ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

関東地方は連日の雨、雨、雨です。
秋雨にはまだ早いですよね。
でも戻り梅雨っていうのもねぇ。
やっぱ地球は泣いているんでしょう。
懐かしい雨の曲を集めてみました。

悲しき雨音 - ザ・カスケーズ (1963)


雨 - ジリオラ・チンクエッティ (1969)


雨に濡れても - B.J.トーマス (1969)


雨をみたかい - CCR (1970)


雨の日と月曜日は - カーペンターズ (1971)


雨の御堂筋 - ザ・ベンチャーズ (1971)


レイン・レイン ポール・モーリア (1973)



雨に唄えば - ジーン・ケリー (1952)


シェルブールの雨傘 - サウンドトラック (1964)


雨の訪問者 - フランシス・レイ (1970)



そろそろ青空が恋しいですね。

いつも青空 - クリフ・リチャード (1964)


カリフォルニアの青い空 - アルバート・ハモンド (1972)


2017/08/16 NHK WEB NEWSより
 関東では7月下旬から、ぐずついた天気となる日が多くなっていて、
 このうち東京の都心では8月に入ってから16日連続で雨が降っています。
 これは、22日間連続で雨が降った40年前の昭和52年8月に次いで、
 2番目に長い記録となっています。
 この影響で日照時間も少なくなり、先月27日から15日までの日照時間は
 いずれも平年と比較して、宇都宮市で29%、東京の都心で42%、さいたま市で44%、
 千葉市で47%、前橋市で50%などと、平年の半分以下となっています。
 関東では、この先1週間程度も曇りや雨の日が多く日照時間が少ない状態が続く見込みで、
 気象庁は農作物の管理などに十分注意するよう呼びかけています。


by Bluenotejoy | 2017-08-16 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
こちら本日のカミさん撮りです。
a0185081_13573631.jpg

カワセミ沼で今年初めてのヒナが巣立ちました。
a0185081_13582810.jpg
a0185081_13585651.jpg
a0185081_13592179.jpg

超遠方なので雰囲気だけでしたが、
そのうち一羽のヒナが近くにやって来ました。
a0185081_13595355.jpg
a0185081_14001946.jpg
a0185081_14004517.jpg
a0185081_14011072.jpg

こちらは他所の子、ヘルバーさんかい?
a0185081_14013613.jpg
a0185081_14422567.jpg




by Bluenotejoy | 2017-08-13 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
この2017年4月にリリースされた Windows10 Creators Update (バージョン1703、ビルド15063)
それオレたちPCオーディオ愛好家にとって何か影響するの? というお話です。
実は Windows 10 で初めて 「USB AUDIO CLASS 2.0ドライバー」 が標準実装されたんです。

a0185081_15402677.jpg

これまで Windowsで96kHz以上に対応したいわゆる 「ハイレゾDAC」 を使用する場合は、
もれなくDACメーカーの提供する専用ドライバをインストールしなくてはなりませんでした。
つまりWindows自体にはハイレゾデータをUSB経由で出力する仕組みが無かったのです。

そんなのMacじゃとうの昔から対応してたよね。
そうなんですよ。
やっとMacと同じように専用のドライバーをインストールしなくても、
96KHz以上のUSB-DACがそのまま使えるようになったんですよ。

方向性は間違ってないのですが、要は音が良くなったのかどうかですよね。
ただ、残念なことに再生ソフトから高音質で出力できるASIOには対応していません。
WASAPI排他モードが使えるだけなのでASIOより制約が大きいんです。

そこで USB AUDIO CLASS2.0ドライバー を2種類のUSB DACを使って聴いてみました。
USB AUDIO CLASS2.0のドライバーが自動でインストールされた初期状態のままで
44.1KHz~384KHzの音源は何の問題もなくすんなり再生できました。
簡単にビット深度(16bit、24bit、32bit)が選べたりしますが、
結論から云ってしまうと音質的にはまったく優位性はありませんでした。
まあ原理的にも特別音が良くなる要素がないので当たり前ですけどね。

