ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

2017年 10月 19日 ( 1 )

こんな寂しい雨の夜はこれです。
天才女性ジャズ・シンガー ビリー・ホリディ の最後の伴奏者となったのが マル・ウォルドロン です。
本作は 亡き歌姫ビリー・ホリディ を忍んだ追悼アルバムと言われています。
主役を失った深い悲しみが演奏を通してひしひしと伝わってくるのです。

a0185081_01410021.jpg

最初の レフト・アローン では ジャッキー・マクリーン が 「泣きのアルト」 を聴かせます。
ここでのアルト・サックスはボーカルも顔負けの表現力で聴き手の心を掴みます。
生前彼女が歌っていた代わりをマクリーンが務めているのですね。
まるでボーカルの伴奏をしているかの様な口数の少ないマルのピアノも
悲しみを湛えた鎮魂歌として心に染みいってきます。
この1曲こそ歴史的な名曲名演であることに疑う余地はありません。

マクリーンが参加しているのはこの1曲だけで以降はピアノ・トリオの作品ですが、
続く2曲目もベースのジュリアン・ユエルとの掛け合いに悲しみが滲みます。
アルバムの最後にはビリーの思い出を語るマルのインタビューが収録されています。



by Bluenotejoy | 2017-10-19 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)