ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

2017年 10月 08日 ( 1 )

秋になるとどこか懐かしい こんな曲が聴きたくなります。
そう 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 です。
モーツァルトは 「セレナード」 を13曲作ったとされています。
恋人や女性を称えるために演奏される楽曲ですね。
その最後の通し番号が与えられた 「セレナード第13番ト長調 K.525」
a0185081_22442197.png

アイネは不定冠詞、クライネは小さな、ナハトムジークは Nacht(夜)+ Musik(音楽)の合成名詞です。
1787年8月10日にウィーンで作曲完成と云いますから、亡くなる4年前31歳の作品ですね。
モーツァルト自身の目録ではアイネ・クライネ・ナハトムジークは全5楽章でした。

 第1楽章 アレグロ
 第2楽章 メヌエット&トリオ (消失)
 第3楽章 ロマンス、アンダンテ
 第4楽章 メヌエット、アレグレット、トリオ
 第5楽章 ロンド、アレグロ

楽譜初版は作曲後40年経った1827年で、すでに第2楽章部分は丸ごと欠落しており
その後も発見されていません。

良く耳にする演奏は比較的大きな編成が多いのですが、本来の構成は
ヴァイオリン2部、ヴィオラ、チェロ、コントラバスのパートです。

こちらが一般的な中規模編成のオーケストラ演奏です。
ネヴィル・マリナー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ




こちらが本来の編成である弦楽五重奏です。



モーツァルトに関して うんちくを傾ける ようになるとあまり聴かなくなる曲ですが、
こうして改めて聴いてみるとまさに疑う余地のない名曲中の名曲であります。

a0185081_23031807.jpg


by Bluenotejoy | 2017-10-08 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)