人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 2K or 4K )

黄金週間は4K週間

いよいよ平成から令和へのバトンタッチです。
でも根っからの西暦人なので何も変わりません(爆)
人混みは嫌いなのでどこへも出かけません。
この機会に録り溜めた4K番組を一気に見ます。
黄金週間は4K週間_a0185081_13243736.jpg

と言う事で最新の4Kレコーダーを導入しました。
4K番組のHDD録画、Blue-ray保存はもとより、高精細な4Kアップコンバートが出来ます。
これまで録り溜めたハイビジョン映像を4K/HDR/60P(4:4:4)に変換してくれるんですが、
この機能がことのほか素晴らしいのでここでご紹介します。
黄金週間は4K週間_a0185081_10275946.jpg
黄金週間は4K週間_a0185081_10290947.jpg

4K-DIGAの 「4Kダイレクトクロマアップコンバート技術」とは、
一般的なアプコンとは異なり、ハイビジョンからダイレクトに4K信号へと変換する技術です。
地デジ、BS、ブルーレイなどを超解像エンジンで4K相当の映像に直接アップコンバート、
今までにない緻密で立体感のある高精細な映像に自動変換してくれます。
黄金週間は4K週間_a0185081_10284255.jpg
黄金週間は4K週間_a0185081_13260091.jpg

そんなメーカーの能書きじゃなくって、ホントはどうなの?
もとが4Kじゃないんだからそんな同じにはならないでしょう。
4Kテレビにはテレビ自体に内蔵のアプコン機能があるわけだし。

そう4K解像度のパネルに1/4の情報しかない映像を映す訳ですから
そのまま4倍に拡大するとボケボケの映像になってしまいます。
つまりアップコンバートの性能差こそ4Kテレビの価格差問題でもある訳です。
いかにうまくアプコンするか、各社の技術とコスパが試される4Kテレビです。
でも高価格4Kテレビのアプコンを超える性能がこの4K-DIGAにはあります。

同じハイビジョン番組を、4Kテレビ内蔵と4K-DIGA経由で比較するとその差は歴然!
感覚的には、4Kテレビ内蔵は 2K-->2.5K程度、4K-DIGAは 2K-->3.5K程度まで改善。
知らない人が見れば4K放送と見間違えるほどの高精細な映像が映し出されます。

この差を目の当たりにすると、もはや4Kテレビ内臓チューナーは見る気がおきません。
つまり廉価版4KテレビはPCも放送も4Kモニターとして使うのがベストなんです。

黄金週間は4K週間_a0185081_11295273.jpg

by Bluenotejoy | 2019-04-26 17:00 | オーディオ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード