ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

雨がやんだのでちょこっと雛たちの様子を見てきました。
雛は2羽、巣穴近くの通路を挟んだ場所に分かれていました。
親も近くにいるはずですが見つかりません。
Cマンは比較的少なく大砲は10台ほどでしょうか。
双眼鏡だけのウォッチャーが多かったです。
森も通路も冠水して長靴じゃないと奥まで入れません。
条件が悪いので皆さんそこそこで引き上げてました。
僅かな晴れ間だった様で帰りは強風+雨でシビレました。
a0185081_208353.jpg
a0185081_208138.jpg
a0185081_2082480.jpg

by Bluenotejoy | 2011-05-30 20:09 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
a0185081_1257199.jpg

秋が瀬のフクロウ二番子です。
前回撮影時は単独の立ち寄りだと思っていたのですが、
その時点ですでに近くのほこらで子育てを始めていた様です。
事情通によるとこの森での営巣は20年ぶりだとか。
雛が孵ってからは連日大勢のカメラマンを引き付けていた様でしたが
無事に育つまではとの思いから敢えて見に行きませんでした。
先日遂に巣穴から出たと聞き2週間振りに行って見ました。
どうやら3兄弟らしいのですが、出会ったのは二番子のみ。
一番子は木から落ちて草むらの中、三番子はまだ巣穴の中との事。
きっと近くでハラハラしているであろう親鳥は見られませんでした。




見通しの良い柳の枝にまるでぬいぐるみでも置いたかの様です。
連日100人を超えるCマンが集まっている様ですが、通路側の
抜けた場所なので混乱もなくうまく撮影出来ている様でした。
あとは親子共々無事に旅だってくれる事を祈るばかりですね。
a0185081_12573767.jpg
a0185081_12574759.jpg
a0185081_12575834.jpg
a0185081_1258978.jpg
a0185081_1258215.jpg
a0185081_12583243.jpg
a0185081_12584439.jpg
a0185081_12585437.jpg
a0185081_1259557.jpg
a0185081_12591695.jpg
a0185081_12592795.jpg
a0185081_1259382.jpg
a0185081_12595035.jpg
a0185081_130217.jpg
a0185081_1301127.jpg

by Bluenotejoy | 2011-05-29 13:13 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
a0185081_15351760.jpg

今にも泣き出しそうな新開田んぼです。
コチドリ夫婦は順調に抱卵していますが、
すぐ近くで今回はヒバリご夫妻です。
子孫繁栄、家内安全 v^^) SS上がらず (^_-;)
a0185081_15361452.jpg
a0185081_15362457.jpg
a0185081_15363552.jpg
a0185081_15364487.jpg

a0185081_15423498.jpg

by Bluenotejoy | 2011-05-27 15:37 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
by Bluenotejoy | 2011-05-26 17:51 | Trackback | Comments(2)
雨上がりの田んぼです。
いつもの所で草刈りが行われていました。
セッカやヒバリが営巣している場所です。
巣を追われた鳥達の鳴き声が悲しそうです。
a0185081_17472111.jpg
a0185081_17473344.jpg
a0185081_17474399.jpg
a0185081_17475216.jpg

河川敷の草刈りには様々な目的があるそうで、堤防等の損傷点検の他に、
ごみ不法投棄の温床防止やセイタカアワダチソウなどの難防除草種の駆除、
特に田んぼ周辺ではカメムシなどの害虫発生防止が重要との事。
でも状況を見ながら、せめて鳥達が巣立ってからと思うのですが、
お役所仕事に臨機応変な対応を望むのは無理と云うものでしょうか。
a0185081_17481121.jpg
a0185081_17481941.jpg
a0185081_17482751.jpg

by Bluenotejoy | 2011-05-24 17:50 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
初夏を思わせる陽気の中、宗岡の荒川取水堰に行ってみました。
今年も同じ場所で「ササゴイ」が待ち伏せ漁をしていましたよ。
「ささ」は小さいものの接頭語、小型の五位鷺なので笹五位。
羽縁をクマザサの冬枯れ葉に見立てたとも。
a0185081_14321478.jpg

それにしても跳ね上がる魚を根気良く待つ姿は真剣そのもの。
見事な一瞬の早業は見ていて飽きませんね。
a0185081_14323476.jpg
a0185081_14324736.jpg
a0185081_14325735.jpg
a0185081_1433682.jpg
a0185081_14331796.jpg

川の中では「カワウ」が大物を奪い合っていました。
a0185081_14334351.jpg
a0185081_14335356.jpg
a0185081_1434213.jpg

by Bluenotejoy | 2011-05-23 14:34 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
前回のコチドリ夫婦です。
そろそろ抱卵してるかな?
a0185081_19594078.jpg

