ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

さてさて、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも
年末年始はビートルズ三昧と行きましょう!
毎日一曲訳詞付きでどうぞ。

The Beatles - The Long and Winding Road



1970年のアルバム「レット・イット・ビー」に収録。
作者はポール・マッカートニー。
ビートルズ最後のヒット曲といわれる。

ビートルズ解散後、ポールはソロでこの曲のスタジオ録音を2回発表している。
この曲についてポールは云う、
あの頃の僕は疲れきっていた。
どうしてもたどり着けないドア、達し難いものを歌った悲しい曲だよね。
終点に行き着くことのない道について歌ったんだ。



  長くくねった道が
  君のドアに通じてる
  いつもそこにあって
  ぼくが通るたびに
  君へと導いてくれる
  いつもそうしておくれ

  荒々しい夜に
  雨が降り続いて
  涙もたまってしまった
  泣き続けたおかげで
  ひとりぽっちはつらい
  きみのところにいきたい

  ひとりぽっちのたびに
  いつも泣いてたんだ
  いつも君を求めてた
  わかって欲しいんだ

  ぼくは戻りたいんだ
  長くてくねった道に
  ひとりぽっちはつらい
  いつまでもたえられない
  ぼくを捨てないでおくれ
  ぼくを迎えておくれ


訳詞は The Beatles' Wonder World より
by Bluenotejoy | 2016-12-31 12:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
さてさて、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも
年末年始はビートルズ三昧と行きましょう!
毎日一曲訳詞付きでどうぞ。

The Beatles - Eleanor Rigby



ビートルズが1966年にリリースした13枚目のオリジナル・シングル。
作ったのは主にポール・マッカートニー。
クラシック調で歌いたいという彼の希望からリンゴは加わっていない。

身寄りのない老女と、誰からも相手にされない神父の物語的な曲。
悲劇的というか何とも寂しい内容ですね。

ホワイトハウスで唄うポールです。




  ほら あの孤独な人たちをみてごらんよ
  あの孤独な人たちを…

  エリナー・リグビーは米粒を拾ってる
  結婚式が終わったばかりの教会でね

  夢のなかに生きて
  窓辺で何かを待っているんだ
  戸口の壷にしまってある顔をまとって
  一体誰を待っているのか

  あの孤独な人たち全て
  一体どこから来たんだろう
  あの孤独な人たちは皆
  どこに身寄りがあるっていうんだい?

  神父様のマッケンジーは文章を書いている
  誰も聴こうともしないような説教の文章をね
  誰も近くには寄って来ない
  彼が働いているのを見てご覧よ 靴下を縫い繕っている
  誰もいない夜に

  何が気になるっていうんだろう
  あの孤独な人たち全て
  一体どこから来たんだろう
  あの孤独な人たちは皆
  どこに身寄りがあるっていうんだい?

  ほら あの孤独な人たちを見てご覧よ
  あの孤独な人たちを…

  エリナー・リグビーは教会で死んだ
  彼女の名前も一緒くたに埋めてしまったんだ
  誰も参列しなかった
  神父様のマッケンジーは 手についた泥を拭いながら
  墓地から歩いて戻って来た

  誰も救われたりはしなかった
  あの孤独な人たち全て
  一体どこからきたんだろう
  あの孤独な人たち皆
  一体どこに身寄りがあるっていうんだろう


訳詞は 洋蟻の洋楽和訳日記 より
by Bluenotejoy | 2016-12-30 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
さてさて、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも
年末年始はビートルズ三昧と行きましょう!
毎日一曲訳詞付きでどうぞ。

The Beatles - Drive my Car



この曲は1965年10月13日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
1965年にリリースされた6枚目のアルバム「ラバー・ソウル」のオープニング曲である。
おもにポールが作曲して歌詞の一部をジョンからアドバイスを受けている。
まずリズム・トラックが4テイク録音され、ベストと判断された第4テイクに様々なオーバーダブを加える。
ギターソロの後半ではボトルネックを使用したスライド奏法が使用されている。



  僕は彼女に聞いた
  何になりたいんだい?

