ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

カテゴリ:草花( 83 )

来月に入ってからでしょうかね。
あまりの少雨に庭の草花も泣いてます。
野菜などの生産者の方は水の管理が大変でしょうね。
カミさんの家庭菜園もキュウリやジャガイモの生育が悪いそうです。
a0185081_09491193.jpg
a0185081_09492694.jpg
a0185081_09493949.jpg
a0185081_09495162.jpg
a0185081_09500594.jpg
a0185081_09501835.jpg
a0185081_09503319.jpg

先月もあまり降らなかった印象なのでダムの貯水量を見てみました。
首都圏の水資源状況について
6/16現在の利根川水系8ダム合計貯水量は92%です。
何と何とほぼ満水状態なんですね。
昨年より多く降った雪の恩恵だそうです。
節水しつつもこのまま暑い夏を乗り切りたいものです。
a0185081_09505812.jpg
a0185081_09511295.jpg
a0185081_09512471.jpg
a0185081_09515176.jpg
a0185081_09520355.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-17 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
かっては美しい四季があった日本。
今では長い夏と年々暖かくなる短い冬の二季になってしまった様です。
a0185081_09311544.jpg
a0185081_09312834.jpg

風薫る五月はどこへ行ってしまったやら。
異常気象が日常になりつつある事を実感する日々でもあります。
a0185081_09314755.jpg
a0185081_09320199.jpg

今年も短い春が終わり夏がやって来ました。
暑いくらいの風に桜は散り木々の緑が一気に増して来ましたね。
a0185081_09321505.jpg
a0185081_09323883.jpg

こちらは秋ヶ瀬への道すがら
撮っておかねば! 名残の桜です。(4/13撮り)
鴻沼川 「緑の遊歩道」~ 新開田んぼ 「鴨川堤桜通り公園」~ 秋ヶ瀬へと続く桜街道です。
a0185081_09325340.jpg
a0185081_09330582.jpg
a0185081_09331914.jpg
a0185081_09333525.jpg
a0185081_09334927.jpg
a0185081_09340263.jpg
a0185081_09341470.jpg
a0185081_09342787.jpg

はい 秋ヶ瀬公園 「子供の森」 とおちゃこ。
a0185081_09344163.jpg


by Bluenotejoy | 2017-04-17 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
今日は朝から冷たい雨になっています。
どうも今年のご当地桜は天候に恵まれなかったです。
昨日は久し振りの雨間にて花曇りぎみながら隣町まで出掛けて来ました。
a0185081_19523889.jpg
a0185081_19534329.jpg
a0185081_19535723.jpg
a0185081_19541624.jpg
a0185081_19543034.jpg
a0185081_19545356.jpg
a0185081_20004578.jpg

すでに満開時は過ぎてしまっている様です。
ちりぬるをわか 気味になっている木が多かったです。
a0185081_19550970.jpg
a0185081_19553963.jpg
a0185081_19555824.jpg

まだいた ヒドリガモ(緋鳥鴨)にモデルをお願いしました。
a0185081_19571265.jpg
a0185081_19572647.jpg
a0185081_19574194.jpg
a0185081_19575783.jpg
a0185081_19581716.jpg
a0185081_19583017.jpg

桜越しに新幹線を撮り鉄
a0185081_20233334.jpg
a0185081_20234957.jpg
a0185081_20240517.jpg

実は桜を見に行った訳ではないのですが、待ち鳥来たらず。
図らずもイイお花見になった訳です えへ(^_^;)
これにて本年は「打ち止め~ぇ」
a0185081_20245951.jpg
a0185081_19585110.jpg


by Bluenotejoy | 2017-04-11 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
a0185081_17352495.jpg

 「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」

a0185081_17362294.jpg

古今和歌集に収められた 在原業平 の歌です。
  もしも桜がなかったら・・・
  いつ咲くのだろうか、雨風で散ってしまわないだろうか、
  などと心を乱されることもなく春をのどかに過ごせるだろうに

a0185081_17364119.jpg
a0185081_17365671.jpg
a0185081_17371029.jpg

桜を愛でる野鳥たちです。
梅次郎 改め 桜目治郎
a0185081_17373746.jpg

帰ってきた4月バカ
a0185081_17375039.jpg
a0185081_17380690.jpg

こちらは山桜です。
a0185081_17384108.jpg
a0185081_17385682.jpg

清楚な白い山桜ですが鳥には人気がないようです。
a0185081_10172022.jpg

こちらは さくら草まつり’17 が近づく さくら草公園です。
a0185081_12462364.jpg

「あれえ? どこどこ?」
可憐なサクラソウはノウルシとのせめぎ合いには完敗ですね。
a0185081_12465195.jpg
a0185081_12470571.jpg
a0185081_12471895.jpg



by Bluenotejoy | 2017-04-01 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
春の足音がドンドン大きくなって来ましたね。
そんな花便りを探して見ましたよ。
まずは森の奥でひっそりと咲くヤマザクラ(山桜)です。
a0185081_19143379.jpg
a0185081_19144598.jpg
a0185081_19145945.jpg

さらにその奥で密やかに咲くコブシ(辛夷)
a0185081_19153780.jpg
a0185081_19155011.jpg
a0185081_19160422.jpg

こちらは磁石の木 モクレン(木蓮)です。
白木蓮の花弁は太陽の光を浴びる南側が膨らみます。
そこで北側の花弁との間に伸び率の差が生じて蕾は北側を指すのです。
a0185081_19163919.jpg
a0185081_19165328.jpg
a0185081_19170749.jpg

