ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

2017年 10月 04日 ( 1 )

昨日 10月3日 はブルース・ギタリスト 「スティーヴィー・レイ・ヴォーン」 の誕生日でした。
 Stevie Ray Vaughan 1954年10月3日 - 1990年8月27日没 行年35歳
彼が生まれたテキサス州では 10月3日 を 「Stevie Ray Vaughan Day」 に制定しています。
a0185081_15362863.jpg

SRVは1980年代シーンに突如として現れた感性ほとばしるエレクトリック・ブルースの天才であり
ジミー・ヘンドリックスの再来と絶賛された米国テキサス州出身の白人ブルース・ギタリストである。
78年に結成したブルースバンド 「ダブル・トラブル」 の活動が話題を呼び注目を集めるが、
デヴィッド・ボウイの 『レッツ・ダンス』 の制作に参加して一躍名を上げその人気は決定的となる。
83年ソロ・デビュー後はブルース魂溢れる名作を重ねますます評判を高めたが、
90年ツアー中のヘリコプター墜落事故で不慮の死を遂げてしまう。

a0185081_15375122.jpg


Scuttle Buttin' / Say What! (Live at Capitol Theatre 1985/9/21)



SRVと書いたボロボロのストラトキャスターを弾きまくるカウボーイ姿のその男は、
ブルースの枠を飛び越えたアグレッシヴで生身のパワーを感じさせる凄腕なのです。

Love Struck Baby / Pride and Joy / Testify (Live at Capitol Theatre 1985/9/21)



彼ほど飾り気なくブルース魂をプレイできるギタリストを他に知りません。
その演奏スタイルはまさにエレクトリック・ブルースの頂点を極めたと云えるでしょう。

Mary Had A Little Lamb (Live at Capitol Theatre 1985/9/21)



重度のドラッグ中毒からカムバックしたキャリアの絶頂期にツアー中のヘリが墜落!
35歳の若さで亡くなってしまうのである。

Change It (Live at Capitol Theatre 1985/9/21)



35歳という若さで帰らぬ人となったスティーヴィー・レイ・ヴォーンは神格化され
今でもそのプレイ・スタイルを信奉してやまないフォロワーたちが続々と現れています。
まさに 「伝説のギタリスト」 と称される所以でしょう。

Stevie Ray Vaughan - The Real Deal Greatest hits (cd.1)


Stevie Ray Vaughan - The Real deal Greatest Hits (cd.2)

a0185081_16074653.jpg


by Bluenotejoy | 2017-10-04 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)