  彼女は言うんだ
  あらわからない?
  あたしは有名な映画スターになりたいの
  あなたにだって、できることはあるのよ
  あなた、あたしの運転手になりなさい

  そう あたしはスターになってみせるわ
  だから、あたしの運転手になってみなさいよ
  ついでに、恋人になってもいいのよ?

  僕は彼女に言った
  オーライさ、おかまいなく

  彼女は言った
  そんなことわかってるわよ
  お駄賃の為に蟻みたいに働くのも結構だけど
  もっといい人生を教えてあげるわ

訳詞は 洋蟻の洋楽和訳日記 より


ビートルズのカヴァーが難しいのは、オリジナル通リではとても彼らにかなわない。
かといってアレンジが過ぎるとつまらなくなる。
オーストリアで活動している双子デュオ 「モナリザ・ツインズ」 は
60年代アーティストを中心にビートルズも多数カヴァーしている。
この曲は思いのほか優れた結果をもたらしている様に感じられるが・・・




by Bluenotejoy | 2016-12-29 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
さてさて、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも
年末年始はビートルズ三昧と行きましょう!
毎日一曲訳詞付きでどうぞ。

The Beatles - We Can Work it Out



1965年12月3日リリースの英国で11枚目のオリジナルシングル。
ジョンとポールの共同作だ。
発売はデイ・トリッパーと初の両A面シングル盤だった。

この曲は1965年10月20日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッション中であったが、
オリジナルアルバムには未収録である。

リズムトラックは2テイクで終了し、第2テイクにジョンとポールがヴォーカルを録音。
ジョンがハーモニウムをオーバーダブしている。
そして1965年10月29日、同スタジオで追加ボーカルをオーバーダブしてこの曲は完成した。
途中で三拍子になるワルツ風のアレンジはジョージのアイデアである。

当時の邦題は「恋を抱きしめよう」

  考えてごらんよ
  どうせ同じなんだから ぼくの通りにやれよ
  意地を張るなよ
  じゃないとぼくらは ばらばらになるよ
  きっとうまくいくさ
  きっとうまくいくとも

  何を考えてる
  君の考えがうまく いくとは限らないよ
  ぼくの通りにやれよ
  きっとうまくいくさ
  でなけりゃ おさらばしてもいい
  きっとうまくいくさ
  きっとうまくいくとも

  人生なんてとっても 短いものさ
  つまらないことに こだわるなよ
  ぼくはいつも 感じていたんだ
  だからもう一度 いうよ

  考えてごらんよ
  ぼくのいうことが ほんとかどうか
  ためしてみようよ
  ぼくらがもういちど やり直せるかどうか
  きっとうまくいくよ
  きっとうまくいくよ
  きっとうまくいくとも

訳詞は The Beatles' Wonder World より


女性アーティストのフルカバーをどうぞ。
エイミー・スラッテリー 1981年8月18日 カナダ トロント生まれ
その演奏や美貌はもとよりマニアックな部屋の様子が気になるぞ(爆)




by Bluenotejoy | 2016-12-28 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
さてさて、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも
年末年始はビートルズ三昧と行きましょう!
毎日一曲訳詞付きでどうぞ。

The Beatles - Day Tripper



1965年、We Can Work It Out とダブルでリリースされた曲。
レノンとポールの合作。ヴォーカルも二人で勤めている。
ギター・リフが印象的だがミストーンや音のかすれが見られる。
ジョージがひとりで担当する部分では、四分の四拍子をかなり無視してフライングぎみ、
ドラムスとリズムギターが一緒になると正常な四分の四拍子に戻る。


演奏録りの別テイクが面白いです。




オーバー・ダビングを含めたそれぞれのパートを見て下さい。




歌詞の内容は様々に受け取れる。
DAY TRIPPER(日帰り旅行客)をドラッグでトリップする人という解釈も出来る。
ジョンは「若い人たちが聴けば、そうだって分かるフレーズが隠されている」と語っているが、
ここでは DAY TRIPPER を「浮気な女」として訳している。