そーっと覗いて見ると・・・
ありゃりゃ まだこれからだったのね!
a0185081_200087.jpg
a0185081_200108.jpg
a0185081_2002098.jpg
a0185081_2002919.jpg
a0185081_2003893.jpg
a0185081_2004758.jpg
a0185081_2005620.jpg

by Bluenotejoy | 2011-05-21 20:02 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)
a0185081_2072376.jpg

「ヒーヒーヒーヒー、チュチュンチュチュン」
元気に飛び回る「セッカ」(雪加)です。
東北南部以南の全国で繁殖するウグイス科の留鳥。
冬は暖かい所へ行ってしまうので漂鳥ですね。
a0185081_2075215.jpg

名前の由来は、巣材のチガヤの白い穂を雪に見立て
それを咥えて飛ぶ姿からが有力だそうですよ。
草の茎にチガヤの穂をクモの糸でからめて巣を作ります。
綿菓子の様に丸めた穂を口の周り一杯にして戻ってきます。
巣の近くに一旦留まり周囲を見回してから草の中へ入ります。
少し離れた場所から飛び出すまでの数分間。
巣作りに懸命なカワユイ姿が目に浮かびます。
a0185081_2081349.jpg
a0185081_2082246.jpg
a0185081_2083334.jpg
a0185081_2084242.jpg
a0185081_2085396.jpg
a0185081_209135.jpg

by Bluenotejoy | 2011-05-19 20:10 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
a0185081_2049983.jpg
a0185081_20492040.jpg

桜区役所近く鴨川堤の内側にある新開(シビラキ)田んぼです。
狭面積なのに2本の電波塔(テレビ埼玉とNHK-FM)が建っています。
a0185081_20503546.jpg

千羽もの大群を作るので「千鳥」
チドリ科の中でも最小なので「コチドリ」
「Little Ringed」ハッキリしたアイリングが特徴ですね。
小石の混じる砂地に浅いくぼみ作って産卵。
雛を守るため千鳥足の疑傷行動をするらしいです。
この地で営巣すれば近々見られるかも?
a0185081_20511736.jpg
a0185081_20512827.jpg
a0185081_20513726.jpg
a0185081_20514660.jpg
a0185081_20515486.jpg
a0185081_2052775.jpg
a0185081_20521734.jpg

危険を感じると身を伏せる!
時々上目遣いで上空を確認しています。
a0185081_20524126.jpg
a0185081_2052499.jpg
a0185081_2053129.jpg

1号機が不調のため今回は新しい2号機を使いました。
逆光位置ながら動画の露出補正がうまく効かない感じ。
しゃがみ込んだ低位置なので水面の反射が強すぎたのか、
腕の問題もあるがカメラにもエージングなる慣らし運転が必要なのかも。

by Bluenotejoy | 2011-05-17 20:56 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
大久保農耕地へ向かう途中の秋が瀬の土手上です。
田んぼを見下ろすとキジのペアが寛いでいます。
チャリを駐めて気付かれない様に土手を降りました。
遠目ながら少し撮ると草の中へ入ってしまいました。
a0185081_17412353.jpg
a0185081_17413472.jpg
a0185081_17414667.jpg
a0185081_17415939.jpg

暫く待っても出てこないので近づいて覗いてみると・・・
「バタバタ」っと、いきなり♂が飛び出しました。
しかし飛び去る事なくほんの数メートル先に着地。
あまりの近さにこちらがビックリ!です。
いつもの屈んだ姿勢ではなく胸を張った凛々しいお姿!
体を張って「ここから先は通さんぜよ!」みたいな
そのまま逃げる気配もなく留まっています。
フレームからはみ出してしまうので少し後退。
a0185081_17423160.jpg
a0185081_17424329.jpg

時々こちらを威嚇する鋭い?視線・・・正面顔って面白い!
こんな近くでキジを見るのは初めて。
a0185081_17431763.jpg
a0185081_174327100.jpg

動画も撮ったので後ずさりしながら徐々に撤収。
やっと安心したのか畦道を遠ざかり始めましたが、
やおら幌打ち一発!「クェークェー、バタバタバタ」
その途端これが合図でもあったかの様に草むらから♀が大きく飛翔!
一瞬にして♂も後を追う何とも機敏な早業!
どうやら注意を自分に向けさせて♀をかばっていた様です。
チョット驚ろかしちゃったけど勇敢なキジ男の一面が見られました。
a0185081_17433989.jpg
a0185081_174349100.jpg
a0185081_174435.jpg


by Bluenotejoy | 2011-05-14 17:56 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)