ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

♪ちょうちょう ちょうちょう
 菜の葉にとまれ
 菜の葉にあいたら 桜にとまれ
 桜の花の 花から花へ
 とまれよ 遊べ 遊べよとまれ

何とも春らしくのどかな歌ですね。
でも実際には桜で遊ぶ蝶を見る事はほとんどありません。
a0185081_11330785.jpg

そこでこちら タテハチョウの仲間のキタテハ(黄立羽蝶)です。
オレンジが強いので秋型の越冬個体でしょうか。
桜の近くで観察していたら偶然?とまりました。
a0185081_11333581.jpg
a0185081_11334971.jpg
a0185081_11340225.jpg
a0185081_11342010.jpg

たまたま低い位置に桜があったからかも知れませんね、
吸収管を伸ばす様な仕草はありませんでした。
蝶は蝶でもタテハチョウではイメージが違いますけど、
いちおう 「桜と蝶」 の構図と言うことで (*^^)v
a0185081_11345348.jpg
a0185081_11350851.jpg
a0185081_11352172.jpg


by Bluenotejoy | 2017-04-28 17:00 | | Trackback | Comments(0)
こちらは ナガサキアゲハ(長崎揚羽蝶)の♂です。
先日近くのピクニックの森で合体場面を見たばかりですが、
こんな近くで見るのは初めて、大きな翅で何とも優雅に舞っています。
a0185081_13323533.jpg

盛んに吸蜜している小さな白い花は マメアサガオ(豆朝顔)ですね。
別名 ヒラミホシアサガオ(平実星朝顔)、英名はちょっと素敵な「WhiteStar」
ヒルガオ科サツマイモ属の一年草で北米産の帰化植物です。
a0185081_13331360.jpg
a0185081_13332315.jpg
a0185081_13333459.jpg
a0185081_13334458.jpg

a0185081_1333541.jpg

by Bluenotejoy | 2016-10-31 17:00 | | Trackback | Comments(0)
また虫屋に戻ります(爆)
タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科の クロコノマチョウ(黒木間蝶)です。
a0185081_23513159.jpg

前翅長32-45mmで翅の輪郭に突起が多い大型のタテハチョウです。
翅の色は明るい茶褐色から紫がかった暗褐色など個体差が多いと言います。
a0185081_23523144.jpg
a0185081_23524286.jpg

日中は薄暗い雑木林の中で枯れ草や落ち葉にとまっていて殆ど飛びません。
落ち葉と同化した姿は何とも見つけにくいです。
a0185081_23533072.jpg
a0185081_23534064.jpg
a0185081_23535018.jpg
a0185081_2354169.jpg

静止時に翅を開かないのはジャノメチョウ科の特徴らしいです。
かと言って飛んでいる姿は撮れないですし・・・
by Bluenotejoy | 2016-10-30 17:00 | | Trackback | Comments(0)
こちらは色鮮やかな ヒメアカタテハ(姫赤立羽)です。
朱色ベースに黒白紋のとてもキレイなタテハチョウですよ。
ジャガー模様の ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)に比べるとひと回り小ぶりです。
今の季節そこかしこで一斉に羽化していますね。
幼虫の食草はキク科のハハコグサ、ヨモギ、ゴボウなど。
成虫は寒さに弱いので関東圏では幼虫で越冬する様です。
a0185081_12424784.jpg
a0185081_1243265.jpg

ほとんどの蝶は雌雄の違いは外見で判るものですが、
姫赤立羽には明確な違いがなくとても判別が難しいのです。
研究されている方々のサイトの比較写真なども参考にしてみましたが、
悲しいかな自分には明らかな違いを見出すことが出来ませんでした。
なお、触角の先端が白いのはタテハチョウ科に共通する特徴です。
a0185081_1246377.jpg
a0185081_12461716.jpg
a0185081_12463368.jpg