  見つけたぜ 手を引く口実を
  見つけたんだ あいつとはもうおさらばだ

  あいつはデイ・トリッパー 尻軽女さ
  だまされてたんだ ぼくは 馬鹿だったよ

  もったいぶってさ ちゃんとやらしてくれないんだ
  もったいぶってさ ぼくをいらいらさせるばかり

  あいつはデイ・トリッパー 尻軽女さ
  だまされてたんだ ぼくは 馬鹿だったよ

  夢中だったよ でも もてあそばれてるだけ
  夢中だったのに あいつはぼくをこけにしたんだ

  あいつはデイ・トリッパー 尻軽女さ
  だまされてたんだ ぼくは 馬鹿だったよ


訳詞は The Beatles' Wonder World より
by Bluenotejoy | 2016-12-27 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
さてさて、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも
年末年始はビートルズ三昧と行きましょう!
毎日一曲訳詞付きでどうぞ。

The Beatles I Feel Fine



1964年にリリースされたビートルズの8枚目のシングルアルバム。
実質的にはジョンの作品でリードボーカルもジョンです。

なんと言ってもイントロのフィードバック(ハウリング)が印象的ですね。
リハーサルの時にアンプに立てかけてあったジョンの「ギブソン・J-160E」が偶然ハウリング
ポールが弾くベースの「ヘフナー・500-1」に共鳴したんですね。
実際の録音では、ジョンのギターを5弦開放した状態でポールがベースを3弦開放でピッキング、
ジョンがそのままヴォックス・アンプに近づく、という方法でこの音を出しているそうです。

そしてジョンが弾く印象的なフレーズが全編にわたって曲をリードしていきますが、
これはコードを押さえたまま小指を動かして複弦を弾いています。
歌に入ると、ジョージが似たようなフレーズを単弦で続けていきます。
これらにからむリンゴの小気味いいドラミングも光ります。




  あの子はこういうんだ ぼくが
  とてもとてもとても すきだって
  そういうんだ
  こまっちゃたけど アイ・フィール・ファイン

  あなたがほんとにすきよ なんて
  あの子は いつもいつもいつも
  そういうんだ
  こまっちゃたけど アイ・フィール・ファイン

  うれしいなんて 言葉じゃあらわせない
  あの子のほうも 有頂天だってさ

  だってぼくが 欲しいものを
  ダイアの指輪だって 買ってあげる
  そういうんだ
  あの子に愛されてる アイ・フィール・ファイン

  あなたがほんとにすきよ なんて
  あの子は いつもいつもいつも
  そういうんだ
  こまっちゃたけど アイ・フィール・ファイン

  うれしいなんて 言葉じゃあらわせない
  あの子のほうも 有頂天だってさ

  だってぼくが 欲しいものを
  ダイアの指輪だって 買ってあげる
  そういうんだ
  あの子に愛されてる アイ・フィール・ファイン
  あの子に愛されてる アイ・フィール・ファイン


訳詞は The Beatles' Wonder World より
by Bluenotejoy | 2016-12-26 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

さてさて、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお爺ちゃんもお婆ちゃんも
年末年始はビートルズ三昧と行きましょう!
毎日一曲訳詞付きでどうぞ。

The Beatles - Hello, Goodbye ハロー・グッドバイ



1967年11月に発表された16枚目のオリジナル・シングル曲である。
レノン=マッカートニー作品だが実質的にはポールが作った。
テレビ映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の先行シングル曲として発表されたが、
実際にはエンディングの部分が使用されたのみだった。
2002年にポールが来日公演した際には1曲目に演奏された。

このプロモーション・ビデオはポール自身の監督によって製作された。
『サージェント・ペパー』のジャケット衣装を着てサイケデリックな雰囲気で演奏しているが、
マイクスタンドもなく明らかな口パク収録である。
リリース当時のイギリスではミュージシャンズ・ユニオンの規定でテレビ番組での口パクが
禁じられており、このプロモ映像は当時の英国のテレビ局では全く放送されなかった。


  君とぼくとじゃ
  いってることが正反対
  オー ノー
  君はさよならといい
  ぼくはハロー
  どうしてそうなんだい
  ばくはいう
  ハロー ハロー
  なのに君はさようならかい
  困ったね