染井吉野はホンの一部がまだこんな感じです。
a0185081_19173227.jpg
a0185081_19174524.jpg

こちらは越年草のムラサキケマン(紫華鬘)です。
a0185081_19313278.jpg
a0185081_19314653.jpg

おしまいは「元気が出る黄色」の芥子菜です。
a0185081_19385725.jpg
a0185081_19383972.jpg


by Bluenotejoy | 2017-03-29 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
遂に本格的な花粉飛散が始まっちまいました(泣)
少し慣れるまでは暫し不要不急な外出は控えつつ、
ボチボチ行きますね。

8週間で効果あり! とうたう
アレルケア 「L-92乳酸菌」 を飲んでいるのですが・・・
微かに期待しつつそろそろ1ヶ月
やっぱそんな甘くはないかな?
でも薬飲むよりは体にやさしそう。
なんたって腸内環境はバッチリですからね。
一応宣伝しときますね(笑)
a0185081_09212080.jpg


草焼き跡のさくら草自生地です。
ふきのとうやらツクシん子が...
早くも春の息吹が芽生えていました。(2/22)
a0185081_22164716.jpg
a0185081_22170542.jpg
a0185081_22171940.jpg


by Bluenotejoy | 2017-02-23 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)

本日は『節分』ですね。
「1月は行く、2月は逃げる」と言われますが、本当に早いものです。
「季節を分ける」のが節分なら 「立春」 「立夏」 「立秋」 「立冬」
の前日はいずれも「節分」ですね。
とは云え、古くは立春を1年の始まりとしていたため、立春の前日は
特別で大晦日と同じように考えられていた様です。

「節分」の夜に吉神がいる方位である「恵方」を向いて「恵方巻」を
無言で丸かじりすると幸せが訪れるといいます。
巻寿司は「福を巻き込む」とされ「縁を切らない」ために包丁を入れず、
まるごと食べるのが良いとされています。
今年の恵方は North by Northwest 『北北西に進路を取れ』です。

『雪中四友』とはなかなか粋な言葉ですね。
初春の画題となる花「雪中四友」
寒さに咲く四種の花トモですね。
茶梅(山茶花)、玉梅(梅)、臘梅(ろうばい)、水仙です。

a0185081_12204520.jpg
a0185081_12205277.jpg

なかなか同じ時期に咲き揃うのは難しいですね。
当地ではサザンカは12月初めには散ってしまいます。
a0185081_12211618.jpg
a0185081_12212650.jpg
a0185081_12213596.jpg

残念ながら?なかなか雪景色は望めませんが (^o^)
a0185081_1222773.jpg
a0185081_12221715.jpg

a0185081_12222911.jpg
a0185081_12224062.jpg

by Bluenotejoy | 2017-02-03 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
a0185081_9415619.jpg
a0185081_94272.jpg

曼珠沙華 (ひがんばな)
 北原白秋 AIYANの歌 (1922) より

 ゴンシャン ゴンシャン どこへ行く
  赤いお墓の 曼珠沙華 曼珠沙華
   今日も手折りに きたわいな

 ゴンシャン ゴンシャン 何本か
  地には七本 血のやうに 血のやうに
   ちょうどあの児の 歳の数

 ゴンシャン ゴンシャン 気をつけな
  一つ摘んでも 日は真昼 日は真昼
   ひとつあとからまたひらく

 ゴンシャン ゴンシャン なし泣くろ
  いつまで取っても 曼珠沙華 曼珠沙華
   恐や赤しや まだ七つ

 注:Gonshan(ゴンシャン)というのは、柳川方言で「良家の令嬢」とのこと。

a0185081_9431858.jpg
a0185081_9432880.jpg
a0185081_94338100.jpg
a0185081_9435033.jpg
a0185081_944110.jpg
a0185081_9441193.jpg



曼珠沙華 HIGANBANA
 詩:北原白秋 曲:山田耕筰 歌:川口京子


by Bluenotejoy | 2016-10-01 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
カミさんがやっている家庭菜園です。
植えた覚えのない大きなヒマワリが一輪。
ヤッパ元気の出る花ですね。
a0185081_20445146.jpg
a0185081_2045210.jpg

a0185081_20452278.jpg
a0185081_20453316.jpg
a0185081_20454829.jpg
a0185081_20455931.jpg
a0185081_20461094.jpg

a0185081_20462161.jpg
a0185081_20463043.jpg

by Bluenotejoy | 2016-07-26 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)
秋ヶ瀬帰りの田んぼです。
あ~ のどかですね~。
a0185081_13112057.jpg

一面の緑に白い花が色を添えていますよ。
a0185081_13114954.jpg
a0185081_13115877.jpg

水田や沼地に生えて夏に白い3弁花を咲かせるという
そう水生植物の オモダカ(面高)ですね。
平安時代に渡来した中国原産種だそうですよ。
a0185081_1313397.jpg
a0185081_13131359.jpg

葉っぱが幅広で2片の先端はとがっています。
葉脈が高く隆起しているところから「面高」とか。
a0185081_13132333.jpg

なかなか清々しくさわやかな気分になりましたよ。
そう そりゃあよかったケロ
a0185081_13134759.jpg
a0185081_13135670.jpg

by Bluenotejoy | 2016-07-24 17:00 | 草花 | Trackback | Comments(0)