あくまでも感覚的な見方ですが、全開した翅を見比べてみると、
♂は、前翅が尖りぎみで横にワイドな感じ。
♀は、前翅が丸みを帯び全体も丸っこい感じ。
つまり、精悍な感じが♂、ぽっちゃり気味が♀とか(爆)
a0185081_1247656.jpg
a0185081_12471940.jpg

こちらでは僅かな湿り気に集まっています。
a0185081_12492061.jpg
a0185081_12493228.jpg
a0185081_12494577.jpg
a0185081_12495774.jpg

ローマ字模様のある キタテハも飛び入りです。
a0185081_12502612.jpg
a0185081_12504011.jpg

タイトルのハーフサイダーって何?
一つの個体でオスとメス両方の特徴が明らかに混在する事をいうそうです。
雌雄モザイク、雌雄嵌合体(かんごうたい)、性的モザイクと呼ぶこともある。
by Bluenotejoy | 2016-10-20 17:00 | | Trackback | Comments(0)
まごまごしているうちにスッカリ秋めいて来ましたね。
まったく勝手なもので薄ら寒くなると蝶や飛蝗を追っていた
あのむせ返る様な草いきれが恋しくなります(爆)

こちらはモンキチョウ(紋黄蝶)です。
翅の長さはモンシロチョウと同じくらいの2~3センチ。
原っぱや公園など開けた場所で見掛ける薄黄色い蝶ですね。
幼虫は赤詰草や白詰草などのマメ科植物が大好物。
早春から晩秋まで比較的長い期間見られますよ。
a0185081_2143139.jpg

低い所を活発に飛び回り様々な花で吸蜜します。
前翅には茶色っぽい外縁があるのですが、まず留まっていると開きません。
そこで飛び立つ所を狙う訳ですが...
残念!まったく腕がついて行きませんよ。
a0185081_21433750.jpg
a0185081_21434853.jpg
a0185081_214409.jpg
a0185081_21441748.jpg

by Bluenotejoy | 2016-10-15 17:00 | | Trackback | Comments(0)
ルリタテハ(瑠璃立羽蝶)です。
他のタテハチョウと一緒に飛び交っていたのですが
これがなかなかとまらない。
やや遠いながら一度だけ開いた所を連射しました(爆)
ちょっと物足りないですがこれが精一杯でした とさ。
a0185081_2220281.jpg
a0185081_22204417.jpg
a0185081_22205973.jpg
a0185081_2221405.jpg
a0185081_22221328.jpg
a0185081_22223975.jpg
a0185081_2222515.jpg
a0185081_2223636.jpg
a0185081_2224131.jpg
a0185081_22242232.jpg
a0185081_2224578.jpg
a0185081_22251272.jpg
a0185081_22253338.jpg

by Bluenotejoy | 2016-10-12 17:00 | | Trackback | Comments(0)
本日の庭撮りから
羽化直後の アオスジアゲハ(青条揚羽)です。
黒地に鮮やかな青条が美しいスポーティな印象の揚羽蝶です。
まだ翅が乾かない様なので少し接写させてもらいました。
a0185081_1255011.jpg
a0185081_126048.jpg
a0185081_1261131.jpg

前翅長30~45ミリほどで、シーズンは5~10月、年に3、4回発生します。
翅は黒色で前翅と後翅に青緑色の帯が貫いており、この帯には鱗粉がありません。
敏捷で飛翔力が高く樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回ります。
吸水している時ぐらいしか近づいて撮ることは出来ませんね。
a0185081_1263243.jpg
a0185081_1264313.jpg

幼虫はクスノキ科(クスノキ、タブノキ、シロダモ、ヤブニッケイなど)の葉を食べます。
越冬は蛹で、他のアゲハと違って幹ではなく葉っぱで葉に似せた形状になるそうです。
a0185081_127487.jpg
a0185081_1271474.jpg
a0185081_1272536.jpg

by Bluenotejoy | 2016-10-07 17:00 | | Trackback | Comments(0)
a0185081_042237.jpg