そんな USB AUDIO CLASS2.0ドライバーの必要性は別にしても、取り敢えずは
専用ドライバーをインストールしなくても最低限の再生はできる。
それと今後主流になる? DSD(Direct Stream Digital) の扱いはどうするの?
今後の改善に期待して まあ「概ね良好」という所にしておきましょう。

Lee Morgan The Sidewinderをテープで聴く。
ヴァン・ゲルダーの録音現場を彷彿とさせる生々しさです!



by Bluenotejoy | 2017-08-10 17:00 | PC & Windows | Trackback | Comments(0)
ぱっと見は黒い光沢のある大きな翅でひらひらと舞うチョウトンボ。
特に♂は見る角度によって美しい青~緑~紫へと変化します。
それにしても不思議な生物ですね。
蝶の様に翅に色がついていて蝶の様にひらひらと飛ぶ。
多分日本で一番美しいトンボじゃないでしょうか。
a0185081_00464711.jpg
a0185081_00470130.jpg

普段は方向感なく比較的緩やかに飛んでいるのですが、♂同士が出会うと
驚くほどの俊敏さで追い払い行動を起こします。
疲れを知らない飛び方で翅を休める事が少ないのですが、♂同士が出会わなければ
暫しの休憩タイムを撮影する事が出来ます。
a0185081_00471653.jpg
a0185081_00474886.jpg

よく見ると色のついた部分の面積には個体差がありますね。
ややイメージが似てる羽黒蜻蛉は薄暗い日陰好き、蝶蜻蛉は大のお日様好きです。
太陽に当たってこその翅色の美しさをよく知っているんですね。
a0185081_00480532.jpg
a0185081_00482080.jpg

♀は♂に比べて体全体がダークでかなり地味な印象です。
どうも♂の方が個体数が多い様で、出会い頭の追い払いが目立ちますが、
雌雄が出会うと瞬時に合体、数秒で離れると♀はすぐに水面に産卵します。
a0185081_00502870.jpg
a0185081_00504365.jpg
a0185081_00505646.jpg
a0185081_00510871.jpg




by Bluenotejoy | 2017-08-07 20:00 | 蜻蛉 | Trackback | Comments(0)
一休みしていた猛暑が復活して来ました。
島根県益田市では全国で初めて39度を超えたとか。
どうか台風5号の被害が大きくなりませんように。

こちらは ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)です。
蝶やトンボはご先祖様の魂が姿を変えた物。
羽黒蜻蛉も神聖な生き物とされ、
古来から「田んぼの神様」とも呼ばれ親しまれてきたそうです。
a0185081_19053774.jpg
a0185081_19055179.jpg
a0185081_19060487.jpg
a0185081_19061719.jpg
a0185081_19063182.jpg

日本のお盆は、仏教や神道の祖先崇拝や豊作に感謝する農耕儀礼など
古くからの様々な風習が合わさって形作られたと考えられています。
また「お盆休み」は、奉公人が主人から休暇をもらって田舎に里帰りする
「藪入り」が起源であるとか、地獄の看守も休みを取る「閻魔の賽日」が
お盆の時期だったことが影響しているという説があります。

a0185081_19065649.jpg
a0185081_19071188.jpg
a0185081_19072533.jpg


by Bluenotejoy | 2017-08-06 17:00 | 蜻蛉 | Trackback | Comments(0)
1959年、中村八大は、東宝映画 『青春を賭けろ』 の音楽監督に名乗りを上げたが、
東宝側からは翌日までにロカビリー音楽を10曲用意するように要求される。
そこで中村は放送作家の永六輔をつかまえて、自宅マンションで作業に没頭、
一昼夜の楽曲制作は、永が10曲分の歌詞を、中村が10曲分のメロディを作成し
突き合わせては訂正・校正を繰り返し楽曲を練り上げて行った。
その結果、無事10曲を作り上げ見事音楽監督の座を射止めたのであった。

