081_09481445.jpg

こちらはヤマトシジミ(大和小灰蝶)です。
♂の翅の表面は薄い水色。
♀は褐色か濃い青がわずかに入ります。
a0185081_09490182.jpg
a0185081_09491416.jpg
a0185081_09492799.jpg

by Bluenotejoy | 2018-10-24 17:00 | | Trackback | Comments(0)
今年の関東地方は長期間に渡って秋雨前線の影響を受けています。
10月に入っても曇りや雨の日が多く記録的な日照時間不足が続いています。
スカッとした秋晴れが待ち遠しいです。
a0185081_09501640.jpg

こちらは大正初期に日本に渡来したという 「バーベナ」
その姿や雰囲気が さくら草 に似ていることから 「美女桜」とも。
やや盛を過ぎた可憐な紫の花に キアゲハ(黄揚羽蝶)がやって来ました。
a0185081_09511020.jpg
a0185081_09513066.jpg
a0185081_09514569.jpg
a0185081_09515809.jpg
a0185081_09521350.jpg
a0185081_09522763.jpg
a0185081_09524118.jpg
a0185081_09525441.jpg
a0185081_09530929.jpg

by Bluenotejoy | 2018-10-16 17:00 | | Trackback | Comments(0)
ヒヨドリが山から下りて来る頃に咲く ヒヨドリバナ(鵯花)です。
キク科の多年草で花だけ見ると フジバカマ そっくりですね。
a0185081_16573615.jpg

そんな ヒヨドリバナに タテハチョウが集まっています。
a0185081_16582548.jpg
a0185081_16584051.jpg
a0185081_16585362.jpg
a0185081_16590756.jpg
a0185081_16592041.jpg

a0185081_16595816.jpg

夢中で吸っているので至近距離で観察できました。
a0185081_17003163.jpg
a0185081_17004500.jpg
a0185081_17011006.jpg
a0185081_17012246.jpg
a0185081_17013649.jpg

by Bluenotejoy | 2018-10-10 17:00 | | Trackback | Comments(0)
ちょっぴり涼しくなったので彩湖へ行って見ました。
このくらいが普通の夏って感じですが、久しぶりなのでクラクラしました。
脱水症状でしょうか 一時的ながら1.2Kgのダイエットです(爆)
a0185081_16034908.jpg

鳥は何もいないので花壇で昆虫アラカルトです。
a0185081_16052877.jpg
a0185081_17020266.jpg
a0185081_17021634.jpg
a0185081_17022997.jpg
a0185081_17024450.jpg

a0185081_17031450.jpg
a0185081_17033215.jpg
a0185081_17034597.jpg
a0185081_17040111.jpg

a0185081_17043085.jpg
a0185081_17044989.jpg
a0185081_17050286.jpg
a0185081_17051568.jpg

a0185081_17053786.jpg
a0185081_17055086.jpg
a0185081_17060453.jpg
a0185081_17061708.jpg

by Bluenotejoy | 2018-08-19 17:30 | | Trackback | Comments(0)
庭みかんの揚羽蝶幼虫を数体保護しています。
a0185081_12413914.jpg

今朝 13日の金曜日 に羽化したジェイソン君 Σ(☆ェ◎^;)
これまでで一番小さな蛹だったんです。
多分保護したタイミングで新芽をあまり多く食べられなかったんですね。
わずか 2.7cm からどんな蝶が生まれるのか心配していたのですけど、
これがまさに手品師もビックリの折りたたみ具合だったんです。
a0185081_12310630.jpg
a0185081_12155600.jpg
a0185081_12162187.jpg

早速ユリの花に移動してもらいました。
a0185081_12170688.jpg
a0185081_12173323.jpg
a0185081_12181250.jpg
a0185081_12184458.jpg
a0185081_12191049.jpg
a0185081_12195636.jpg
a0185081_12202037.jpg

見守る事 1時間20分
立派な姿で元気に飛び立って行きましたよ。
a0185081_12204806.jpg




by Bluenotejoy | 2018-07-13 17:00 | | Trackback | Comments(0)
セセリチョウ(挵蝶)は蝶らしくない蝶です。
体は太くて頭も眼も大きいです。
翅は体のわりに小さくて前翅は三角形をしています。
触角は左右に離れていて先端は細くとがっています。
チョット見はいわゆる 「蛾」 見たいなんですよね。
でもだんぜんカワイイですけどね。
a0185081_00193243.jpg

そんなセセリたち、どうやらマメ科の クサフジ(草藤)が好きなようですよ。
こちらは キマダラセセリ(黄斑挵)です。
a0185081_00200636.jpg
a0185081_00202076.jpg

アップ顔は うさぎちゃん みたいです (*^^)v
a0185081_07321788.jpg
a0185081_07323056.jpg




こちらは チャバネセセリ(茶羽挵)です。
a0185081_00204561.jpg
a0185081_00205863.jpg
a0185081_00211190.jpg

他にも色々やって来る人気の草藤です。
クマバチ
a0185081_07325974.jpg

ダイミョウセセリ
a0185081_07331184.jpg

by Bluenotejoy | 2018-06-08 17:00 | | Trackback | Comments(0)
鳥に食べられない様にと保護したのですが、
玄関内で行方知れずとなって3週間。
すっかり忘れた頃キレイな姿になって登場しました\(^^)/
a0185081_23534317.jpg

翅を乾かすため外に出して「花と蝶」です。
a0185081_23543175.jpg

2時間後 ジキタリス から無事に飛び立ちましたとさ。
a0185081_23545729.jpg
a0185081_00134015.jpg
a0185081_23544489.jpg
a0185081_23551148.jpg

by Bluenotejoy | 2018-06-07 17:00 | | Trackback | Comments(0)
こちらも期間限定、ミドリシジミ(緑小灰蝶)が最盛期を迎えています。
そこかしこで見られますが、でも開いている子は少ないんです。
開いてこその森の宝石、そのままでは雌雄の区別もつきません。
a0185081_10320533.jpg

太陽が高くなるにつれ下草から木の上に移動してしまいますので、
朝の内の早い時間が勝負なんです。
a0185081_10325605.jpg
a0185081_10330826.jpg
a0185081_10332177.jpg

個体差でしょうか、いくら待っても開かない子は開かない!
そこで、歩き廻って開いている子を探すのが早道なんです。
a0185081_10345479.jpg
a0185081_10350885.jpg
a0185081_10352079.jpg
a0185081_10353222.jpg




まだ開いた所を見たことがない ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶)
a0185081_10374117.jpg
a0185081_10375553.jpg
a0185081_10380841.jpg

by Bluenotejoy | 2018-06-03 17:00 | | Trackback | Comments(0)
ジャコウアゲハ(麝香揚羽)が飛んでいます。
出会いを求めて「馬の鈴草」を探しているのかしら。
a0185081_13115772.jpg
a0185081_13122254.jpg
a0185081_13124824.jpg

雄の腹端からは麝香のような匂いがするそうです。
その成分は 「フェニルアセトアルデヒド」 だそうで、
蜂蜜の様な、バラの様な、甘いみずみずしい香りだそうです。
a0185081_13140361.jpg

この成分は、ヒヤシンス、アカシア、シクラメンなどのフレグランスとして
ラズベリー、アンズ、サクランボなどのフレーバー調合原料としても用いられているそうですよ。
a0185081_13151583.jpg
a0185081_13152932.jpg

でもこのまま嗅ぐのはムリだな(爆)



by Bluenotejoy | 2018-04-27 17:00 | | Trackback | Comments(0)
こちら特定外来種の アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑蝶)です。
もうお馴染みとなった地球温暖化を象徴するような蝶ですね。
a0185081_20464432.jpg

実はこの蝶、発生時期により春型と夏型で印象がかなり違うんですよ。
春型は、赤い斑紋が目立たずに全体に白っぽい感じです。
a0185081_21121609.jpg

夏型は、後翅後部に赤い斑紋があり全体は黒白のコントラストが強いです。
a0185081_21130997.jpg

改めてこの子を見てみると何か変な感じがします。
a0185081_20481106.jpg
a0185081_20483714.jpg

そう全体の印象は夏型なのに特徴的な赤い斑紋がないんです。
ひょっとして 在来種とのゴマダラチョウ亜種? なんてね。
でも後で良く見たら、何と!赤い斑紋の部分が傷んで切れちゃってるんですね。
もしかして誰かが切って放蝶したとか?
a0185081_20500754.jpg
a0185081_20502641.jpg




by Bluenotejoy | 2017-10-16 17:00 | | Trackback | Comments(0)