こちら ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋)です。
都市部周辺などでは最も見掛ける機会が多い 豹紋蝶です。
元々は南方系ですが幼虫が食べるスミレ類の園芸植物から広がった様です。
こちらも地球温暖化で生息域を拡げているそうですよ。
a0185081_044630.jpg
a0185081_051734.jpg

翅の模様は雌雄でかなり違いますが、珍しく♂の方が地味目なんですね。
とは云え♂もそれなりに十分色鮮やかで目立つ存在ではあります。
a0185081_052913.jpg
a0185081_954426.jpg

こちらが♀ですね。
黒い縁取りに加えて前ばねの端の黒模様がよく目立ちます。
これは毒を持つ カバマダラ(樺斑)に擬態していると思われています。
もはや珍しくない蝶ですが、その存在感からついレンズを向けてしまいます。
a0185081_061721.jpg

こちら庭にいるのを発見した今日の幼虫です。
どこからともなくスミレの近くに移動して来ました。
派手ですけど黒とオレンジはなかなかオシャレですね。
鳥に食べられちゃうので保護して蛹になるのを見守ります。
a0185081_13161959.jpg
a0185081_1316384.jpg
a0185081_1658183.jpg

by Bluenotejoy | 2016-10-04 17:00 | | Trackback | Comments(0)
a0185081_21331241.jpg

湖畔の木影に長崎揚羽蝶のお嬢様が佇んでいます。
a0185081_21335882.jpg

その大きさは 紋黄揚羽 と並ぶ最大級で存在感があります。
またアゲハチョウ属の中では珍しく雌雄の違いがわかりやすいです。
♀は後翅の中央に白く細長い斑点が数個外向きに並び、外縁に赤い紋があります。
♂はほぼ全体が黒くて、外縁にある赤い斑点も殆ど目立ちません。
♂は黒揚羽ふう、♀は紋黄揚羽似ですが、尾状突起が無いので区別できます。
a0185081_21352097.jpg

和名の由来は、かのシーボルトが長崎で最初に採集したからだそうです。
江戸時代には九州以南に限られていた分布域はどんどん拡大し、
今では関東北部での増加が顕著で、茨城県南西部で2007年に、
2009年には福島県いわき市や宮城県名取市でも成虫が確認されています。
そこで地球温暖化の指標種としても注目されているそうですよ。
a0185081_2136954.jpg
a0185081_21362084.jpg

と、そこへ待ち人来たり!
ありゃ!
出逢った途端に即合体(爆)
a0185081_21364640.jpg
a0185081_2137270.jpg
a0185081_21371444.jpg
a0185081_21373067.jpg



by Bluenotejoy | 2016-10-02 17:00 | | Trackback | Comments(0)
a0185081_9415619.jpg
a0185081_94272.jpg

曼珠沙華 (ひがんばな)
 北原白秋 AIYANの歌 (1922) より

 ゴンシャン ゴンシャン どこへ行く
  赤いお墓の 曼珠沙華 曼珠沙華
   今日も手折りに きたわいな

 ゴンシャン ゴンシャン 何本か
  地には七本 血のやうに 血のやうに
   ちょうどあの児の 歳の数

 ゴンシャン ゴンシャン 気をつけな
  一つ摘んでも 日は真昼 日は真昼
   ひとつあとからまたひらく

 ゴンシャン ゴンシャン なし泣くろ
  いつまで取っても 曼珠沙華 曼珠沙華
   恐や赤しや まだ七つ

 注:Gonshan(ゴンシャン)というのは、柳川方言で「良家の令嬢」とのこと。

a0185081_9431858.jpg
a0185081_9432880.jpg
a0185081_94338100.jpg
a0185081_9435033.jpg
a0185081_944110.jpg
a0185081_9441193.jpg



曼珠沙華 HIGANBANA
 詩:北原白秋 曲:山田耕筰 歌:川口京子


by Bluenotejoy | 2016-10-01 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)