ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

夏の日の思い出

a0185081_10445041.jpg

「ジーィ、ジリジリジリジリ」
アブラゼミの鳴き声が聞こえてきますね。
a0185081_10451514.jpg

木にとまったまま死んでしまったアブラゼミ
落ちていたら今頃は姿かたちなく土に還っていただろう。
ツブタケ類に寄生され12月になっても標本のように残っている。
このまま 「冬虫夏草」 になっていくのだろうか。
a0185081_10453531.jpg
a0185081_10461745.jpg

アブラゼミは北海道から九州まで広く分布する代表的なセミです。
体長はおおむね5~6センチでメスのほうが一回り大きい。
幼虫は卵から孵るとすぐに地面に潜り、木の根の樹液を吸って育ちます。
幼虫時代は6年前後、地中で脱皮を繰り返します。
羽化は日暮れからで背中から抜け殻を残して脱皮します。
羽化後の寿命は1週間程度といわれとても短いのです。
いち早く子孫を残すべく♂は懸命に鳴いているんですね。
a0185081_10464194.jpg
a0185081_10472065.jpg

by Bluenotejoy | 2016-12-09 17:00 | 昆虫 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード