ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

2018年 11月 01日 ( 1 )

スズメガ(雀蛾)の多くは夜行性だが、好んで昼間に働く者もいる。
その代表が オオスカシバ と ホシホウジャクだ。
ともに所属事務所は チョウ目スズメガ科ホウジャク亜科 である(爆)
日中に活発な活動をしホバリングしながら色々な花で吸蜜する。
ハチドリを思わせる飛び姿と撮影の難易度から鳥屋さんにも人気がある。
a0185081_9214146.jpg

こちらが オオスカシバ(大透翅)
翅を広げた時の大きさは 5~7cm で存在感タップリ。
薄緑色の太い胴体に透明の翅を素早くはばたかせて直線的に飛ぶ。
腹部の中ほどに黒、赤、黄の帯模様がある。
お尻部分にはエビの尾のように見える黒い束毛がある。
凛々しい顔つきでどこかイタズラ子っぽい目付きをしています。
うん かわいい!(爆)
a0185081_11085444.jpg
a0185081_11084019.jpg
a0185081_11175687.jpg

こちらが ホシホウジャク(星蜂雀)
翅を広げた大きさは 4~5cmm と大透翅よりはやや小ぶり。
胴体も翅も茶褐色で翅が透明でない分 より蛾の印象が強い。
前翅には淡褐色の帯があり、後翅基部は黄色で腹端が黒い。
やや地味な印象だが飛んでいると後翅の黄褐色が目立つ。
エビっぽさやシャコっぽさ全開!(爆)
大透翅よりばたきが速いと思われコンデジ泣かせです。
a0185081_11582534.jpg
a0185081_11583984.jpg
a0185081_11585133.jpg
a0185081_11590484.jpg
a0185081_11591870.jpg

Lumix FZ200 の限界に挑戦(爆) ... 1/2500
こちらもやんちゃな目付きがカワイイです!
a0185081_12054535.jpg
a0185081_12083712.jpg
a0185081_12085412.jpg
a0185081_12091056.jpg

by Bluenotejoy | 2018-11-01 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)