ブログトップ

夜つぐみの鳴くところで

bluenotejy.exblog.jp

もしお気に入りの一枚がありましたらご自由にご利用下さい (^^)゚~   ( 1920x1080 )

俺たちに明日はない!?

a0185081_14214081.jpg


a0185081_142278.jpg
カラスに続く「濡れ羽色」第二弾!
身近な川で見掛ける「カワウ」です。
ペリカン目ウ科に分類される(コウノトリ目との説あり)
急速な分布拡大で一部の地域では環境破壊が深刻化!
カラス以上の害鳥として扱われ初めている様です。
今では鳥獣保護法に基づく狩猟対象として許可なく捕獲出来るそうですよ。
とは云え、その羽や肉に価値はなく駆除対象になっているだけだとか。
日本中で鵜飼い漁をする訳にもいかないですものね。
何とかカワウ君と仲良く暮らしたいものですね。

 日本野鳥の会「カワウとの共存をめざして」
 http://www.wbsj.org/nature/kyozon/kawau/

川や湖で見掛けるカワウ君、よく羽を広げてますよね。
あれは羽の水気を乾かすためなんだそうですよ。
油分が少ないんで水を含んで重くなっちゃうらしいです。
爬虫類のような緑の目と複雑な羽模様、正面顔なんか笑っちゃいます。
a0185081_14221834.jpg
a0185081_14222793.jpg
a0185081_14223749.jpg
a0185081_14224723.jpg
a0185081_1422574.jpg
a0185081_1423860.jpg
a0185081_14231859.jpg
a0185081_14232833.jpg

by Bluenotejoy | 2011-01-14 14:25 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bluenotejy.exblog.jp/tb/11913912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by may-windy at 2011-01-15 16:51
こちらの自然公園では秋口まではコロニーになっていて
風景的に撮って 簡単に数えても150羽は居ましたね^^;
カワウさんの野鳥の会のHP見させて頂きました。
うう~ん・・・ 何とも言えないですよね。
カワウさんの存在は他の鳥さんとも同じ様に考えたいけれど
我が家には シーズン限定 休日鮎師がおりまして・・・
その鮎師が言うには やっぱり清流の鮎をカワウが必要以上に
食すると 言っておりましたが・・・
可愛いグリーンの瞳ですよね。
羽を開いて乾かしている姿も美しく思えるし・・・。
でも 私もカワウさん、いい感じで居てくれたら
撮っちゃいます(^^)/
Commented by Bluenotejoy at 2011-01-15 18:41
そうですね、悲しい現実ですね。
鮎の稚魚など放流している漁協の人達にとっては死活問題ですよね。
カワウに罪はないものの共存するには数を管理せざるをえないんでしょう。
それにしてもmay-windyさんは恵まれてらっしゃる。
ご家族の皆さんに感謝ですね。
久し振りにお祭り会場に出掛けて見ようかと思ったのですが・・・
朝起きたらこの寒さ!(って氷点下にはなってませんが)
ヌクヌク冬眠からはなかなか抜け出せそうにありませんよ。