ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

<   2017年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ストーケロ・ローゼンバーグはオランダのジプシー・スイング系のギタリストです。
ジャンゴ・ラインハルトの流れを組む滑らかで切れ味鋭い速弾きギターが魅力です。
まずはお気に入りの一曲をお聴き下さい。
日本人好みのツボをおさえたメローディラインが素敵です。

ザ・ローゼンバーグ・トリオ
  Stochelo Rosenberg (Lead Guitar)
  Mozes Rosenberg (Rhythm & Lead Guitar)
  Joel Locher (Double Bass)

The Rosenberg Trio - For Sephora


1968年にオランダ南部ヘルモントで代々音楽を受継ぐ名門ジプシー一家に生まれる。
10歳からギターを始め、父親と叔父から手ほどきを受けジャンゴの曲を繰り返し聞き練習する。
12歳で従兄弟らと出演したオランダのTV番組のコンテストで優勝。
1989年にローゼンバーグ・トリオ「SERESTA」でデビュー。
以降、マヌーシュ・スウィングを代表するギタリストとして着々とキャリアを積んでいます。

ギターはジャンゴが愛用したセルマー・マカフェリ型のDホールとオーバル・ホール。
現在ではセルマー・マカフェリ型のギターは入手困難だそうです。

それではジプシー・スイングの楽しさ心地良さをご堪能下さい。








by Bluenotejoy | 2017-06-23 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
弱肉強食とは弱者の犠牲の上に強者が栄えること。
ササグモ(笹蜘蛛)と ヤマトシジミ(大和小灰蝶)
a0185081_10203590.jpg
a0185081_10204998.jpg
a0185081_10210299.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-22 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
こちら亀虫仲間の ヨコヅナサシガメ(横綱刺亀)です。
成虫の体長は16-24mm、名前の通りサシガメ科の中では最大級です。
a0185081_00181137.jpg
a0185081_00184292.jpg

普通の亀虫は草の汁ですが、サシガメ類は昆虫の体液を吸います。
細長い口吻を突き刺して消化酵素を送り込み、溶けた組織を吸汁すると言います。
獰猛な水棲昆虫として知られる タガメに似ていますね。
そう タガメも同じ亀虫の仲間なんですよ。
a0185081_00191157.jpg
a0185081_00192629.jpg
a0185081_00194039.jpg

怒らせると人を刺すこともあるので掴んだりはしない様にしましょう。
羽根を持っているのでそこそこの距離を飛ぶことが出来ますよ。
接写してたら嫌がって飛んでいっちゃいました (^_^;)
a0185081_00200618.jpg
a0185081_00202137.jpg
a0185081_00203704.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-21 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
時々天井から大きな蜘蛛が降りて来るんですよ。
お腹に乗られちゃうと身動きできなくなっちゃいます。
これって金縛りの一種なんでしょうかねぇ。
それとも何か良いことが下りてくる予兆なんでしょうか(笑)
a0185081_124313100.jpg

こちらは クサグモ(草蜘蛛)です。
体長はやや大柄で雄雌共に15mm程あります。
体型は、灰褐色の体全体に細かい毛が生えており、
頭胸部は楕円形で両側に濃い褐色の縦線があります。
背面には左右に数対の濃い褐色の斑紋が並びます。
a0185081_12433263.jpg
a0185081_12434495.jpg

全国に分布して市街地から山間部までごく普通に見られる種ですが、
クモらしい形であまり危険な感じや不気味さはありません。
見方によってはハエ取り蜘蛛同様ややカワイイかも(てへっ)
a0185081_1244934.jpg
a0185081_12441862.jpg
a0185081_12443153.jpg

ねえねえ 蜘蛛って昆虫じゃないの?
そう 正しくはね。
脚の数が8本なのは「節足動物」の仲間なんですよ。
詳しいことは自分で調べてね ハハ
a0185081_12445311.jpg
a0185081_124556.jpg

by Bluenotejoy | 2017-06-20 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
いつもの場所でいつもの子。
今年もツミの子育てが始まりましたよ。
a0185081_13453857.jpg
a0185081_13460580.jpg
a0185081_13463700.jpg
a0185081_13470437.jpg

何だか今年は子だくさん (^o^)丿
月初めの3羽に加えてまだ白い子が見えます。
a0185081_13474419.jpg
a0185081_13481399.jpg
a0185081_13483876.jpg
a0185081_13491012.jpg
a0185081_13495940.jpg
a0185081_13502889.jpg

近くで多数のオナガも営巣しており両者のバトルは熾烈です。
お母は近づく人間にも猛烈にアタックして来ますよ。
今日はお父の姿はなかったです。
a0185081_13505339.jpg


やや長尺ですがぜひ動画もご覧ください。



by Bluenotejoy | 2017-06-19 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
こちら今にも泣き出しそうなカワセミ広場です。
a0185081_13460707.jpg

お母さん お疲れ!
つかの間のリラックスタイムです。



a0185081_13464265.jpg
a0185081_13470848.jpg

管理人様お手入れの賜物です。
お母さんも元気印で頑張って!
a0185081_13474619.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-18 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
来月に入ってからでしょうかね。
あまりの少雨に庭の草花も泣いてます。
野菜などの生産者の方は水の管理が大変でしょうね。
カミさんの家庭菜園もキュウリやジャガイモの生育が悪いそうです。
a0185081_09491193.jpg
a0185081_09492694.jpg
a0185081_09493949.jpg
a0185081_09495162.jpg
a0185081_09500594.jpg
a0185081_09501835.jpg
a0185081_09503319.jpg

先月もあまり降らなかった印象なのでダムの貯水量を見てみました。
首都圏の水資源状況について
6/16現在の利根川水系8ダム合計貯水量は92%です。
何と何とほぼ満水状態なんですね。
昨年より多く降った雪の恩恵だそうです。
節水しつつもこのまま暑い夏を乗り切りたいものです。
a0185081_09505812.jpg
a0185081_09511295.jpg
a0185081_09512471.jpg
a0185081_09515176.jpg
a0185081_09520355.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-17 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
と言っても昆虫の世界ですよ。
ミドリシジミやセイボウ、などなど
輝くモノに目が行っちゃうんです。
a0185081_10063267.jpg

こちらお金持ちで有名なコガネムシ(黄金虫)の仲間。
いぶし銀的なヒカリモノです。
a0185081_10065929.jpg
a0185081_10071326.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-16 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
こちらは サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰蝶)です。
タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科で里山に多いそうです。
本来は日陰者の身なのですが・・・
a0185081_09542069.jpg
a0185081_09543440.jpg

前翅長は26~39mmでやや大きいかな程度。
なかなか水平開翅しないので表翅が見られません。
良く似た仲間に山間地に多い ヤマキマダラヒカゲ(山黄斑日陰蝶)がいます。
a0185081_09545451.jpg
a0185081_09550897.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-15 17:00 | | Trackback | Comments(0)
セイボウ待ちで時々やって来る子です。
ツチバチの仲間でしょうか?
カワイイ顔だなって。
ハハ 結構ハチ好きだね (^o^)
a0185081_10311978.jpg
a0185081_10313360.jpg
a0185081_10314613.jpg
a0185081_10315962.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-14 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)