ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

カテゴリ:昆虫( 72 )

弱肉強食とは弱者の犠牲の上に強者が栄えること。
ササグモ(笹蜘蛛)と ヤマトシジミ(大和小灰蝶)
a0185081_10203590.jpg
a0185081_10204998.jpg
a0185081_10210299.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-22 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
こちら亀虫仲間の ヨコヅナサシガメ(横綱刺亀)です。
成虫の体長は16-24mm、名前の通りサシガメ科の中では最大級です。
a0185081_00181137.jpg
a0185081_00184292.jpg

普通の亀虫は草の汁ですが、サシガメ類は昆虫の体液を吸います。
細長い口吻を突き刺して消化酵素を送り込み、溶けた組織を吸汁すると言います。
獰猛な水棲昆虫として知られる タガメに似ていますね。
そう タガメも同じ亀虫の仲間なんですよ。
a0185081_00191157.jpg
a0185081_00192629.jpg
a0185081_00194039.jpg

怒らせると人を刺すこともあるので掴んだりはしない様にしましょう。
羽根を持っているのでそこそこの距離を飛ぶことが出来ますよ。
接写してたら嫌がって飛んでいっちゃいました (^_^;)
a0185081_00200618.jpg
a0185081_00202137.jpg
a0185081_00203704.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-21 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
時々天井から大きな蜘蛛が降りて来るんですよ。
お腹に乗られちゃうと身動きできなくなっちゃいます。
これって金縛りの一種なんでしょうかねぇ。
それとも何か良いことが下りてくる予兆なんでしょうか(笑)
a0185081_124313100.jpg

こちらは クサグモ(草蜘蛛)です。
体長はやや大柄で雄雌共に15mm程あります。
体型は、灰褐色の体全体に細かい毛が生えており、
頭胸部は楕円形で両側に濃い褐色の縦線があります。
背面には左右に数対の濃い褐色の斑紋が並びます。
a0185081_12433263.jpg
a0185081_12434495.jpg

全国に分布して市街地から山間部までごく普通に見られる種ですが、
クモらしい形であまり危険な感じや不気味さはありません。
見方によってはハエ取り蜘蛛同様ややカワイイかも(てへっ)
a0185081_1244934.jpg
a0185081_12441862.jpg
a0185081_12443153.jpg

ねえねえ 蜘蛛って昆虫じゃないの?
そう 正しくはね。
脚の数が8本なのは「節足動物」の仲間なんですよ。
詳しいことは自分で調べてね ハハ
a0185081_12445311.jpg
a0185081_124556.jpg

by Bluenotejoy | 2017-06-20 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
と言っても昆虫の世界ですよ。
ミドリシジミやセイボウ、などなど
輝くモノに目が行っちゃうんです。
a0185081_10063267.jpg

こちらお金持ちで有名なコガネムシ(黄金虫)の仲間。
いぶし銀的なヒカリモノです。
a0185081_10065929.jpg
a0185081_10071326.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-16 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
セイボウ待ちで時々やって来る子です。
ツチバチの仲間でしょうか?
カワイイ顔だなって。
ハハ 結構ハチ好きだね (^o^)
a0185081_10311978.jpg
a0185081_10313360.jpg
a0185081_10314613.jpg
a0185081_10315962.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-14 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
ハハッ 何でしょう この胸騒ぎ!
こちら幸せを呼ぶブルービー
機動戦士ガンダム風の オオセイボウ(大青蜂)です。
a0185081_11052093.jpg
a0185081_11053856.jpg
a0185081_11055254.jpg
a0185081_11061586.jpg

そのメタリックブルー仕様の精悍な勇姿は
昆虫界のロボコップを思わせます... てへ (^_^;)
a0185081_11063236.jpg
a0185081_11064533.jpg
a0185081_11065733.jpg
a0185081_11071030.jpg

何だか不思議な気持ちになるんですよ。
過酷な炎天下でも皆さん幸せそうな笑顔です。
くれぐれも熱中症には気をつけて (*^^)v
a0185081_11072530.jpg
a0185081_11073977.jpg
a0185081_11075241.jpg
a0185081_11080742.jpg


by Bluenotejoy | 2017-06-11 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
a0185081_10445041.jpg

「ジーィ、ジリジリジリジリ」
アブラゼミの鳴き声が聞こえてきますね。
a0185081_10451514.jpg

木にとまったまま死んでしまったアブラゼミ
落ちていたら今頃は姿かたちなく土に還っていただろう。
ツブタケ類に寄生され12月になっても標本のように残っている。
このまま 「冬虫夏草」 になっていくのだろうか。
a0185081_10453531.jpg
a0185081_10461745.jpg

アブラゼミは北海道から九州まで広く分布する代表的なセミです。
体長はおおむね5~6センチでメスのほうが一回り大きい。
幼虫は卵から孵るとすぐに地面に潜り、木の根の樹液を吸って育ちます。
幼虫時代は6年前後、地中で脱皮を繰り返します。
羽化は日暮れからで背中から抜け殻を残して脱皮します。
羽化後の寿命は1週間程度といわれとても短いのです。
いち早く子孫を残すべく♂は懸命に鳴いているんですね。
a0185081_10464194.jpg
a0185081_10472065.jpg

by Bluenotejoy | 2016-12-09 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
こんなカワイイ子も
a0185081_1205743.jpg
a0185081_121861.jpg
a0185081_1211974.jpg

こんなコワイ子も
a0185081_1214093.jpg
a0185081_1281159.jpg

人生いろいろ 蜂もいろいろ
a0185081_1215135.jpg
a0185081_122148.jpg
a0185081_1221170.jpg
a0185081_1214153.jpg
a0185081_12171632.jpg
a0185081_12321278.jpg
a0185081_12322356.jpg

by Bluenotejoy | 2016-11-11 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
カマキリの肩越しから狙って見ました(爆)
a0185081_14321431.jpg
a0185081_14322488.jpg
a0185081_1432358.jpg
a0185081_14324582.jpg
a0185081_14325581.jpg

by Bluenotejoy | 2016-11-02 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
a0185081_14523135.jpg

ハイ 出ました またまた「仲間」です。
卵管が長いのでお嬢さんではあるのですが、
キリギリス系もそれなりに紛らわしいんですよ。
a0185081_145334.jpg
a0185081_145313100.jpg
a0185081_14532498.jpg

良く見かける「ヤブキリ」とは顔つきが違う様な気もしますが、
キリギリスの卵管は下向きに反っているそうです。
こちらの卵管は直線!
大きさなども考えると・・・
やっぱキリギリス亜科の「ヤブキリ」でしょうかねぇ。
a0185081_14535069.jpg
a0185081_1454030.jpg
a0185081_14541039.jpg
a0185081_14541921.jpg

by Bluenotejoy | 2016-10-11 17:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)