a0185081_16031102.jpg

1959年8月、東宝映画 『青春を賭けろ』と 『檻の中の野郎たち』 が連続公開されたが、
後者の劇中に、ミッキー・カーチス、守屋浩、山下敬二郎が「黄昏のビギン」の原型
となった曲を歌うシーンがある。

a0185081_19133563.jpg

これに中村が手を加え同曲は水原弘のシングル 「黒い落葉」 のB面として発売される。

a0185081_19175084.jpg

発表後しばらくの間は世間の衆目を集めるには至らなかったが、キャバレーなどのマイナー
な世界では隠れた名曲として歌い継がれていたと言う。



時は流れて1991年、ちあきなおみのカバーアルバム 『すたんだーど・なんばー』 に
黄昏のビギンが収録されることとなり、アルバムの先行シングルとして単独で発売。
同年10月から半年間、京成電鉄「スカイライナー」のCMにも使用された。
翌1992年6月10日、中村八大が 満61歳で没する。
9月11日、ちあきは夫 郷鍈治の死をきっかけに表舞台から姿を消す。



1999年にはちあき版が 「ネスカフェ・プレジデント」 のCMに起用され4年のロングランとなる。
これをきかけに様々なアーティストにカバーされ文字通りのスタンダード・ナンバーになったのである。

ちなみに「ビギン」というのは仏領マルティニクのダンス音楽である。
これがパリに持ち込まれジャズのスタンダードナンバー 『ビギン・ザ・ビギン』 が誕生した。
1950年代前半のジャズブームに沸く日本でもコンサートで度々演奏され、
当時ジャズバンド『ビッグ・フォー』として一世を風靡していた中村八大も何度も演奏したと言う。

a0185081_16211439.jpg

そこで今回のイチオシはこちら。
Sumire をブラジル音楽の巨匠セルジオ・メンデスがプロデュース。
彼女の歌声をシックに表現した。






by Bluenotejoy | 2017-08-02 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
よんどころなく外に出たものの、超不快指数ハンパない!
もうその暑苦しさにやられました。
迷走台風に告ぐ! もう九州には行くな!

残念ながら訃報です。
ジャンヌ・モローさん 89歳が 2017/7/31日(現地時間)、パリの自宅でなくなった。
1950年代末からフランスで起こった映画運動ヌーベルバーグ(新しい波)の時代には、
ルイ・マルの 『死刑台のエレベーター』や『恋人たち』、フランソワ・トリュフォーの
『突然炎のごとく』などに主演し フランスを代表する名優となった。

映画 『死刑台のエレベーター』 1958年

a0185081_22310820.jpg

欲望の果てに運命を狂わせていくカップルの行く末を、洗練されたタッチで描いたクライム・サスペンス。
ヌーベルバーグの巨匠ルイ・マルが25歳の若さで手掛けた監督デビュー作で、
その斬新な演出は当時の映画界に衝撃を与えた。
主演は、フランス映画界を代表する ジャンヌ・モロー(30歳)と モーリス・ロネ(31歳)。
モダンジャズの帝王マイルス・デイヴィス(32歳)による即興演奏や、
スタイリッシュなモノクロの映像美など、今も色あせない魅力を放つ名作である。

久しぶりにBlu-rayで見ました。
モノクロ映像に溶け込むフランス語とクールなトランペットの響き。
ジュテーム(Je t'aime)
いいですね。フランス語の語感が何とも心地良いです。
当時西部劇ばかり見ていた子供心には強い印象を残しました。
その後のブリジット・バルドーより大人の色香漂う彼女が好きでした (;^ω^)

a0185081_00323834.jpg

映画『死刑台のエレベーター』予告編




銘機 Revox A77 オープン・テープでどうぞ。
特に低域などレコードにはない安定感があります。



オリジナル・アルバムはこちら。



by Bluenotejoy | 2017-08-01 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)