  君とぼくとじゃ 
  どうしてこう正反対なのかい
  オー ノー
  君はさよならといい
  ぼくはハロー
  どうしてそうなんだい
  ばくはいう
  ハロー ハロー
  なのに君はさようならかい
  困ったね

  どうして どうして どうして
  さよならなんだよ
  さようなら なら なら なんだよ

  オー ノー
  君とぼくとじゃ 
  どうしてこう正反対なのかい
  オー ノー
  君はさよならといい
  ぼくはハロー
  どうしてそうなんだい
  ばくはいう
  ハロー ハロー
  なのに君はさようならかい
  困ったね


訳詞は The Beatles' Wonder World より


by Bluenotejoy | 2016-12-25 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
今年のクリスマス・イヴはナット・キング・コールの心温まる歌声でお過ごし下さい。

ナット・キング・コール(Nat King Cole) 1919年-1965年
本名は、ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)、「キング」は愛称。

1930年代から傑出したジャズ・ピアニストとして活躍していたナット・キング・コールは、
艶のある声を買われて歌手としても活動するに至った。
50年代以降はポピュラー界に軸足を移し白人からも支持されいて “キング” の愛称を得た。
テレビにも多く出演し広く大衆的な人気を得たコールは “白い黒人” とも呼ばれた。
そのふくよかな低音は世界中の音楽ファンを魅了していくが、そんな中、まだ絶頂時の
1965年2月15日、肺ガンにより45歳でその生涯を閉じてしまう。
前の年にリリースされた「L-O-V-E」が生前最後の大ヒット曲となった。
ラヴ、それは君に捧げるすべて。



 1. 00:00 Unforgettable
 2. 03:27 LOVE
 3. 05:59 Too young
 4. 09:23 Autumn leaves
 5. 12:03 Quizás, quizás, quizás
 6. 14:48 Tenderly
 7. 17:45 The Christmas Song
 8. 20:54 Fascination
 9. 23:22 Love is a many splendored thing
10. 26:02 People
11. 28:38 Arrividerci Roma
12. 31:23 In the good old summer time
13. 32:54 When you're smiling
14. 35:36 Fly me to the moon
15. 38:07 Nature boy
16. 42:01 Smile
17. 44:54 Pretend
18. 47:38 When I fall in love
19. 50:48 Those lazy hazy crazy days of summer
20. 53:12 Let's fall in love

アンフォゲッタブル Unforgettable
ナット・キング・コールの死後、娘のナタリーコールが、オーバーダビングによる
父の歌声とのデュエット版を1991年にリリース。


by Bluenotejoy | 2016-12-24 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
さてさて早いもので明日はもうクリスマス・イヴ。
年内の更新はこれにてお開きにさせて頂きます。
年末年始は予約投稿の音楽三昧でお楽しみ下さいね。
それでは皆々様よいお年をお迎え下さい。
a0185081_1027498.jpg

日本には鳥類が550種以上生息しているが、そのうちの28種が狩猟鳥獣に指定されている。
鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の第二条第三項に基く狩猟鳥獣です。
カモ類は11種類が狩猟してもいいそうですよ。

 マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ヨシガモ、ハシビロガモ
 ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ

この池にいる鴨たちは概ねすべてが対象になっちゃいますね。
捕獲制限としてはカモ類の合計は1日5羽まで。
網猟においては狩猟期間を通じてカモ類の合計は200羽まで。
a0185081_10274557.jpg
a0185081_10275532.jpg
a0185081_1028682.jpg
a0185081_10281753.jpg
a0185081_10282623.jpg

ちなみにその他の17種は以下です。

 エゾライチョウ、ヤマドリ、キジ、コジュケイ
 スズメ、ニュウナイスズメ、ヒヨドリ、ムクドリ
 カラス(ハジボソ、ハシブト、ミヤマ)
 タシギ、ヤマシギ、キジバト、ゴイサギ、バン、カワウ

あれあれ この子も! あの子も!
どうやって選んでるんだろ。
何だか色々と驚きです。
by Bluenotejoy | 2016-12-23 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
こちらメタセコイア散る初冬の公園です。
このワンショットで見失ってしまいました。
a0185081_13552372.jpg
a0185081_13553445.jpg

by Bluenotejoy | 2016-12-22 17:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)